幼なじみとセフレに・・【エロ話告白】

今年の春,歓送迎会の帰りに友人の勤める飲み屋に立ち寄ると,カウンター席に案内された。
左隣にはカップルが,右隣には奥さまと思われる女性が二名,談笑しながら飲んでいた。
友人に
「オイ!奥の彼女が誰かわかるか!?」
と聞かれ顔をマジマジと見ると,どこかで見覚えが・・・・
しばらくして
「あーっ!○屋のTちゃんかぁ!!」
同い年のTちゃんは子どもの頃に一緒に遊んで以来,三十数年ぶりに出会った。
「そうだよ,Mくんだよね」
と,お互いに素性がすぐにわかり,店が終わると隣に座ってる友人も一緒に二次会のカラオケに行き,その日はアドレスの交換をして別れた。

9月に入りすぐ,「逢って話がしたい・・・」いうことで蕎麦屋で飲みながら話をした。
前回,旦那に女がいるらしく,自分も会社関係の人に迫られてるからどうしたらいいかぁな・・・・という話は聞いていたが,その男にかわって,Tちゃんを勧めた友人がどうやらアタックしたらしく,悩んでいるといっていた。
夏に大阪のUSJに行った時のお土産を渡して,聞き役に徹していると閉店時間に。

帰るのかと思えば,
「もう一軒行こうよ!!」
と俄然元気になってしまい,たまに行くショットバー行き二・三杯飲み店を出ると,その後はもうフラフラ。
Tちゃんは俺にもたれ掛かり,抱きつくような形になった。
酔いも手伝って,路地裏で彼女にキス。
驚いていたが嫌がりはしなかった。

近くのホテルに入ろうとしたが,それは拒否。
強引に手を引いてホテルに入ったが,残念なことに満室。
仕方なく朝まで飲んだ。
これっきりと思ったが,彼女の方から「楽しかったからまた誘って!」というメールが届いた。

これは承知の上だと思い,予定を合わせてお好み焼きデート。
もう一軒行った後,すんなりホテルイン!!
バックから通販で買った勃動力を取り出し飲み,風呂に入った。
その後は時間を忘れて激しく求め合った。
「またイク!すごい,またイク」
とうわごとのように言い,早朝までやりまくった。
ところが,薬を飲んだ事もあってなかなかいかない。
彼女から
「一緒にいって!!中でいいから一緒にいって!!」
と何度言われてもいかない・・・・
4~5度いかせた後,シャワーを浴びてTちゃんのお○んこを舐めあげ,濡れを確認し挿入。
「もう限界・・・」
と言ったが無視して腰を振りまくる。
ようやく彼女の子宮の奥に射精!!

入れたまましばらく抱き合い,お互い「この関係を大事にしたいね」と確認しあい,初めての不倫とセフレ誕生を祝った。
「多分,すぐに生理が来る」という言葉が真実であることを信じたい。
そして,頑張りすぎたのか,翌日は筋肉痛でした。





PAGE TOP