温泉旅行で人妻と【エッチな話】

僕は、ある飲食店で働いてて、
バイトもパートも年齢はバラバラ。
でも、僕がよく話すのは、主婦の人とか同い年の子等とか、
あと仲のいい男とか。
主婦の人と言っても、23~29まで。
全員、子供はいなくて、なによりも若く見えて、
めちゃ美人ばっか!
僕は、同世代の女の子には、全然もてないけど、
なんでか主婦の人にはもてた。
嬉しいような、全然うれしくないようなだった。
そして、去年の夏、8月、
みんなで一泊2日の温泉旅行に行った。
はじめは、ほんと主婦の人達、旦那さんいいの!?
って思って聞いたけど、
1年に1回くらいいいの、いいの~。
たまには、なんちゃらなんちゃら・・・とか言ってた。
そんで、メンバーは、主婦の人4人と、
独身の女の子3人と、僕と2人の男友達。
まあ、みんなバイト仲間だし気楽だった。
でも、なんか、男3人、女性7人だったから、
すごくラッキーとか思ってた。
夜は、ご飯食べて、お風呂に。
混浴!?とか思ってると、
ちゃんと、男風呂と、女風呂に別れてました。
な~んだぁ、とか思ってお風呂出たあとは、
一番おっきかった主婦4人部屋で、
宴会。
ちおなみに部屋は、主婦の那波さんが、
旅館の人と友達で、うまく設定してもらったらしく、
男だけの部屋。主婦だけの部屋。学生の女の子達の部屋。
になってた。
そんで、みんなでかなり長い間飲んだ。
時計は、0時を回ってた。
そんで、かいさ~ん。
自分の部屋に帰ったら、もう友達2人は酔いまくって、
くそ~ぉ!亜紀ちゃんとやりて~!(笑)とか、
叫んでた。僕は、むしろ主婦の人4人と寝て~~ェ!
とか思ってた(笑)
そんで布団に入って、20分くらいたったら携帯がブーブー
震えてるから、なんやろ?って思ってみたら、
メール入ってた。
誰や~あ こんな時間に~とか思って見ると、
なんと、主婦の那波さんから。
「たっちゃん(僕のあだ名)部屋に忘れ物してるでー、
取りに来て~~」
って書いてあって、僕も結構酔いはさめてたけど、
ほろ酔い気分やったし、忘れ物なんかしたかな?
って思いながら、友達はもう寝てたから、
まあええわーって思って、ノックして入ったら
誰もなにも言わないから、入りますよ~って小声で言って、
入ると電気が消えてた。おっかしいな~ぁ、
初め、部屋間違えてしまったのかな!?

って思った。じゃあ、その部屋ちっさなお風呂がついてるんですけど、
そこからシャワーの音がしたから、
僕も酔ってたし、そ~っとドアを空けようとすると、
ドアが開いて、田中さんが入ってイイよって。
タオルまいてた。
ぼくもあそこたってて、すっごくわけがわからなくなってて、
入った瞬間、田中さんがタオルをまいたまま「抱いて・・」って。
ほんとこれ漫画!?とか思いながら、
僕らは抱き合った。
そのまままわした手でお尻をなでながら、
田中さんは、僕のあそこをさわりながら、お風呂を出て、
そのままふすまを開けて布団に。
じゃあ!那波さんも浴衣のまま、
ぼくのあそこを舐めてくて、
○○さんも、○○さんも、浴衣を脱ぎ出して、・・
大胆にも電気もついてるし、なんかわけのわからないまま、
5P。

もう最高やった!!
初めは、○○さんの中に入れさせてもらった。
騎上位で、腰ふりまくるから、このままやったら、
中で出てしまう!って思ったから、やばいです!
とか言うと、すぐに体位を代えて一気に最後に。
あげくの果てに顔にだしてっていうから、
もうおもいっきり口にあてたった。
じゃあ、綺麗に掃除までしてくれて、
ひたすら舐めまくって、そこから、4人に舐められて、
すぐに回復したら○○さんが一人で一気に舐めてくれて、
今度も顔にかけてしまった。
次は、那波さん。
今度は、僕もさすがにあれだったから、
長かった。ずっとバックで。そのあと騎上位にうつして、
田中さんは、僕の口に奥さんのきれいなあそこを、
すりつけまくってくれてて最高!なんとそのまま、
那波さんのまんこに中だししてしまった!
でも、なんかピルとかいうのを飲んでて大ジョブとか言ってた。
最後は、田中さんとお風呂で、もう、ぐちゃぐちゃやりまくった。
最後は、田中さんの唇を真っ白にしてしまった。
そのまま4人と肌かで抱き合って寝た・・。
次の日。独身の3人が主婦の部屋をノックするから、びっくりして、僕ら、
全裸だったから、みんな布団をかぶって、
僕は、みんなのお尻の下に引かれて隠されて、
もう最高!ほんで、ごめ~んまだ着替えてないね~んとか言って、
○○さんがごまかして、
3人に帰ってもらってそのあと、またみんながぼくの立ったあそこをみて、
おもしろがって、すりつけてきてまた出してしまった・・


PAGE TOP