PTAママからの思いもかけないお礼【エロ話告白】

7月上旬の平日、午前中。
仕事で営業車を運転していた俺(29)は、近道しようと郊外のラブホテル街を通り抜けた。
ラブホテルの立ち並ぶ路地、カップルを乗せた車と何台もすれ違う。
(くっそー、平日の昼間からイチャイチャしやがって・・・)

イラつきながら走っていると、ホテルの駐車場の植え込みの影からクラウンが飛び出し、急ブレーキを踏んだ。
向こうも急停車、間一髪セーフだ。

(えっ・・・?!)

助手席に乗っていたのは、子どもが通う幼稚園PTA委員の安達麻由美さん(30歳)。
しかも運転席にいるのは、彼女の旦那ではなく、中年の男。

俺は目を丸くして助手席を見つめ、助手席の麻由美さんもハッと気がついた様子だ。
一瞬の間の後、クラウンのドライバーは手を上げると、路地に車を出して猛スピードで走り去った。
安達さんの旦那(33歳)は公務員で、仕事が忙しいことから幼稚園行事は全て奥さんが出ている。
俺も幼稚園PTAの役員をやっているので、話ぐらいはするのだが、明日からどうやって顔を合わせたものか・・・。

その日の仕事は上の空で、ミス連発。
安達さんの旦那の顔が目に浮かぶ。
愛妻家で優しそうな人なのに・・・。
家に帰っても、妻に話すことなく、ぼーっとしていた。

7月下旬。
キャンプ場では、幼稚園PTA主催による、川遊び&バーベキューが行われた。
ウチは保護者として(PTA役員である)俺が、安達さんちは麻由美さんが出てきた。

バーベキューの後、子どもたちは川遊び。
大半の保護者も片付けが終わると川の方に出掛けた。

炊事場には俺と麻由美さんが残され、使わなくなった荷物を車に積み込んだ。
荷物を積み終わったところで、俺は麻由美さんに「ちょっと、いいですか?」と言うと、麻由美さんも呼ばれた理由が分かったみたいでついてくる。
茂みを通り抜け、川が見える小高い丘にある古ぼけたバンガローの裏手・・・俺が目を付けておいた場所。

「あれは、安達さんですよね」

開口一番、俺は切り出した。

「はい、やっぱりMさん(俺)に見られていましたか・・・」

麻由美さんは素直に認めた。

「俺がとやかく言うことではないけど・・・どうしたんですか?」

麻由美さんの話によると、マイホームの頭金の足しにしようと、麻由美さんも食品工場へ午前中だけのパートに出たのだが、つまらないミスをした。
それを許してもらうため、社長に言われるまま、社長室で尻と胸を触らせた。
最初は服の上からだったのが、高額のお手当が貰えるということで、次第にエスカレート。
ジーンズを脱がされ、Tシャツを捲り上げ、生バストや濡れた股間を直接触られたり、舐められるようになった。
丁度、旦那の仕事が忙しく、イライラが溜まっていた時期だったので、中年のテクニックに感じてしまい、しまいには仕事そっちのけでホテルに行き体を開いた。
・・・が、3回目のホテルでの情事のあと、出る所で俺に見られたことから怖くなって、不倫をやめた。
程なく仕事も辞め、その後は“旦那バレ”に怯える毎日だったと言う。

俺「そんな・・・俺は誰にもしゃべってないよ」

麻由美「奥さんにも?」

俺「うん」

麻由美「奥さんによく黙っていられたんですね・・・」

噂話と言えば、あることが頭をよぎった。
子どもが出来る前、妻が働いていた時のこと。
会社の宴会のあと、妻が上司にお持ち帰りされたようだ。

「ホテルに入るところを見た人がいる」と知人から聞かされたことがある。

驚いた俺は妻に問いただすと、観念した妻はそのことを認めた。
二人とも泥酔し、気がついたら裸になってベッドの上で貫かれていたという。
上司の白濁液をお腹にかけられたあと、激しく後悔したがすでに遅かった。
そこまで言うと、取り乱してしまった。

