私は変態です。先生の好きにしてください・・【エッチな体験談】

私は、都内の某有名私立の女子高に通う高校2年生です。

私は赤点を取ってしまい、

火曜日の放課後に、補習がある教室に行ったら、

理科の先生に単位が足りないからこのままじゃ留年。

と言われ私は「お願いします単位下さい」と頼みました。

すると先生は私の制服のリボンを外し、

リボンで手首を縛り犯されました。

私を机に座らせオッパイをわしずかみにし、

恥ずかしいことブラ外され乳首を吸われ感じてしまいました。

「気持ちいいか?こっちは?」

と言うとスカート中に顔を入れ、

パンツの上から吸い付いてきます。

「いい匂い」

とパンツを脱がしてクリトリスを吸い

「オマンコすごい濡れてるぞ!あぁ美味しい」

と言い吸い付いて来ました。

「あぁっん先生ヤメテ!」

と言うと

「今日は運動部しか部活はないし、

補習のヤツももぅ帰っただろうから誰も助けに来ないぞ」

と、また乳首を吸われ指でクリをいじられ、

クリトリスと乳首を交互に吸われ、

私は初めて絶頂してしまいました。

すると先生は硬くて大きくなったオチンチンを

オマンコに押しあてて来ました。

「嫌ゴム付けて」

と言っても

「生のが気持ちいいんだ」

と言っていっきにオマンコに入れてきました。

今までで一番大きいオチンチンでオマンコが裂けるかと思うくらい。

べちょべちょに濡れてるのに痛くて

「痛い、嫌」

と叫んでいたのにいつのまにか

「あぁ、ああっん」

と喘ぎ先生に合わせて自分から腰を振りまた、

イッテしまいました。

すると先生は私を後ろに向かせ、

バックから激しく突き上げ

「イクッ!」一言言って、勝手に中出しされました。

先生は先に帰り私は何も考えることができず、

そのまま家に帰りました。

昨日も補習があり、その後も先生に呼び出され、

先生に連れられ理科室に行くと先生はテレビを付け、

「見ろ!これ誰かわかるか?」

とニヤニヤ笑いながらいいました。

映っていたのは先生にオマンコを舐められ、

気持ちよさそうに喘いでいる私でした。

「あの時、お前とHした光景をビデオで隠し撮りしておいたんだ。

これをばらまかれたくなかったら言うことを聞け」

と言われました。

うまく編集したのか先生はほとんど映っていなくて、

私が喘いでいるところや、挿入され出し入れしているところだけです。

先生が映っていれば反撃できたのに

先生はカーテンと鍵をしめると

「服を脱げ!」っと言いためらっていると

「言うことが聞けないのか?ばらまいていいんだな?」

と脅してきます。

あきらめて制服を脱ぎ全裸になると、

「机の上で足を開いて座れ」

と命令され言われたとうりにすると

「オナニーをしろ」と命令されました。

目の前にはビデオを置き

「早くやれよ!現役女子高生が学校で、

オナニーするとこちゃんと撮ってやる。

スケベなJKの放課後エッチってタイトルにしてやるからな」

と私を見て笑っています。

あきらめて左手で胸をいじり、

右手をオマンコいじり中指でクリトリス刺激すると

「はぁっ!あ」

と声が出てしまいます。

自分でもびっくりするほど濡れてきて

お尻に垂れ流れてくるのがわかります。

「変態だな脅されて、

そんなにマンコからいやらしい汁垂れ流して」

と責められ余計興奮してきて、

クリトリスをイジル中指がだんだん早く動き

クチュクチュいやらしい音が響いてきます。

「変態女です。犯してくださいって言え」

と言われ私は

「私は変態です。先生の好きにしてください。

犯してください。」

と汗だくになり泣きそうになりながらお願いすると、

「俺に何してほしい?」

と聞かれ

「私のべちょべちょのオマンコをこの前みたいに舐めてください。」

とお願いし自分から両手でオマンコを拡げクリを剥き出しにしました。

先生は私にディープキスをし顔中を舐め回し、

また私の口に吸い付いてきます。

私に上を向かせ

「俺の唾液飲み込んだら好きなだけ舐めやる」

と唾液を垂らします。

私は夢中で先生の口にちかずき飲み込みました。

すると私の頭を撫でてしゃがみこむと

鼻先でクリを突き息を吹き掛け足の付けねを舐めて

剥き出しにしているクリを口に含み舐めてくれました。

気持ち良くてオマンコ拡げてた手を放してしまい、

