エッチなことしてたら拍子に入っちゃった童貞&処女喪失【エロ話】

中1の時に小6の従妹と関係しました

自宅が近くてお互いに共働きで一人っ子だったので
どちらかの家で過ごすことが多くて兄妹のように育ちましたが
お互いのカラダに興味が出てくる時期が・・・

中学生のときは単に普通の快楽でしたが
高校生になって従妹が中3くらいになってくると
背徳感も出てきて得る快楽が麻薬のようだった

だいたい高校生や中学3年くらいになると
親や親せきに知れるとマズい関係だってわかってくるんだけど
そのスリルがまた快感を助長するというのか・・・

親戚が集まってるところで隣の部屋で手マンしたりすると
お互いにいつも以上に飛んでしまうような感覚が非常にヤバかったです

馴れ染めといっても
近所に従妹が住んでいたので常にどちらかの家で過ごしてました

一緒にお風呂にも入ってましたが
オレが小5でサッカー始めてからは
あまりにもオレが泥だらけで汚かったので一緒に入ることはなくなりました

小6のお盆あたりだったかな従妹から
「キライになったからお風呂に入ってくれなくなったの?」
みたいなこと言われて流れで久しぶりに一緒に入ったんですよ

従妹が腕を寄せて「谷間が出来た♪」とかって遊んでるから
谷間に指突っ込んだりしたのが最初だったような

ホント最初はコドモの遊びだったんですけどね

「久しぶりにチューしよぉ」とか・・・
まぁ今思えば誘われた感じですけど
当時はまだコドモだったので無邪気に誘いあってたのかなぁって

オレ従妹のプリっとしたお尻が大好きで
ことあるごとに触るというセクハラを小さいころからずっとやってました

別に怒る様子もないし「や~んw」って感じだったので
親の前でも学校でも人目をはばからず
すれ違うときに触ったりしてました

これがもしかしたら伏線だったのかもしれません

やることやっててもまったく恋愛感情はなかったです
スキンシップの延長みたいな感じでやってましたね

ホントに異常な快楽にハマったのが
オレが高校生くらいのころですね

異常な快楽といってもこればっかりは
親戚という関係や感情の問題そして道徳観や背徳感
ふたりの生い立ちとかセフレでもないし恋愛でもないしといった
複雑な要素が絡んでくるのでオレの文才で表現するのは難しいですね

高校生前後って一番お互いにサルになってる頃だから
一番ハメまくったかもしれません

オレが中3で従妹が中2のときに従妹が初めてセクスでイッて
絶頂を知ったとたんに向こうから積極的に
「しよっ♪しよっ♪」っていうのが増えたんですよね

セクスしてしまったのがオレが中1で従妹が小6のときです
オレが150cmくらいだったので従妹も同じくらいだったはずです

ルックスはこどものころなので
タレントとかに例えるのは無理ですね
可愛かったですよ親戚中からアイドルになれるとか言われていましたし

本人は引っ込み思案だったので
人前のカラオケがいっぱいいっぱいだったみたいでしたけど

小3のときに原因不明の片側(盲腸と反対側)の卵巣がねじれて摘出しています

学校の保健室で痛みに悶絶して救急車で運ばれる姿を見ました(付き添いで)
そのせいか大人になった今でも生理不順みたいです

陰毛が生えたのも初潮がきたのも中2のときだったので遅かったですね

手でマンコを触るようになってから普通に濡れていました
チンコは皮被ってましたが裸で触り合うようになったある日

まだオレが小6だったんですが
従妹に突然皮を剥かれて仮性状態になってました

そんな状態でマンコに押し付けるようなことをずっとやってて
射精まではなかったです

中1になってGWのときに祖父が倒れて
お互いの両親が泊まりがけで祖父の方に行ってしまい
二人で留守番ということになりました

当然いつものように触り合いになって段々脱がし始めて・・・
そして押し付けてたんですよ

角度が悪い(力を入れてしまう)と痛がってたので
そのときもワレメにこすりつけるように動かしていたはずです
(曖昧ですいません)

従妹はいつものように「ハァハァ」と
声にならない喘ぎをしていたんですが

その日はいつも以上に腕を背中や首に絡めてきて
カラダがすごく密着していたんです

従妹のカラダは細くて華奢で
それでもムネはちゃんと膨らみ始めててすごく暖かかったんです

脚はたいていお互いに挟んだりしてたんですが
その日は完全に脚の間にオレが入り込んでいて正常位の形でした

従妹が腰を浮かす動きをしたと記憶していますが
その瞬間にヌルッと押し付けていたチンコが入ってしまったんです

仮性気味だった皮が膣口で剥けて解放感を感じた瞬間
愛液が亀頭に絡み付き幼い膣の圧迫感で満たされていく
何とも言えない感触が下半身を支配しました

従妹はのけぞり「ハゥッ!」と言ったのをハッキリ覚えています

一瞬ヤバいと焦ったんですが従妹の中がすごく暖かかったのと
従妹の手とは全く違うちんこ全体を包み込むような感触で
全てふっとんでしまいました

従妹は最初全く「痛い」とも言わなかったんですが
あごを上にあげた状態のまま動かず短く
「あ、あっ・・・あ・・・」と喘いでいました

何だか腰を動かさずにはいられなくなって少しずつ動いていると
「○○ちゃん(オレの名前)・・・い、痛・・・痛いよぉ・・・」
と言い始めて涙声になってきたので抜こうとしたのですが
従妹の腕に力が入ってて離れることが出来ずに
チンコだけが暖かくてマンコの粘膜に包まれて
チンコだけ別世界にいる感じでした

そのうちにオレの腰のあたりがくすぐったいような
ヘンな感じになり中に射精してしまいました

ちなみにオレの初のオルガズムは
従妹にチンコをいじられているときでした

そのときは射精しなくて今までにない感覚で
寝た状態で首を左右に振ってました
従妹が「大丈夫?」ってものすごく心配してましたね

初の射精は押し付けてて滑った瞬間に飛びました
従妹の顔まで飛んでって若干顔射になり
キョトンとした顔をしてたのを覚えています

終わったあとに何で離さなかったって聞いたら
イタ気持ちよくて離れて欲しくなかったそうな
終わったあとというのは初体験後のことです

血は出ませんでした
出たのは2回目のときですね

1回目で出なかったので大丈夫だと思ったんですが
下に敷いていたバスタオルに血がついてました

1回目のときに中出しした精液が逆流して出てくるのを知ったので
バスタオルを敷いたのですが血液がついていて驚きました

特に痛がらなかった(我慢してたのかもしれません)ので
気にしなかったのですがにじむようについていました

生理かと思ったのですがすぐに血が止まったので
「アレ?」って感じでした

指を入れるようになっても奥まで入れると怖がるので
第一関節くらいまで入れて入口を広げるように動かしていたことで

もしかすると処女膜が破れずに広がっていたのかもしれません
(後日本人がそう言ってたので)

さすがにお互い社会人ですしもうないです
オレが大学進学で地元を離れたのをきっかけにやらなくなりましたよ
というか時間と距離が開いてしまったのでね

地元の大学に通っていたら
恋愛関係にまでなってしまっていたかもしれません
(何となくですけど)

でも従妹が高校生のうちは帰省するたび「しよっか?」とか誘われて
何度か関係もっちゃいましたけどね


PAGE TOP