おばさんと俺の性欲解消関係【エロ体験】

俺の今の性欲解消の対象女は54歳の後家さんだ。
子供も成長し、一人暮らしをしている。

たまたまそこへセールスに行って、なぜか気に入られ、週に一度性欲解消にそのおばさんの家を訪ねている。
もはや、そのために行っているのはおばさんも口には出さないが十分承知している。

俺は家に入るや、すぐに全裸になる。
それを待っておばさんは俺に尋ねて来る。

[adrotate group=”1″]

「今日はどんなにして欲しいの?まず、舐めたらいいの?」と言って、俺のちんぽに手をのばしてくる。

おばさんとこんな関係になってからはマスをかく必要が全くなくなった。

俺は言う。
「今日はおばさんのおまんこの毛を全部剃りたいんだ」と。

予期しなかった俺の要求に一瞬びっくりした様子だが、

「それじゃあ準備してくるわ」と。

しばらくするとお湯を入れた洗面器と、T字かみそりとタオルを持って来た。

俺は「おばさん、じゃあ、バスタオルを敷いてそこへ、全裸で仰向けになってよ」と。

俺がここへ来る時はおばさんはいつも下着は着けていなかった。
少し垂れたおっぱいと、顔に似合わず黒々とした陰毛が股間を覆っている。
俺は股間いっぱいにソープを塗りたくり、一気に剃刀を入れた。
いっぱいの毛が剃刀に付いて、その幅ぶん、陰毛は無くなった。
おまんこの周りは剃りにくい。
それでも丁寧に剃りあげていくと、ツルツルのなったおまんこが顔を出して来た。

終わった後、おばさんとのセックスのために買ったバイブを出して来てもらって、そこへ、ずぶりと挿入して、おばさんに続きをやってもらいながら俺はお茶を飲む。
おばさんは眼を閉じて、股を開いて、何を思いながらしているのか、集中しているようだ。
もうすでにあそこはぴちゃぴちゃと音を出している。

頃合いを見計らって、仰向けに寝ているおばさんの顔の上に俺の勃起してペニスを突き出すと、待ちかねたようにぱくりと咥え、舐め始めた。

いったい女性の性欲って何歳までなんだろう?



PAGE TOP