彼と初めてSEXした時のこと【エッチな話】

「飲みに行かない?」と彼から誘われて、

何度かケータイでやりとりして、

次の日の仕事を気にせず飲めるよう、

お互いの休みを合わせて、その前日の夜に飲むことにしました。

そして当日の夜。家でお迎えの電話を待っていると、

「下に着いたよ」と彼からのTEL。

急いで外へ出ると、

向こうの通りから彼が私に手を振っているのが見えました。

車の通りの合間を縫って、私も向かい側へ…

「遅くなってごめんね。お腹すいたでしょ?」

「うん、もうぺこぺこ。早く行きましょ」と、彼の車に乗り込みました。

「今日、すっごく楽しみにしてたんだよ」と河村さん。

「私もですよー」とおしゃべりしながら、一軒目は居酒屋へ…

そこでは仕事のこと、お互いの家庭のことなどを話しました。

「もう一軒行こうよ」と誘われ、今度はバーへ。

ところが居酒屋では口数の多かった彼が、バーでは一転無口に…

そしてバーを出ると、彼が「夜景でも見に行く?」と聞いてきました。

「…はい」と頷く私。

車を数分走らせ、目的地について、車を降りて二人で歩き始めたところ、

「暗くて危ないから」と、彼が手を出してきました。

「あ、大丈夫ですよ」と、手をつなぐ恥ずかしさもあって、

一度は断わりましたが、彼がもう一度言うので、

あんまり断わるのも失礼かなという気持ちと、

折角の彼の好意だからと素直に受けることにして、

彼の手をとりました。

夜ももう0時を回っていたと思います。

辺りが真っ暗な中で私と河村さんの二人きりでした。

二人でベンチのようなとこに並んで腰掛け、

時折会話をしながらボーっと景色を眺めていました。

ここでも彼は無口で、

(河村さん、怒ってるのかな?私何か失礼なこと言ったかな…)

と考えると、私まで無口になってしまいました。

と、その時、彼が私の肩に手を回し、

私は彼に引き寄せられ、彼にもたれかかるような格好になりました。

(えっ!? どうしよう…河村さん、酔ってる!?)

でも、手を払いのけるのも何か悪いし、

それにこういう経験ないって思われるのも癪だったので

(まぁこのくらいはいいか…)とそのまま彼に寄り添っていました。

彼は抵抗しない私を見て、OKと思ったのか、

私にキスをしてきました。

びっくりした私は、どうしていいか分からず、

彼にされるがままになっていると、

彼は今度は舌を絡めてきました。

彼の口からはほのかなお酒の匂いがしました。

そして抱きしめられた彼の体は、逞しくて、

熱かったのを今も憶えています。

彼に「男」を感じた私も、夢中で舌を絡めました…

帰りの車の中では、私は彼を意識してしまって、

まともに河村さんの顔を見れず、

窓越しに外の景色を眺めていました。

だけど、段々私の家が近づくにつれ、

(もっと一緒にいたい…)と思うようになりました。

彼はそれを察したのか、私の家の前を通り過ぎ、

人気のない裏手の路地に車を停めました…

「もう疲れた?」

「ううん、大丈夫」

そう答えると、彼は再び私にキスしてきました。

そして手は、私の胸へ…

「おっぱい、大きいね」

内心ドキドキしながらも、

(キスしちゃったし、触られるくらいはいいか…)と思っていました。

私の座席のシートを倒した彼は、

運転席から助手席へ移ってきて、上から私を見つめました。

そして彼の手が私の下半身へ伸びて来ました…

「あっ!! おっぱいはいいけど下はダメ!!!」

とっさに彼を拒絶しましたが彼の耳には入らないようでした。

キスをして胸まで触らせた私も私ですが、

お互い家庭があるし、これ以上は許せない、と理性が働きました。

「ダメだよ、こういう関係は…」

「大丈夫、そう長くは続かないし、オレ、今までもパートの女の子とかに手出してるから…」

彼が静かに言いました。

(なーんだ、私だけじゃないのか。今日誘ったのも体目当てか…)

