修学旅行だからかいつもと雰囲気が違った【エロ話告白】

修学旅行最終日って割と弾けるよね。

俺達男3人、女3人はクラスの超真面目派だった。

他の部屋がうるさいので避難。

つか真面目すぎて、周りに邪魔者扱いされて自然に1つの部屋に集まってきた。

他の部屋ではタバコと酒盛りが始まっていたが、もちろんこの部屋だけがひっそりとしていた。

先生も最終日は大目に見ているらしい。

俺達はいつも群れる6人ではあったが、この日だけは何となく雰囲気が違った。

6人のうち、AとB子とは半年位前から付き合っていた。

どこまで進んだのかと4人で追及すると、キスまではしている事を知った。

4人で、ここでヤレとはやし立てると、この2人は俺たちの前でキスをした。

しかも、舌交換ありありのキス。

俺と他の3人はキスの経験はなく、また、目の前で舌が絡んでいるのを見て激しく興奮した。

そのうち、Cが2人に、

「この関係は絶対キスだけのはずがない。もう少し先に行っているだろう・・」

と追及した。

すると、修学旅行最終日という事で、気持ちが弾けているのか・・・Bまでは経験済である事を告白・・・。

4人ではやし立てても、2人が激しく拒否していたが、

「真似だけ」

という事で、2人はとりあえず抱き合った。

キスの後、体を密着させるようにしつつ、手を胸に・・・そしてスカートの中に・・・・・。

俺はマジで興奮して2人を見ていた。

ふとCの方を見ると、D子の胸に横から手を伸ばしてモミモミしているではないか・・・。

俺はマジでびっくりした。

この場の雰囲気に流されて、そんな事を興味本意でする2人とは到底思えないほどの堅物の2人だったからだ。

次にE子の方に目をやると、E子も2つのカップルがモミモミしているのに気がついたが、興味が隠せないのか、2つのカップルを交互に見つめていた。

俺は、あの真面目なE子がそういう目で2カップルを見つめているのも信じられなかったが、E子は小学生の時には同じクラスだった事もあり、いたずらのような胸タッチ位はしていた。

俺はどうかしていたのか、その時のような感じで、E子の横に座り、胸をちょっと触ってみると、

「H」

とか

「変態」

とかいうリアクションがあるかと思いきや、全く拒否されなかった。

俺はそのまま、他の2人と同様、モミモミしていたら、他の2人のカップルは、ズボンの上からチンコを触っている。

俺はなんとなく、俺1人で触っているのは悪いと思い、チンコに手を導くとズボンの上からそっと触ってきた。

Aがスカートの中に手を入れた時、俺もそうした。

薄い1枚の布越しのまむこがマジで柔らかくて、E子がほんとに愛おしいと思った。

AとB子はそこまでしか経験していないため、そこで終わりとなった。

4人は、Bはもちろん初体験だった。

その後、学校に戻ってからE子に何とかして2人きりになるように仕向け、何となくふってみたが、E子はあまりいい返事をしなかった。

興味はあるものの、他に好きな人がいるらしく後悔してるようだった。

そこで

「2人の秘密を固いものにするためにあと1回だけ、口止めで」

という風に話を仕向けて、学校の倉庫で同じところまでした。

制服の上から胸を揉み、その後、スカートの中に手を入れ、パンツの上からマンコをさわさわって感じである。

俺が布1枚だけで触っているので、ズボンを脱いで、E子もパンツの上から触らせた。

震えた手で勃起したチンコを触ってもらったのは、布1枚越しとはいえ感動であった。

E子は今度ははっきり感じている事が分かった。

しかし、そこから先にはお互い怖くて進めない。

そのうち、17時過ぎになり、お互い身繕いをして帰った。

2時間があっという間だった。

その後、E子は平静を装っているようでいて、微妙に2人きりになるのを避けている(職員室にプリントを取りに行くなどの時でも友達を呼ぶなど、絶対2人きりにはなろうとしなかった)ので、俺はE子はもう無理だなと思った。

俺は元々他に好きな人がいたが、あの強烈な思いでE子がめちゃくちゃ愛おしいような感情が芽生え、失恋したような気持ちになっていた。

2ヶ月ほどして、今度はD子と2人きりになる機会があった。

意外な事に、修学旅行の日の事をD子の方から振ってきた。

Cとはそれ以降何もないとの事。

ただD子は

「ああいう事になるんだったなら、○○君の方が良かった・・」

と呟いた。

意外に思ったが、D子がそうしたいならという事で、この前の倉庫に連れ込んだ。

そして同じように・・・・。

D子とはその倉庫であと2回した。

全く同じように。

どうもD子は、ただもう一度経験したかったようだが、Cを好きな友達に悪いので、Cを誘う訳にもいかず、俺にかまをかけてきたようだった。

D子はマンコは見せてくれなかったが、胸は見せてくれた。

乳首を吸うと声が出るほど、感じてびっくりした。

D子とは3回のアバンチュールで終了した。

高校を卒業して、最初に帰省した夏休み。

E子に偶然あった。

たどたどしい挨拶の後、ちょっとお互いの近況報告で話し込んだ。

その後、

「修学旅行の事覚えてる?」

と聞いてみた。

「覚えてる」

と言ったけど、ちょっときっぱりした口調だったので、もしかしたら後悔していたのかもしれない。

(もっとも、セックスした訳でもないので、そんなに怒られる事もない事だと思うが)。

そしてその年の秋、俺は全く関係ない彼女のリードにより、初体験。

甘酸っぱい世界の先に、素晴らしい世界がある事を知った。

ただ、今から思うと、E子やD子に対する愛おしいと思う感情も、その初体験の彼女も、恋愛感情より性的な感情が恋愛だと思っていたのかもしれない。

下半身で愛するという時期もあるんだね。


PAGE TOP