快楽に溺れ中出し懇願した私のエッチ体験【エロ話告白】

彼と一緒に食事をしてから映画でも借りて彼の家に行きました。

マンションのエレベーターを下りて部屋に向かう途中に

若い女が前から歩いて来ると、彼が急に変な動きをしはじめて、

あからさまに顔を隠そうとしていました。

女が近づいて来ると

「あれ?彼女いたんですね?あたし忘れ物しちゃったみたいで取り来ただけなんですけど、取って来てもらっていいですか?」

と笑顔で言っていた。

一瞬で状況を把握しました。

昨日の夜はこの女と一緒にいたんでしょうね!

たぶんその若い女も彼女が居ないって言われてたんでしょうけど・・・

その場で「私が帰るから二人でごゆっくり」と言ってすぐに帰りました。

本気でムカ付いたので、引き止められても振りほどいて逃げる様に帰りました。

でも怒りが全然収まらないので、私も浮気してやる!って思って

携帯のメモリを見ていました。

私は出来るだけキモい男に抱かれてやる!って思いました。

パッと頭に浮かんだ相手がいて、

この前の合コンで知り合った男で、

太っていてハゲぎみで、

酔っぱらってかなり変態トークしていたオタク男がいました。

すぐにその男に電話して、今の状況を説明して私の家に来てもらいました。

その男はすぐに家に来たんですけど、

再度顔を見ると『さすがに無理かも・・・』って思いました。

だからテレビ電話で彼氏に電話して、

私の部屋にキモ男が居るとこを見せて、

キスだけして電話切って終わらせる事にしました。

キモ男は楽しそうにしていて、ノリノリでした。

電話しようと携帯を見ると彼氏からずうううううと着信がありました。

切れたタイミングでこっちから電話して、

デレビ電話で顔を見ました。

最初は私一人で画面に写って話して、

彼氏はとにかく謝っていたんですけど、

全然許す気にはならなかったので、

私は笑顔で「ちょっと見てもらいたい人がいるの!」って言って

画面の中にキモ男を登場させました。

彼氏は「は?」みたいな顔をして

「誰だよ・・・」って言って来たので、

「今から彼とセックスするの!これからラブホに行くから電話しないでね!」

と言った後に、キモ男にキスをしました。

彼氏は「ふざけんな!やめろおおおお」と叫んでいましたけど、

そのままディープキスをしばらくして、

キスしたまま電話を切りました。

私はちょっとスッキリしたと思ってると、

電話を切ったのにキモ男がキスを止めないんです!

無理矢理逃げようとすると、キモ男の様子がおかしいんです!

凄いハァハァ言い出して、目がマジなんです!

どうやらキスでスイッチ入れちゃったみたいで、

私の話なんか聞かないで勝手に耳とか首筋を舐めはじめました。

キモ男は太っているんですけど、

かなり筋肉もあるみたいで全然逃げられません。

もう普通に胸とかも触られちゃって、

『マジでやばい!』って変な汗が出てきました。

「ちょっとふざけないでよ!警察呼ぶわよ!」って叫んだら

「・・・状況考えた方がいいんじゃない?」

と気持ち悪いムカ付く言い方で口を開きました。

「自分から部屋に呼んで、キスした挙げ句に彼氏には俺とセックスするって言ってんだよ」

と言われると、私は動揺してしまいました・・・

そしたらキモ男は勝ち誇った様に強気になって、

服の中に手を突っ込んでブラを外すと、

ニットごと捲り上げておっぱいを丸出しにされました。

(因みに胸はGカップです)

