夜行列車の脱糞目撃談【エッチな話】

俺は先日、JRの夜行列車に乗った。

俺の乗った列車は9両編成で、トイレが3箇所しかなく、各箇所には個室1室と小便専用個室が1室あるのみだった。
俺は、たまたまトイレがある車両で一番トイレに近い席に座っていたが、夜が明け、最終着駅まで50分位の午前6時頃・・・。
トイレの方を見ると少ないトイレのせいか、3人の女性が列を成して順番待ちをしていた。

[adrotate group=”1″]

俺は、暫く様子を窺がうことにした。
すると、すぐに男→女(40~50歳のおばさん)に入れ替わった。
その後は、おばさんのトイレは長いのか、なかなか入れ替わらなかった。
残った2人は、30代→20代の順で並んでいた。

すると、最後尾の20代の女から「ブ・ブ・ブ・ブ・ブ」とオナラの音が聞こえだした。
オナラ臭も立ち込め出した瞬間、トイレが開き、入れ替わりで30代が中へ入り、20代だけとなり、ドアの前に1歩進んで待った。
しかし、オナラは止まることなく「ブ・ブ・ブ・ブ・ブ」と出続けて、女は両手でお尻を押さえてオナラ音を必死に止めようとしていた。

そこで俺は、女が便意と格闘中だと悟り、洗面所に入って女の様子の一部始終を鏡越しに窺がう事にした。

既に30代が入ってから2~3分が経過していた。
いくら女が必死に両手でお尻を押さえてもオナラ音は聞えていて、今まで普通だった表情がだんだん険しくなっていき・・・。
しまいには「ヤバイ・・このままだと一緒に実も出ちゃうから・・お願い早く出て」と独り言を言い出して、便意我慢の限界をアピールしている様だが、一向にトイレが開く気配がなかった。
きっと30代も、排便真っ最中なのかもしれなかった。

すると女は、お尻を押さえながら前屈みになった。
そして、列車が駅に停車するため大きくガクと揺れた瞬間、女のオナラ音が「ブ・ブ・ブ・ブ・ブ」の後に、「ブリブリ・ブリブリ」の音が加わった。
・・・と同時に、女が「あぁ」と声を上げ、「早く出て」と言った。

俺は、女が脱糞したなと思って、洗面所から出て女の背後から様子を窺がった。
女は白いGパンを履いていたが、シミ等は見受けられなかった。
俺が背後に向かった時にはオナラが止んでいた。

しかし、再びオナラ再発したが音がまた変化していて、「ブ・ブ・ブ・ブ・ブ・ブリブリ・ブリブリ、ブチュ」と音がすると、白いGパンの股間部分に茶色い池が現れ始めた。

30代が入ってから10分近くが経過していたが、まだ開かず、見る見るうちにGパンの池の面積が大きく拡大していった。

すると女は、「ヤダ・・どうしよう実が出ちゃった」と言って慌てだした。

小便専用個室のドアを開けて中に入ろうとしたが、ドアに鍵か無かったので諦めて個室前に戻って開くのを待った。
すると中からエアタンクから水の流れる音がして、少しすると鍵が開き、トイレが開いて中から30代が出てきて20代と向かい合った。
その瞬間、20代が30代に「もう早く出て来ないからお漏らししちゃいました、どうしてくれるんですか?」と、言いがかりをつけてトイレに入って行った。

すると、30代は洗面所で手を洗いながら「なにあの女、お漏らししゃったのが私のせいだなんて馬鹿なの事言ってるのよ」と怒り気味に独り言を言って、手洗いを終えると自分の席に戻って行った。

その後、20代女は30分近く出てこず、数回水の流れる音がしていた。
そしてようやく出てくると、洗面所で手洗いを済ませると両手でお尻のシミ部分を隠しながら自分の席戻っていたが、列車の揺れで手の隙間からシミの池がチラチラ見えていた。

俺は、すぐにトイレに入ったが、物凄く激しい便臭が篭っていて鼻が曲がりそうになりながら、汚物入れを開けると真っ赤に染まったナプキンの下にベッドリと便が付着したパンティーが2枚(ブルー・イエロー)も入っていてビックリした。
もしかして30代が長かったのも脱糞処理のためかと思って、外へ出て自分の席へ戻った。

以上で、長い目撃談は終了です。



PAGE TOP