翌日、仕事から帰ってきた妻は髪を切り、仕事を辞め、上司の書いた詫び状を俺に差し出して、許して欲しいと乞うた。
今回の事が行きずりの1回限りのことであることに加え、お互い恋愛中は浮気の応酬だったことや、俺も会社の女の子に手を付けたことがあるので、妻を許し、上司にも電話できつく注意して終わりにしようとしたのだが・・・。
噂の広まり方が思ったより酷く、俺はしぶしぶ(ローンを抱えた)上司に慰謝料を請求せざるを得なかった。
さらに、噂の出所や広がり先が分かった途端、社交的な性格だった妻は心を病んでしまい、人付き合いを避けるようになってしまった。
(俺に対しては必要以上にベタベタ甘えてきて、子供もその頃に授かった)
PTA活動も俺が役員を引き受けることで、妻の出番は最低限にし、キャンプも俺が出てきたというわけ。

そう、最初の一人がしゃべった時点で、麻由美さんのところだってどうなることか分かったものではない。

(俺さえ話さなければ・・・)

麻由美さんの不倫のことは地獄に行くまで黙っていようと、俺は心に決めたのだ。

「とにかく、安達さんが不倫をやめてくれたと聞いてほっとしましたよ。大丈夫、俺は、絶対にこの事を誰にも言わないから安心して」

そう言って俺は、炊事場に戻ろうとすると・・・。

「待って!」

麻由美さんが俺の手を引き寄せた。

俺「安達さん?」

麻由美「申し訳ないんですけど、私、そんなの信じられない」

俺「???」

麻由美「口止めと、黙っていたことのお礼も兼ねて・・・」

麻由美さんはじっと俺を見つめながら、俺の腕を掴んだ。
二の腕が麻由美さんの大きな胸に当たり、V字に開いたキャミソールからは胸の谷間がくっきりと。

俺「まずいよ、何するの・・・?」

麻由美「いいから・・・」

麻由美さんは、俺のジーンズのジッパーを開けると、パンツの上から逸物をさっと掴んだ。
麻由美さんの指の感触にビクッと背中に電流が走り、逸物は一瞬で大きくなった。
妻以外の女性に触られるのは数年ぶりだ。

麻由美「わあっ、大きくなってきた」

俺「だから、まずいよ。気持ちよくなっちゃうよ」

麻由美「ちょっとぐらいお礼させて。一応あなたの弱みを握っておきたいし」

俺「弱みって、何だよそれ?・・・それに、旦那さんに悪いよ・・・」

麻由美「そこまで気にしてくれるの?・・・んーっと」

俺「だから、いいって・・・」

麻由美「じゃあ、手で扱いてあげるよ。そのぐらいならいいでしょ」

そう言いながら、麻由美さんはパンツの上から逸物をやわやわとこね始めた。

「うっ・・・ううっ・・・て、手で・・・こいてくれるの?うん、いいよ」

俺はとうとう折れてしまった。
近くでは子どもたちが歓声をあげているのに、何ていう親だ・・・。
川の方に目を向けると、子どもたちと保護者が水遊びを楽しんでいる。

「ズボン、降ろしていい?」

麻由美さんは、俺のズボンとパンツを太ももまで下ろした。
汗ばんでいた尻や股間がひんやりとする。
麻由美さんは逸物を握り、しごきだそうとするが・・・。

「私も暑いわ」と、上着を脱ぎ、キャミソールの肩ひもを外し、ショートパンツも膝まで下ろした。

レモン色のブラとショーツが目に飛び込んだ。
大きな胸はブラからはみ出そうになっていて、ショーツも食い込んでいる。
麻由美さんは俺の向かい側にしゃがむと、顔の前で手コキを始めた。
唾を垂らし、必死で扱いている麻由美さん。
気持ちいいのだが、何か集中できない。