私は凄い抵抗してるんですけど、キモ男の片手でだけで、

私の両手を握られて動けません。

そしておっぱいを舐めまくってきました。

本当に気持ち悪い舐め方で、

唾液で胸がベチョベチョになる様な感じでした。

乳首も集中して舐められるとビンビンに立ってしまいました。

そしてキモ男はおっぱいを思いっきりビンタするんです。

私、それをされるとムチャクチャ興奮してしまうんです・・・

本当に犯されてるんだ・・・って思ってしまって、

何か陶酔したみたいになっちゃったんです。

そしたら押さえられてる腕とか、べチョベチョのおっぱいとか、

全部が興奮する要素になってきて、濡れてくるのが分かりました。

本当にこんな男は嫌なんですけど、

この男のやり方は私にぴったり合ってるみたいなんです。

そしておっぱいを力強く揉みながら、

乳首をひねられると、「あはぁあぁ、うふぅうう」と声が出てしまいました。

「お前犯されてんのに感じてんじゃねーぞ」

と言われるともっと感じてしまいました。

いつもオナニーする時に妄想するシチュエーションで、

そのセリフでイッているんですから・・・

「もう濡れてんじゃねーのか?」と言われると

「ふざけないで、あんたみたいな男に濡れるわけないでしょ!離しなさい!」

と言ったんですけど、

ベチョベチョに濡れているのは分かっていました。

キモ男はスカートからパンツだけを抜き取ると、

パンツを片手で広げて私に見せました。

黒いパンツの真ん中に、

ヨーグルトをこぼしたような愛液がいっぱい着いていました。

「普通こんなに濡れねーだろ、お前ドスケベだろ」と言われると、

もうどうしようもなくウズウズしてしまいます。

キモ男は体を股の間に入れて、自分の足も使って、

私の両足を大きく広げました。

「うわーすげー濡れてんじゃん、マン汁臭でまくり」

と言われてゾクゾクしちゃいました。

そしてキモ男は軽く平手でクリを叩きます。

これも私ダメなんです・・・

馬鹿にされたような粗末な扱いをされてるみたいで興奮してしまいます。

だぶんキモ男じゃなければ、

この男と恋人になっていたかもしれない位、

セックスの相性がイイんです。

そして、私の愛液を手の平に塗り付けると、

手の平全体でクリを押し潰すようにクチャクチャとこねくり回してきました。

私はあっと言う間に気持ち良くなって

「あああああん、はっぁああぁぁ、ダメ、ダメええええええ、いやあああああああああ」と絶叫してイッてしまいました。

ビクビク痙攣している私を見ながら

「レ●プされてイッてんじゃねーよ変態女」と言われました。

最高の言葉を絶妙なタイミングで言われて、

完全に陶酔してしまいました。

キモ男にクリをこねくり回されて、結局イカされてしまいました。

でも、私はこんな男に落とされるなんて絶対に認めたくないので、

抵抗を続けました。

すると今度はアソコに指を入れてきて、

いきなりGスポットを刺激してきます。

今までで一番ぐらいに的確な場所を集中してかき混ぜ始めました

すぐに「ブチュブチュブチュ」と凄い音が出はじめて、

「いやあああああ、だめええええええええ」

と叫びながら、潮を噴いてイってしまいました。

「レ●プされて潮噴く女なんてはじめてみたよ」

とキモ男はニヤニヤしています。

キモ男はいつの間にか私の手を放していて、

私は両手が自由だったんですけど、

シーツを握り締めてるだけで、抵抗するのを忘れていました。

そしてキモ男はまた指をかき混ぜはじめると、

同時にクリを舐めはじめました。

私はすぐに「いやああ、だめええ、また、だめええええ」

とすぐにイキそうになって、

キモ男の顔に潮を噴きかけながらイってしまいました。

もうキモ男は私を押さえつけていないので、

私は痙攣している体のまま、逃げようとしました。

でももちろんすぐに捕まってしまいました。

私は散々イカされましたけど、この男の勝ち誇った顔が許せませんでした。

キモ男はまた私を押さえつけながら、自分のズボンとパンツを下ろしました。

すると信じられない大きなアレが出てきたんです。

しかも凄い角度で立っていて、すぐに入れようとしてきました。

私は足で蹴りながら必死で逃げたんですけど、

ビショビショのアソコは「ヌルッ」と簡単に受け入れてしまいました。

今の彼氏より遥かに大きなアレを入れられて、悶絶でした・・・

元々、大きなおチンチンが好きな私は、

最初から感じてしまって、入れて数十秒で