彼に下心があったと知って、正直今まで彼を

「いい人」と思っていた自分が馬鹿らしくなってきました。

(私も軽く見られたもんだな…彼の本性も知ったことだし、なら私も本性出してもいいか…)

実は独身時代、結構遊んでいたことと、

ホントはSEX大好きなことを彼に伝えました。

彼は自分のジーパンを下ろし、おちんちんを出しました。

「大きい!!」

思わず私は言ってしまいました。

「長いだろ?」

「うん、長い…。触ってもいい…?」

「うわっ! やっぱり大きい! こんなに大きいの初めて見る。でも私、入れるとき痛がっちゃうからこんなに大きいの入らないよ…無理だよ…」

「舐めて…」彼が言います。

私は恐る恐る彼のを口に含みました…。

大きすぎて、口の奥まで入れることが出来ません。

しばらく彼のおちんちんを舐めていると、彼の吐息が聞こえてきました…

私が舐めるのをやめると、彼は再び助手席へ移動してきて、

私の服をたくし上げました…

そして手を後ろに回し、ブラのホックを外しました…

あまりの手際のよさに、

(この人かなり遊んでるな…)と思いました。

そして私のおっぱいを凝視して、

「綺麗…色白いね…透き通ってるよ」と私の肌に感激しているようでした。

そういえば居酒屋でも、「肌白いよね…」

「私、子どもの時から肌弱いから、あんまり日光とか当たらないから」

「そうなんだ。オレの奥さん、色黒いんだ」

「そうなんだ…」というやり取りをしていたのでした。

そして彼におっぱいを揉まれ、乳首をクチュクチュ舐められます…

「あぁん、気持ちいい…」

おっぱいをいじりながら、彼の手は私の下へ流れていきます。

ジーパンの上から股の間に手を入れてきます。

「ジーパン脱いで…」と彼に言われ、私はジーパンを下ろしました…

彼は今度はパンティーの上から私のおまんこの入り口をなぞったり、

クリを刺激してきます…

「あっ、あぁ、熱い…」

「結構濡れてるね」

そういうと彼は手をパンティーの中に入れ、

直に触ってきました…

「はぁん、気持ちいい…もう欲しくなっちゃうよ…でもこんなに大きいの桃、入らないよ…痛いのイヤ…」

「力抜いて…」

彼がグッと入ってきました…

「何これ…!? すっごい気持ちいい…痛くないよ…」

あまりの気持ちよさに私も必死で腰を振りました…

「あん、あぁ、はぁん…こんなに気持ちいいの…初めて…」

もう頭の中は真っ白でした。

車体が揺れるほど彼も激しくピストンしてきました。

「イヤ、ダメ…そんなに激しくしたら桃、壊れちゃうよ…」

泣きそうな声で言いました。

「かわいい。もっと感じて。声出して…」

私は久しぶりのカーセックスを堪能しました。

こうして人目を忍んでの彼との密会が始まりました…。

奥さんにも、会社の人にもバレずにこうして関係が続いたのは、

彼がこういうことに手慣れていたからだと思います。

そして現在。

一度私の

「気持ちが重たい、好きという感情を持たれるのは迷惑。気持ち持ったら、もう会いに来ないよ」

と突き放されたこともあり、

その後も何度か関係がギクシャクしたこともありましたが、

お互い離れられずに今も逢っています…

子どもももうすぐ2歳。

(そろそろ私の家での情事も潮時かな…)と、

私なりに関係が終わるかもしれないと覚悟して、

先日彼にそう伝えたところ、

「これからのことは二人で考えていこう」

と思いがけない返事が返ってきました…

初めは興味本位で始めた関係だけど、

いつしか彼とのSEXにはまってしまい、

気づいた時には彼を手放せなくなってしまっていました…

私の気持ちが大きい分、

彼とホントに終わる時は(私はボロボロになるんだろうな…)そう思いながらも、

「桃が嫌にならない限り、オレは逢い続けるよ」

(嬉しかった…)

嘘でもそう言ってくれた彼を、

今は信じるしかないし、信じたいと思います…


PAGE TOP