泌尿器科で巨乳看護師に薬をぬるため手コキされて…【エロ体験】

52歳のオッサンです。

風貌は、優しい井筒監督って言われます。

セフレが二人います…38歳の人妻と21歳の女子大生。

週に1~2回の割で交わってます…最近は、特に女子大生ちゃんと。

最近の事ですけど、この夏は暑くて、仕事上、大量に汗を掻く年でした。

それ故…股間が痒くなった。

発疹とかは出来てなかったが、ちょっと赤くなった感じで…

汗疹みたいな感じかなって思ってた。

人妻ちゃんにも、

「変な病気だったら困るし、お医者さんへいってらっしゃい!」

と交わらせても貰えなかったので泌尿器科へ行ってきた。

診断は、やはり汗疹みたいなもので、

塗り薬を塗布してれば自然に治るでしょう…って事だった。

そして、看護婦さんから、

「お薬の塗り方とか説明しますから…」と小さな処置室へ再び呼ばれた。

医者はおらず、20代後半と覚しき看護婦の理恵ちゃん(仮名)だけだった…

体操の田中理恵ちゃんにソックリだった。

どちらかと言えば細身のカラダにアンバランスなF~Gカップはありそうな

大きなお乳をしておりナース服が弾けそうな感じ!

人妻ちゃんも女子大生ちゃんも

どちらかと言えば貧乳なので、ついガン見してしまった。

そして、優しく微笑む理恵ちゃんに、

「ズボンとパンツを脱いで下さい」って言われて脱いで診察台に座った…

診察の時に、理恵ちゃんには既に見られてるし、

ゴム手袋をしたホッソリした手で触られて

消毒とかされてたので恥ずかしくはなかった。

「じゃぁ、お薬の塗り方説明しますね…失礼します…」

と理恵ちゃんは、素手でチンコを触り始めた。

うっすらとほほ笑みを浮かべて、一瞬俺の顔を見た表情にドキッとした。

何か妖しげな小悪魔的な表情だった。

優しい手つきで亀頭を包み込み、中指の腹で裏筋を擦ってくる。

『な、なんだ!』って思ってたら、

妖しい笑みを浮かべたで俺を見つめながらを俺の耳に顔を近づけ、

「ちょっと大きくした方が…お薬塗りやすいので…」と囁いた。

ドキッとして…チンコは気持良さもあってすぐにムクムクと!

大きくなったのを素手で確認した理恵ちゃんは、ニコッと笑って、

「じゃぁ…説明しながら塗りますね…」

と説明を交えながら薬をチンコ全体に塗ってくれた。

特に念入りに敏感な亀頭からカリ部分、カリ裏、裏筋と

ホッソリとした白い手で艶めかしく塗られて…

薬のヒンヤリ感と言うか独特の浸透感もあってビンビンに!

薬は塗り終わってるのに、

俺の目を妖しい笑みを浮かべた顔で見つめながら手コキを続ける理恵ちゃん。

診察台に寝かされ、

「大きくなり過ぎてしまいましたね…

ガマンしないで出しちゃって下さいね…

出そうになったら…合図してくださいね…」と再び耳元に囁かれた。

その時に、巨乳ちゃんが一瞬、腕に触れ…その大きさを実感した。

見つめ合いながら手コキを受けた。

程なくして、射精感がこみ上げてきて…頷いて合図。

理恵ちゃんは、片方の手でティッシュを被せて、

より早く手コキしてくれたので…いっぱい射精した!

裏筋を擦って絞りとってくれた。

気持ち良かった!

手コキで射精したのは…何時以来だろう?

オナニーを覚えた中学生の時の腰が抜けた快感を再び味わった様な気がした。

それで…人妻ちゃんも女子大生ちゃんも、

「完治するまでお預け!」と言って相手してくれないので、

女子大生ちゃんにお願いして、

ドンキで買ったナース服を着てもらい薬を塗って貰ってる…

しばらく女子大生ちゃんの手コキでガマン…。


PAGE TOP