「あああん、あはぁあああ、くうううううううう」

と言いながら簡単にイってしまいました。

もう入れられたら力が入りません・・・

ぐったりしていると、キモ男が私の電話を勝手にいじっていました。

「ちょっと止めて!触らないで!」って暴れても、

少しピストンをされると抵抗できなくなってしまいます。

キモ男はどこかに電話を掛けると、枕元に携帯を置きました。

そして携帯の画面の前に私を突き出して、

その後ろからバックで突きはじめました。

私は感じてしまって、携帯が見えなかったんですけど、

携帯から「何してんだよ!ふざけんな!誰だそいつ!」

と怒鳴り声が聞こえました。

私はビックリして携帯を見ると、彼氏の顔が見えました。

キモ男はテレビ電話で彼氏に電話したんです。

バックで入れられたまま、目の前にはテレビ電話で彼氏が見ています。

彼氏は泣き叫ぶ様に

「お前何やってんだよおらぁぁっぁあ、ざっけんなよおおおおおおお」

と言っています。

普段は絶対大声を出さないような彼氏が、

狂った様に叫んでいました。

私は一生懸命弁解しようとしたんですけど、

キモ男は大きなアレを容赦なく叩き込んできました。

「ちがうのぉっ、うぐっ、ああん、あん、これちがうっ、うはぁああああ、いやああああ、見ないで、だめぇぇぇえぇえ、だめえええええええええええええ、いやああああああああああああああああああ」

私は何がなんだか分からず、

彼氏の前でイッてしまいました。

キモ男のテクニックと巨根と彼氏に見られている状況が混ざり合って、

凄い興奮でした。

キモ男は「あーあ彼氏さんイッちゃったみたいですよー、てゆーか今日イキまくりでしたけどね」と言っていました。

そしてキモ男は今度、私を上にして騎乗位にさせました。

彼氏には私の後ろ姿が見えていると思います。

私はおかしくなっていたと思いますけど、

反射的に上になったら腰を動かしてしまいました。

彼氏が見てるし、キモ男を認める事にもなるから絶対ダメ!

って分かってるんですけど、

腰をグリグリ押し付けて、クリをすり潰しながら、

またイッてしまいました。

イッたあとはキモ男の胸に倒れ込んでしまい、

彼氏からは結合部が丸見えだったはずです。

そして、立ちバックや松葉崩しとかもやらされて、

それぞれの体位でイカされました。

私はもう彼氏の事が頭に入りませんでした。

彼氏も無言で見ているだけでした。

彼氏とのセックスでは2回イケば良い方です・・・

彼氏もキモ男のテクニックに引いていたと思います。

最後はバックに戻って、彼氏の顔を見せられました。

私は見るのも辛かったんですけど、何か変な気分になってきました・・・

なぜか彼氏が傷付く事をもっともっとしたくなってきたんです。

SなのかMなのか分かりませんけど、

彼氏の落ち込んだ顔を見てると、イジめたくなってきました。

私は彼氏の顔を見ながら

「ごめんなさい、あん、ああああん、気持ちイイの、このおチンチンが、あああん、凄いの、あああん、あん、大っきくてすごいのおおおおおおお、いやあああああ、またイッちゃう、イク、イクううううううう」

と言って彼氏の顔を見ながらイッてしまいました。

キモ男は「彼氏とどっちが気持ちイイか彼氏に教えてあげろよ」

と言ったので、私は痙攣しながら

「全然こっちのおチンチンが気持ちイイ、こんなに気持ちイイセックスはじめて・・・ハァハァ」と言いました。

彼氏は無言で下を向いています。

キモ男はまた激しくピストンをしてきました。

私は大きな声で

「凄い気持ちイイ、あああん、あん、大っきいから気持ちイイ、だめええええ、すごいいいいい、彼氏の小ちゃいから、こっちの大っきいのが好き、あああああん、あん、気持ちイイ、いやあああああ、またイク、イク、イクううううううう」

とすぐにイッてしまいました。

キモ男は私に構わずピストンを続けていて、

「どこに出して欲しい?」と聞いてきたので、

私は即答で「中にだしてえええええ、イイ、凄いイイ」と答えました。

キモ男は「彼氏さんはオッケーなの?」と聞いてきましたけど、

私は「知らない、ああああああん、ダメ、中に出して、お願い、彼氏どうでもいいから中に出してええええええええええええええ」

と叫びながらイッてしまい、

同時にキモ男も中に大量の精子を出してきました

私は凄い満足感と疲労感でしばらく動けませんでした。

いつの間にか彼氏の電話は切れていて、

今日も連絡はありませんでした。


PAGE TOP