フェラをムリヤリさせられました【エッチな話】

フェラをムリヤリさせられました。

相手は35歳前後のサラリーマン。
少しワイルドな感じで、格闘技を何かやってると言われても否定はしないだろう。
こちらは22歳大学生。
これから社会人になろうという時に、強いトラウマが生まれてしまった。

しかも男同士で、だ。

[adrotate group=”1″]

大学の帰り道で、ムリヤリ路地裏に連れ去られ、抵抗しようとすると姉の写真と母親の写真を見せられ・・・。

「ここで逃げたらお前の母親と姉をレイプした後、ずっと監禁状態にして永遠に苦しめる」と脅され、仕方なく男のペニスを舐めることになった。

男のペニスは黒く光っていた。
カスなどは付いていなかったが、どちらにしろ非常に屈辱的ではあった。

「ほら、もっと裏スジを攻めるんだよ!知ってんだろ!」
「うぅ・・・」

確かに、自分のペニスでどこをどう攻められれば気持ちが良いかは知っていた。

「ほら・・・いいぞ・・・出すからな・・・飲み込むんだぞ・・・うっ!」

ビュッビュッ!

口の中にザーメンが発射された。
自分のザーメンすら口に入れたことはないのに、他人のザーメンなんて・・・うぅ・・・。

「まだだぞ、まだ終わってない・・・ん?お前も勃ってるじゃないか?」

そう、男に気づかれてしまった。
こういう異常なことをしている時に、怖くてたまらないはずなのに、何故か射精したくてたまらない自分のペニスがあった。

「そうか、ちょっとキンタマ出してみろよ」

言われるがままに、ズボンとパンツを下ろし、ガマン汁が滴るペニスが露出した。
すると男はペニス同士をツンツンと擦り合わせた。

「こうやってチャンバラごっこをすると、感じるだろ」

確かに感じる。

これは、女とのセックスで感じたことのない快感ではあった。
ツンツンとやっていくうちに、こちらのペニスがビクビクッと動いて、そのまま呆気無くイってしまった。

「あーぁ、ついに男同士でイっちゃったね」

女の声がした。

見るとサークルで一緒の女の子がそこに居た。

「な、なんで?」
「その人がちょっと変わったプレイがしたいって言い出して、だったらあそこにいる学生を襲ってきなさいって命令したのよ」

あまりの展開に理解が出来ない。

「私はこの人の妹。兄妹でのセックスも飽きちゃったから、仲間に入れてあげるわ」
「そろそろこいつのケツの穴に入れていいか?」

男の方もこちらを見る。

「いいわ、入れなさい。ちんぽの方は私が入れるから」

そう言うと、女はこちらのペニスを蜜壺にあてがった。
そして蜜壺の中に入り、快楽の後に肛門に激痛が走った!

「あぁぁあああ!」

「うわっ、キツキツだな」
「ちゃんとローション塗ってあげたんでしょうね」

「俺のガマン汁がタップリチンポにまとわりついてるから平気かなと思ったんだが・・・」
「しょうがないわね」

前にはマンコ、後ろにはチンポ、3人合わせてゆっさゆっさと揺れる。
まるでサンドイッチ状態だ。
肛門の痛みがペニスの快楽で中和される。
肛門の刺激が快楽に変わったとき、ペニスから大量の精液が放出された。

「いっぱい出たわね」
「俺も、もう出るぞ」

そう後ろの男が言うと、肛門の中に大量の精液が放出された。
快楽で痙攣が止まらない。

いつの間にか、周りには男が4~5人いた。

「これみんな、わたしの兄妹なのよ。私だけで相手するのも辛いから、あなたも手伝って」

それから、明け方になると体中は誰のものともつかぬ精液まみれになっていました。



PAGE TOP