「ねえ・・ブラ取る?」

そう言って麻由美さんはブラのホックを外した。
大きな胸に見惚れてしまう。
俺は、手を伸ばして胸に触ろうとしたところ、麻由美さんが立ち上がり前に立った。
正面から見つめられながら手コキを続ける麻由美さん。
俺は胸に手を伸ばして正面から揉み上げると「んっ、んっ、あっ、あっ」と、手コキの手が遅くなる。

麻由美「もう・・・したくなっちゃうよ・・・する?」

俺は、答える代わりに乳首にむしゃぶりついて転がしながら、ショーツの上から股間を擦った。

麻由美「あっ、だめ、気持ちいいよ、いやっ、ああっ」

俺「そのいやらしい声、子どもたちに聞こえちゃうよ」

麻由美「ひどいよ・・・もうっ、あんっ」

俺「それなら、先にイカせてあげるよ」

麻由美「そんな・・・いいのにぃ・・・ああっ。ねえっ、入れてもいいんだよ。ああんっ、あっ」

俺は、麻由美さんの脚を少し広げて立たせると、ショーツの隙間から指を入れ、ぬるぬるの割れ目を前後に擦りながらクリを弾く・・・。

「んんっ、んんっ、んんんんんんんんんんんんっ」

歯を食いしばりながら、麻由美さんは仰け反ってしまった。

「はあっ、はあっ・・・もうっ、ひどいよ、私ばっかり」

麻由美さんは怒ったような目で俺を見たあと・・・。

麻由美「ねえ、欲しいんだけど・・・だめ?」

俺「うん、やっぱり・・・」

麻由美「変なところで真面目なのね。でも、そのお陰で私、助かったのかな?」

そう言うと、手コキを再開した。

麻由美「出そう?」

俺「何か落ち着かなくて・・・」

麻由美「咥えてあげようか。咥えるのはいいよね?」

俺「うん、いいよ・・・」

麻由美さんは、ポーチの中からウェットティシュを取り出すと「冷たくてごめんね」と言いながら、逸物を拭き始めた。
カリや竿、丁寧にふいているのがひんやりして気持ちいい。

麻由美「せっかくだから、ちゃんと出していってよ」

俺「うん」

麻由美さんは、俺の逸物をぱくりと咥えた。

ちゅぱちゅぱ・・・。

竿全体が吸い取られるようで、気持ちいい。

「んぷっ、んぷっ、んぷっ」

俺は、頭の中が真っ白になってきた。
眼下には、大きなおっぱいが震えている。

「麻由美さん、出そうだよ」

俺の腰に力が入る。

「うん」

麻由美さんは逸物を口から離すと、激しく手コキをした。

(えっ、口の中じゃないの?)と思う間もなく、射精感が押し寄せた。

「出るよ、出るっ、おおおっっ」

麻由美さんは俺の逸物を素手で掴み、白濁液は手の中に発射された。
指の間から白いものが垂れている。

俺「はあっ、はあっ」

麻由美「うわあ、たっぷり出たね・・・お口を離しちゃって、ごめんね」

麻由美さんは逸物を絞り続けた。
麻由美さんは、ウェットティシュで念入りに逸物や自分の手を拭きながら、服や顔にかかるとバレる恐れがあり、口の中だと不味くていつまでも感触が残るので、やむなく手のひらに出したと言った。
旦那のも滅多に口に入れないとのこと。

俺「そんな・・・すごく良かったよ・・・カミさん以外の女の人に抜いてもらったの久しぶりなんだ」

麻由美「まあっ」

お互いそそくさと身支度し、最後の記念に軽くハグして胸を揉むと、「んんっっ」と鼻を鳴らし「ありがとね」と言われ、間もなく元のキャンプ場に戻った。

翌日のバーベキューの片付け会、麻由美さんは意味ありげに何回もウインクしてくれた。
が、夏休みの間に旦那さんが隣の県に転勤となり、麻由美さんたちも引っ越してしまった。


PAGE TOP