女上司2人の目の前でオナニーを強要されたエロ体験【エッチな体験談】

俺が21歳になりたてで新入社員の時の話。

28歳の会社の先輩で女社員のリーダー格の麻衣(仮名)は気が強い。

知香子(仮名)は、27歳で同じく会社の先輩。

一人でいる時は大人しいが、麻衣と一緒にいると強気になる。

偶然にも俺と一緒のマンションに住んでた。

二人とも不細工ではないが、

麻衣は乳は小さそうだが有名人で言うと、宮里藍似。

知香子はスタイルよくて、若槻千夏を真面目にしたような感じ。

この会社に入って3カ月ぐらい経ち、やっと仕事も慣れてきてた。

でも相変わらず1番年下で、途中入社で1番下っ端。

優しく教えてくれる人もいれば、

麻衣みたいに人を見下してキツイ言い方で物を言う人もいた。

ある週末、

1年付き合ってる彼女が俺ん家に遊びに来てて、

夜の11時頃に帰るのでマンションの下までだけど送っていきました。

彼女と下で別れて、エレベーターに乗ろうした時に

二人組の女の人が入って来ました。

なんと、麻衣と知香子です。

ここでは呼び捨てで書いてるけど、

会社では苗字でサン付けで読んでます。

麻衣と知香子は飲みに行ってたみたいで、ほろ酔い気味。

しかも、持ってる袋にはコンビニで買って来た缶チューハイが

何本か入ってるのが確認できた。

「さっきの彼女?」

「彼女とお部屋デート?ヤラシイ~」とか、絡んできました。

俺はエレベーターに乗ってた30秒ぐらいの時間、

二人に圧倒されながら返事をしてました。

俺の部屋は5階で知香子の部屋は7階だったので、

なんとか逃げるように先に降りました。

俺は部屋に帰ってシャワーを浴び、テレビを見ていると、

滅多に鳴らない部屋のインターホンと同時に、

携帯に麻衣からの電話が鳴った。

先に部屋の扉を開けると、携帯を持った麻衣と知香子の姿があった。

「暇だから遊びに来てやったぞ!」と、強引に部屋に入ってきた。

ア然としてる俺を尻目に

「おっ、案外キレイにしてるな。彼女に掃除してもらったんか?」と、

図々しく俺の部屋でくつろぎだした。

「普通はお客が来たら飲み物ぐらい出すよね?何かないの?」

麻衣が偉そうに言った。

「すみません。コーヒーしかありませんけど、

いいですか?」と、聞いた。

「えっ、お酒は?ないの?そしたら買ってきて!」と、言いたい放題。

はじめは断っていたが、余りにもしつこいので、

一人で買いに行くはめに…。

マンションの1階がコンビニになってるので、

俺は部屋を荒らされないかが心配でダッシュで買いに行った。

たぶん6~7分で帰って来たと思うけど、二人は何故か、笑ってる。

なんとテレビを見るとDVDが作動してて、

入れっぱなしのAVが流れてた。

「さすが男の部屋やね!?こんなの見て一人でしてるの?

彼女がいるのにねぇ」

顔から火が出る思いで、リモコンを取り上げ停止させた。

さらに、買ってきたお酒を置き、俺が座ると、

「もっと恥ずかしいのあるよ」 と、麻衣が言った。

俺はテンパりながらも必死に考えたけど、

思いつかずに部屋をキョロキョロしていると、

「これ、な~んだ?」 と、知香子が親指と人差し指で

ゴミ箱から摘み出したのは、夕方に彼女とHして、

精子を吹いたティッシュだった。

「えっ…イヤ…その…、てかっ、何しに部屋に来たんですか?」と、

かなりの勢いで俺は恥ずかしさでテンパってた。

「彼女とHな事してたのかな?若い時は盛んでよろしいですな」 と、

二人は爆笑してた。

「あっ、そうだ。お姉さん達が見ててあげるから、一人でしてみなよ」

知香子が突然、凄い事を言った。

「何を言ってるのですか?無理に決まってるでしょ」と、

顔を引きつりながら俺は言った。

「へぇ~、断るんだぁ!私達の頼み断ると、会社で困るよ。」

「そうだよ。言う事聞いてた方がいいよ。

雑用や嫌な得意先の営業が多くなるよ」と、

二人は俺をからかい始めた。

それでも断っている俺をみて、

「じゃぁ、パンイチになったら許してあげる」 と、

知香子が提案してきた。

俺はそれも断っていたけど、

最終的には渋々パンツ一丁姿になる事に決めて

Tシャツとジャージを脱いでボクサーパンツ1枚姿になった。

「ヒューヒュー、結構いい体してるねぇ。

あれ、顔真っ赤にしちゃってカワイイ」

こんな経験なかったので、どうしていいか分からなかった。

二人は俺に立ち上がる様に言うと、

二人の目線は俺の股間の辺りを見ているのがわかった。

でも勃起するどころか、

反対に恥ずかしさでチンポは小さくなってた。

しかし時間が経つにつれ、恥ずかしさよりも、

見られてると思うとチンポは段々と反応してきた。

「あれ、さっきより大きくなってない?

お姉さん達に見られて感じてきたの?」

「いいよ。パンツも脱いじゃいな」

二人は更に言葉責めを浴びせた。

「自分で脱ぐのと、脱がされるのどっちがいいの?

早く決めないと、無理矢理脱がせるよ」

もう、ここまで来たら俺は、どうにでもなれ。と思いながら、

パンツに手をかけて一気に下ろした。

すると、チンポがビン立ちで、一瞬、二人の視線が固まった。

「おぉっ、なかなか大きいじゃん。ウケる~」と、

俺の気持ちを知らずに爆笑。

「もう勘弁して下さい。」 と言う俺に、

「何言ってるの?今からいつも一人でするんだよ。

ほら、早くしないと写メ撮って会社の子に見せるよ。

ほら、早くぅ。」

俺はベットに腰を掛けて右手でシコシコとやり始めた。

「エロ~い。何か先っぽから出てるよ。気持ちいいの?」

「男の人の一人H初めてみた。ウケるぅ」

ヤリ始めると、見られてるって言う感じが、

かなりの興奮に変わって行く。

俺は思い切って、

「舐めてくれませんか?」 と、聞くと、

「はい、無理。厚かましい。これで我慢しな」

麻衣の手が俺のチンポに伸びてきた。

そしてチンポを握ると、上下に10回程度シコシコしてくれた。

「うおっ…おっ…」

俺は少し触られただけなのに、かなり感じて声が出た。

そして知香子も10回ぐらいしごいてくれた。

「サービスはここまで。あとは自分で…」

俺はその数分後に二人に見られながら射精した。

そして数十分後には麻衣と知香子は嵐の様に去っていった。

それからはこんな経験はなくなったけど、

麻衣と知香子は会社では優しくしてくれるし、

何かと仕事は前よりもやりやすくなりました。


PAGE TOP