泥酔した女を拾って前後不覚のまま中出しした話【エロ話】

何年も経ったので泥酔女の話しを一つ。
文才無いので気を悪くさせたらスマン、先に謝っとく。

当時、俺の所持していた携帯はJのSH06を所持していた時代。

久しぶりの平日休み(月曜)の朝、
やる事も無くパチンコにでも行こうかと開店前から家を出た、
途中ローカルだがそこそこ大きいJRの駅のロータリーに車を停め
コーヒーを買いベンチで夏の朝の涼しさを味わいながら通勤、通学の人間鑑賞w

パチ開店の時間になったので行こうかと思ったら、
俺の車の前にハイエースが停車した。

今から俺が出るのに邪魔やなと思い俺は乗車して、ハイエースが出るのを待った。
すると、スライドドアから男二人と女が降りてきたのだが女の様子が変だった。
ん?と思いそいつらの行動を見てた、
パチに行くつもりだったが暇つぶしの為だったから時間は気にしていなかった。
男二人に挟まれた形で肩組みされて女はフラフラしながらベンチに座らせていた、
男一人が車に戻りベンチには男一人女一人。
女はグッタリしていて調子悪そうで
残った男は所持していたペットボトルのお茶を渡して少し声かけて車に戻った。

その頃には駅の人はほとんど居なくてベンチにぽつんと女がグッタリ一人。
女を降ろしたハイエースは少しの時間居たが何処かへ行ってしまった。
俺は気になり女の元へ行き隣に座った。
俯き加減でグッタリしていて何の反応もない…
女の格好はピンクのキャミにデニムのロングスカートにキティのサンダル、
体型は痩せ型で顔は俯いているのでハッキリしない。

胸はB位の適度な感じ、時折人が通るので女の反応が無い事を良い事に
会話するフリしながら胸の谷間をガン見。

ピンクのキャミにピンクのブラw
30分位経っただろうか、
いつまでも座って居てもラチがあかないので
玉砕覚悟で肩に手をかけ揺すりながら声をかけた。
すると、意識が朦朧としているのかヒドイ寝起きみたいな反応で
『もう…眠いのに…』と立ち上がった。
そのままの流れで手をつなぎ車まで誘導した、その間フラフラしていた。
フラフラしながら車に乗りこんだが
本人は今、自分が何をしているのか理解していない状況。
その時点で俺のポールマッカートニーは天高くそびえていた。

すかさず助手席の背もたれを倒しその場を離れた。
駅から10分位離れたボーリング場の駐車場の日陰に停めて女に話し掛ける、
朦朧としてるが聞いた事には答えてた。
が、間を置くと寝てしまう、少ない会話の中で女の名前、
年齢を聞いて年齢が『○6才…』と言った時にはポールマッカートニーが暴発寸前だった…
しかも現役。

どうやら夜通し呑んでいて複数の男と訳分からないほど何かが有ったらしいw
暫くしたらまた寝入ってしまったのでキャミの上から胸を揉んだ、
反応無し…さらに揉んだが反応無し。

思いきってキャミに手を入れブラの上から胸を揉む…反応無し。
もうココまできたら止まらない、キャミを捲りあげてブラ丸出し。
キャミを脱がせるも抵抗無し、
デニムのスカートも脱がせるも抵抗無し、パンツもピンク。
もう、理性のカケラも何も無くなったw

俺はどれだけの気持ちの高揚を抑えられるのか
堪らなくなりとにかく楽しもうと思った。
そしてブラを外す、乳首丸見え、乳輪も乳首も小さめで綺麗なピンク…

俺はポールマッカートニーを出して自分でしごく…
すでに我慢汁ダラダラ…今にも暴発寸前。
そこは我慢して冷静に考える、
ボーリング場の駐車場では限界を感じ
更に離れた森林公園の滅多に人が来ないトコへ停車。
シートは倒れているので普通車からは見えないがトラックからは見えていたと思う。
女は熟睡しているのでやりたい放題。

一刻も早くパンツも脱がせたいがグッと堪えて乳首攻撃。
つまんで弄って舐めて吸って噛んで…
気持ち良いのか女が妖しく喘いできた。

そこで俺は真っ裸になり女の手を取りポールマッカートニーを握らせるが動きは無かった…
次はポールマッカートニーを女の口へ付けるが反応無し、
自分で動かし唇をポールマッカートニーでクチュクチュさせたら口が開いた、
すかさず口中へ捩込むと舌を絡めながらの吸い込み……

10秒位だったがめちゃくちゃ上手かった…
暴発しそうだったのですかさず口から離した。
そしてお楽しみに取っておいたピンクのパンツの上からマン筋をなぞる…
女の息が段々と荒くなってきた…
脱がせるのも楽しみたい俺はユックリとピンクのパンツを下げる…
そこで更に大興奮、割れ目の直近しか毛が生えていない……パイパンに近い毛の薄さ…
そしてパンツも脱がせてご開帳。

