夜中に泥酔した大学生の姉に童貞を奪われていた体験 【エロ話告白】

ん… んん?

暑さのせか真夜中に目が覚めた。

いや!暑さのせいじゃない!

だれかが俺の股間を触っている!

「あ、姉貴?」

間違いない! その年、大学2年になった、

4歳年上の姉貴がトランクスの前を開け、

そそり勃つ俺のペニスをしごいている!

姉貴がしごいているせいで、こんなにペニスが熱く、

そして張り裂けそうになってるんだ!

うぅぅ、出ちまう…

そう思った瞬間に姉の手は俺のペニスから離れていった。

「くそっ、このまま姉貴を犯すか!?」

まだ彼女もいなく童貞だった俺はそう思った。

しかしその瞬間!

信じられないものを目にする!

あ、姉貴のマンコ…

上はTシャツを着る姉貴の下半身はパンティーすら身につけず、

陰美に黒く輝くその性器をあらわにしていた。

しかも割れている??

少しグロテスクな、ピンク色のヒダヒダが縦に走っている…

あぁ…! 姉貴が俺をまたいでるんだ!

俺の亀頭部分にピチャッと吸い付き、

ズブズブと根元まで飲み込んでしまった。

「はぁあぁぁ… くふぅ…」

今まで聞いたこともない姉貴のこんな声!

アルコールの匂いも混じっている。

ビュッビュッビュッビュッ!

俺はというと、その声が耳に入ったとたん、

ぬるぬるとした俺のペニスよりもさらに熱い

姉貴の膣の締め付ける感覚で、あっという間に射精してしまった。

ものすごい量だ! まだ止まらない!

ビュッビュッ!

止めど無くあふれる俺の精液は、姉貴の膣の奥深くに注がれて行く。

くそっ!これで終わりか! 姉貴に起きてるって気付かれる!

そう思ったが姉貴は気がつかない…

いや! 気がつくわけがない!

両手をベットにつき、

姉貴は自分の腰を浮かしてピストン運動してるではないか!

2回も射精が終っても、まだまだ縮まない

俺のペニスをくわえ込んだ姉貴の膣は

ぬるぬると俺を刺激し、動いている。

ビュッビュッビュッ!

さっきから30秒もたっていないというのにまた俺の射精、

こんなのは初めてだ。

3度もの俺の射精に気付かず、姉貴の腰の動きは止まらない…

やがて「あっあっあっ」という声と共に姉貴の身体がくったりとした。

が、膣はさっきよりもきつく締まり、

ガクガクガクッと腰が震えている。

「はぁ~」

姉貴のアルコール交じりのその声と、

その腰の震えで再びビュッビュッと射精!

この2,3分の間に3回も射精するなんて!!

はぁ… ため息にも似た姉貴の声とともに、

ズルズルと俺のペニスが膣から引き抜かれていった。

姉貴は俺の射精に気がつかなかったのだろうか??

ドロリ…

そんな事を脳裏に浮かべた瞬間に姉貴の割れ目から白濁した、

独特の生臭い匂い液体の塊が俺の右の太股に落ちてきた。

まだまだ膣の奥底に残っている俺のものすごい量の精液の一部は、

姉貴の太股の内側をつたい、下に走って行こうとしていた。

それに気付いた姉は右手で自分の太股に触れてみる…

糸を引きながら指にまとわりつくその液体を

不思議そうに眺める姉… 数秒の間をいて…

「あっ!!」

姉貴のおどろく声、キッとこっちを睨み付けるが、

一瞬で半泣きになり、俺のペニスをしまうのも忘れ、

床に放ってあった自分のパンティーを手に

隣の自分の部屋に小走りで戻っていった。

ガタゴトと音をさせ、夜中だというのに風呂場にいき、

1時間はシャワーを浴びる音がしていた。

おそらく、一滴でも多くの自分に注がれてしまった弟の精液を

絞り出そうとしていたんだろう。

それから2度と、そういう経験はなかったし

姉貴も妊娠したわけではなかった。

ただ、妙に意識してしまい、姉とはそれ以来、

なんだかよそよそしい接し方になってしまった。




PAGE TOP