先生の頭を足で挟み顔を手で押しつけ狂ったように喘いでいると

先生は急に舐めるのをやめてしまいました。

「やめないでください。」

と言うと先生は

「俺が舐めてるのをちゃんと見てるなら続けてやる」

「見てます。だから・・・」

と先生を見下ろすとまた続けてくれました。

また足できつく挟みオマンコに先生の顔を押し付けると

先生は私を見ながらクリを吸い続けます。

「先生っ先にイッテもいいですか?」

と聞くとそれに答えるように、

さっきより早く舌を動かしクリを軽く噛み付き

それを繰り返します。

足がガクガク痙攣してきて

「イクッ、いっちゃうぅ」

と叫びいってしまいました。

「まだ終わってないぞ」

といって先生は大きなオチンチンで私の顔をぺちぺちしてきました。

「クリだけでいいのか?」

と聞かれオマンコに指すら入れてないことに気付きました。

今まで彼氏としてもイッタ事はなくて、

クリより穴が自分は感じると思ってたのに‥

私は先生のモノを舐めくわえようとしたんですが

口にはいりません。

一生懸命舐めていると、

指をオマンコにいれ激しくかき回し、

もう片方の手でオッパイを強く揉み

「ここはどうしてほしい?指一本じゃ物足りないだろ?

こんなにも濡らして!」

と言い次は二本入れ激しくかき回します。

始めは二本いっきに入れたのできつくて痛かったけど

すぐクチュクチュ、ぐちゅぐちゅと音が鳴り

「おかしくなっちゃう先生っダメっ、

いやっオシッコ漏れちゃうっ」

私は潮を吹き気を失ってしまいました。

気が付くと先生は私の乳首を吸っていました。

私が気が付いた事に先生は気付いていなくて、

美味しいそうにチュウチュウ音をたて吸い付いたり、

反対の乳首を飴の様に転がし舐めています。

その姿を見て興奮し乳首を責められ気持ち良くて

オマンコはまた洪水して来て腰をクネクネ振っていると

「気が付いたか?」

と言いオチンチンをクリトリスに押しつけてきます。

「いやらしいオマンコに先生のオチンチン入れてください。」

と言うと先生は横になり

「自分でいれろ」

と言われ私は先生にまたがり

オマンコに押しあてゆっくり奥までいれました。

「どうだ?俺のチンコは?」

と聞いてきました。

「硬くて大きくて今までで一番大きいです。

先生のオチンチン、すごく熱くてオマンコおかしくなりそ」

「そうか。お前の体は綺麗だぞ。

まだオマンコ綺麗だしおっぱいも大きいのに垂れてないからな」

と言って下からおっぱいをわしずかみにして、

下から突き上げてきました。

子宮にあたって痛気持ち良くて、

お腹を押さえると先生のオチンチンの動きが伝わります。

先生はおっぱいから手を放し綺麗だよと

下からビデオを撮っていました。

「ヤメテ!撮らないで」

「何で?スケベなとこいっぱい撮って一緒に見よう」

と言い片手でビデオを持ちもぅ片方は腰を抑えつけ、

さっきより激しく突き上げてきます。

オッパイが揺れて苦しいから自分で抑えつけてたんですけど、

ビデオに撮られてると思うと興奮し、

乳首を引っ張ったり揉んだり喘いでいると先生は

起き上がり乳首を吸ってくれました。

私は先生の頭を抱え、

もう片方は先生が吸い付いてないほうの乳首を引っ張ったり

揉んだり夢中で、腰を振りまた一人でイッテしまうと、

先生は私を持ち上げオチンチンを抜き、

私を四つんばいにさせるとオマンコを拡げビデオを撮り続けます。

四つんばいから私は胸と顔を床に付け手を後ろに回し、

自分のオマンコ拡げ

「私のオマンコ気持ち良くないですか?

先生ののオチンチンさぁの、オマンコじゃダメですか?

さぁばっか気持ちいいです」

と言うと

「気持ちいいよ。」

と私が拡げたオマンコを舐め穴に舌を入れ、

出し入れしいっきにオチンチン入れ腰を振ります。

私は自分から

「先生のいっぱい中に出して奥にっ」

と言うと

「あっ!イクゾ!出る」

と言って二人して横になっていました。

気が付くと、もぅ夜7時をすぎていて、

すると先生は

「明日は休みだしうちに泊まるか?

月曜日まで気持ちよくしてやる」

と言われ私は先生の家についていきました。

最初は単位が欲しいだけだったのに、

今ではこの男性教師のペニスに魅了されてしまった

スケベな女子校生なんです・・・


PAGE TOP