ココで皆様に再び謝ります、どうしても長くなる事をお詫び申し上げます。

脱がせたピンクのパンツのクロッチ部分を見ると
かなり汚れていて白い粉状のシミと粘着液でベトベトだった。
女のマンコは綺麗なもんでビラもはみ出ていなく縦筋のみ、毛もほとんど無し。
縦筋をユックリとなぞりマンコを拡げると小さい小陰茎があった、
クリもかなり小さいが愛液はダラダラでヌラヌラギラギラと滴り落ちていた…
このままじゃシートが汚れるので女の履いていたデニムを下に敷いたw
既にグチョグチョなので前戯は不要だが手がベトベトになるまで弄り倒した。
女はうわずる程度だか確実に声や息が荒くなっていて
完全にセックスモードになっていた。

我慢汁があんなに出たのは初めてなほど興奮していた。
挿入したら即暴発するんじゃ無いのかって位に興奮していた。
見ず知らずの女って事で興奮度は確実に倍増していた…

さぁいよいよ挿入…
マンコにあてがうもキツイ…入ら無い。
辞める訳にもいかず力任せに捩込む…
頭の中でグリュグリュッと音が聞こえる様な感覚…
と同時に女が
アーッ!アアーンッううーん
と大きな喘ぎ声と共に両手で俺を抱えこんできた。
俺は女に痛い?と聞いたが喘いでいるのみだった、
しかもかなりの淫乱さを感じさせる喘ぎ声だった。
締まりはめちゃくちゃ良い、少しグラインドしただけでイキそう…
俺の中では散々我慢したせいなのか、腰の動きは止まらず、
外出しする気も無くそのまま見ず知らずの女に中出し…
今までに無い位大量に出した感じがした、
時間にして挿入して1分もたっていない事は確実だった。
イッた後も挿入したまま少し余韻を楽しみ抜いた。
抜く時にはクチュルン!みたいな音が鳴りマンコから白濁液が溢れ出してきた…
しかも大量に。

事が終わると女が反応し始めたので問い掛けてみた、
どうやら何人かの男に廻されたみたいな事を言っていた。

俺はこのままじゃ勿体なく思ったので
女の愛液と俺の精液にまみれてベトベトになったポールマッカートニーを女の口へ運んだ…
女は嫌がる様子もなく加えた。
年齢の割にはめちゃくちゃ上手い…
すぐに復活してきたがそのまましゃぶらせた。
10分位だろうか、口のみでイク事は余り無かった俺だが
さすがに上手い口撃で口内発射……
女は吐き出す事も無く精液を飲みほして更に丁寧に舐めあげてくれた。
なぜか愛おしくも感じてきた。
女は二日酔いと眠気とフェラ疲れwからかまた寝入ってしまった。
二人とも真っ裸のまま30分以上が過ぎた。

女は真っ裸のまま完全に寝入ってる。
俺はまだ満足していないが戦闘体制になるにはもう少し時間が要る。
その間、今ではしょぼくて古い携帯で写メを容量一杯撮った。
そこから更に1時間位たっただろうか、
興奮はしていたので元気になってきた。

この女のマンコの感覚を楽しみたかったので挿入した。
一回目の愛液と精液でグチョグチョになっていたので前戯など不要だった。
挿入した瞬間、女がまた喘ぎだす、
俺はお構いなしに自分だけが気持ち良くなれば良いと思い
正常位だけだったがマンコを堪能した、それでも15位しか持たなかった……
もちろん中出し。
三回目にも関わらず俺の普段の量は出た…
もう精力は無くなったw

女のデニムは愛液と精液で大きなシミが出来ていた、
幸いな事にシートには付着していなかった。
後から考えれば何処かのホテルに入り、
ムービーを用意してアナルプレイまでしておけば良かったなと後悔した。

さて、この女をどうするか悩んだ。
服を着せたがブラとパンツは着けさせ無かった。
キャミを見るとチクポチ。
下はロングなのでノーパンなんて見た目には分からないが…
家は何処だと問いただしたら隣の県………
ココから軽く2時間以上は掛かる、
口内発射した時は愛おしくも思えたが冗談じゃ無いw
どうしようか迷ったが幸いな事に女はまだ虚ろ。
訳分からない言い訳をして車を変えるからと言って公園を出る。

適当な所、自販機が十台位並ぶスーパーに車を停めて女を降ろす。
スーパーは定休日、人も居ない。
寝ぼけまなこで虚ろな女を自販機の前に体育座りで座らせた、
しかもパンツまる見えの状態で。

パンツまる見えと言ったが、
パンツは掃かせていないのでマンコまる見え…
精液も微妙に垂れてる…
またヤリたくなってきたが意識がハッキリされても困るので放置。

女の持ち物に小さなかばんにブラとパンツを通りがかっても見える様にして。
女はマンコまる見えのまま体育座りw
離れた所から犬の散歩で通ったオッサンが
体育座りの女のマンコをガン見しているのを確認して俺はその場を去った。
その日のポールマッカートニーはホールアウトした、+3オーバーだった。


PAGE TOP