プロポーズを無視して他の男と結婚した彼女【エロ体験】

約20年前の話です。

私は顔も悪く、女性と付き合った事もなく、今まで何度かアタックしてみても断られるばかりでした。

そんな私が25才の時、あるサークルで2歳年上の女性に一目惚れをしてしまいました。

その女性はアグネスチャン似のとてもきれいな女性で、私は断られる事を覚悟にアタックしました。

最初は何度か断られていたのですが、やっとお茶する事ができました。

そしてドライブに誘い、デートもできるようになり、家に誘いました。

私は23歳で一軒家を買ってそこに1人で住んでおり、その彼女を泊める事ができました。

そしてその彼女と一緒に寝て、ブラジャーを外すと、とてもデカイオッパイで乳首が真っ黒でした。

私はそのオッパイをしゃぶり、揉んで、楽しんでいました。

そして全裸にしてから彼女の体を舐めまくりました。

当時私は童貞でしたので、初めての緊張で勃起はしませんでした。

しばらくすると彼女は眠ってしまい・・・そういう事が数か月続いて結婚を申し込みましたが、彼女の返事がありませんでした。

ある日、

「私、キャバクラで働く」

という彼女の言葉。

私はもちろんとめましたが言う事を聞いてもらえずに、彼女はいなくなってしまいました。

そして5年過ぎた頃、偶然その彼女と再会しましたが、他の男と結婚をしていました。

私は、

「5年前に結婚を申し込んだのになぜ、他の男と結婚をしたのか?」

と問い詰めました。

「ごめんなさい、あなたの事は考えていたのよ。でもあの時は、結婚を考えてなかったのよ」

と言われました。

そして、電話番号だけを知りました。

私は悔しくて何度も電話して、旦那に内緒でディズニーランドに遊びに行く事ができました。

その日、彼女は白のミニスカートでした。

私はそれを見て興奮してしまい、興奮したままディズニーランドに行き、アトラクションを楽しんで、踊りを見ていたりお芝居を見ていたり。

隣に座っている彼女の太ももがパンティースレスレで、私は何気なく太ももを触り、ミニスカートの中に手を入れて、パンティーの上からおマンコの割れ目を触っていました。

耳元で

「好きだ、好きだ」

と囁いていました。

すると、彼女もまた興奮してきたのか、低い声で

「ここでパンティ脱ごうか?」

と、とんでもない事を言っていました。

私は、声を出さずに、

「うん」

と頷くと、彼女はお芝居を見ながら自分でミニスカートの中に手を入れて、パンティーを脱いでくれました。

そのパンティーをバックに入れてミニスカートをめくると、ノーパンでおマンコの毛が見えていました。

わぁーノーパンだ、と私はすごく興奮してきました。

そして、園内を歩きながら、

「このミニスカートの中はノーパンだ」

と思いながら乗り物に乗り、隣で座っている彼女のミニスカートの中に手を入れて、今度は生のおマンコを触り、指を穴に入れて徐々にネチョネチョに指が濡れてきました。

私はその指を口に入れて舐めて5年前の彼女を思い出していると、彼女の方から、

「帰りにラブホテルに行く?」

と言われ、私は嬉しくなりました。

ディズニーランドの帰りに電車に乗り、ノーパンの彼女はミニスカートが揺れるたびにおマンコが見えるのでは?お尻が見えてしまうのでは?と私は心配しながら、ラブホテルに着きました。

部屋に入ると、彼女はミニスカートをめくり上げてM字開脚をしてくれて、おマンコを丸出しで指で広げてくれました。

私はもう我慢できずにおマンコに顔を付けて舐めまくり、悶える彼女を全裸にして、オッパイを揉むと前のオッパイの張りがなく萎れていました。

でもオッパイはオッパイだと思い、萎れたオッパイを揉んでしゃぶり全身を舐めまくりましたが、おちんちんを見ると元気なく、ふにゃふにゃでした。

「何でこんな時、勃起しないの?」

と自分でがっくりきました。

そしてその後、彼女と連絡ができなくなりました。

終わり。


PAGE TOP