パートで雇ったぽっちゃり系の主婦とのエッチ体験談【エロ体験】

今回パートの面接に来たのが、

森公美子体型の45歳の主婦と

中肉中背の39歳の主婦、二人

豊満なエロさの豊満主婦の奥さんを採用。

小さな食堂飲み屋の為10時~15時までパートをお願いしてる。

仕事も馴れた頃昼の部終了の札を出し、

「奥さん今日!もう少し良いかな?」

と声を掛けると

「構いませんよ」と、

奥さんを奥の六畳に連れ込み

「奥さんを見た時から良いと思ってたんだよな~」

と押し倒した

「駄目です止めて下さい…」

「これも仕事の内だから…」と

強引に唇を奪う

抵抗する奥さんもオッパイを舐め吸われるうちに抵抗も弱まり、

下着を脱がす時は流石に抵抗したがオマンコは濡れていた。

すでに勃起してるペニスを突き入れると

「ウッ駄目許して…」

突きながらオッパイを揉んだりしてると奥さんも抵抗を止め歓喜の声まで上げる始末だ。

私はそのまま奥さんの中に射精すると、

奥さんも身体を痙攣させ昇天!

奥さんから離れると、不様に開いた股から精液を滴らせるオマンコが覗いてる。

奥さんは暫くして身繕いし何も言わず帰って行った。

次の日から来ないかと思ったが!

なんといつもより胸元が大きく開きスカートも短目(流石にミニでは無いが)でやって来て!

「おはよう御座います」と

すれ違いざまに私の股間を撫でて六畳の休憩室に着替えに入り私の見える位置で着替えを始めた、

最初下着を着けて無いのかと思ったら小さなパンテーがお腹の肉で見え無かったのだ。

昨日はヘソまでのパンツを穿いてたのに

それを見て私のペニスは勃起状態、

店の入り口に

《本日臨時休業》の

札を掛け店のロックしたのは言うまでも無い。

今では夜の仕込みを済ませ、掃除を終えると

私のペニスと精巣の掃除もさせている。





PAGE TOP