僕が住んでいた島の儀式【エッチな体験談】

僕が初体験をしたのは二十歳の時で、そのころ家庭の事情で遠縁の親戚の家で預かってもらわれていたときのことです。

海に囲まれた島で携帯も通じないような田舎でした。
そこで家事を手伝いながら渡し舟に乗って大学受験の為の塾などに行ってました。

体が生まれつき弱かったので学校も休むこともあり、高校も遅れて卒業しました。

[adrotate group=”1″]

ここに来てから半年も経たないうちに初体験をしたのですが、その場所は山の中腹にある“神様を祭る古い神殿”でした。
この村では山と海の収穫を祝う祭りがあるのですが、その中で神様から恵みを貰ったお礼として人間が神様にお礼として、「子孫を繁栄します」という誓いをするのです。
その誓いというのは神殿にある上座と像の前で、実際に子供を作る行為をするものなのです。

それに選ばれるのは神様の前に新たな生殖を行うものを捧げるという意味で、思春期の(私の場合は違いますが、順番で回ってくるので村の中学生や高校生)童貞の男子と処女の女子(村の子供はみんな)です。
選ばれた男子と女子が皆の前ですっぽんぽんになって、今まで「おちんちん」「おめんめん」と呼んでいたものを生殖器にして結合するのです。

その祭りの儀式で僕は初体験をしました。
(儀式なので初体験といえるかは分からないのですが)

村での儀式は15年ぶりだったとのことで、村の長老や大人は大変喜んで満足していた様子でした。
それはこの儀式をしないことで、死人が多かったり、作物が育たなかったりして影響があったと考えていたからです。

でも少子高齢化の典型的な村であり、思春期の子供は村にいない状況なのでなかなか出来なかったとのこと。
他にはその行為に関してですが、神様の前で今まで生殖行為をしていなかったものを新たにさせることで、神様の目の前で子孫繁栄の誓いをするわけなので、男の子のおちんちんにかぶせ物をすることはできないのです。
(僕もピンク色の亀頭丸出しのまま、女の子の穴が上から下りてくるのを待っていました。)

・・・ということは、十代の女子が孕む可能性がある為(実際に孕んだ15、6歳の女子多数)、女子の親が嫌がって村から逃げることもあったそうで、なかなか儀式を行うのも苦労するわけです。
儀式で僕の相手だったのは、高校生になったばかりの舞子ちゃんという子でした。
髪が長くておとなしそうなお嬢様風でした。
可愛らしい感じで、彼女は僕の半年前にこの村にやってきました。
お母さんが亡くなっておじいちゃんのところにやってきて、ここで学校に通っています。

彼女の祖父は村の長老の友達なので「思春期の女の子が来て儀式が出来る」と、生贄にされるのはすぐに決まりました。

彼女自身も奥手で性の知識が乏しかった為、祖父の言いなりになりました。
村のおじさんに恋心を抱いていたようでしたが、実際にはおじさんが見ている前で裸で僕の勃起したおちんちんを下のお口で咥え込んで吐息を漏らしたり、あまりの衝撃で泡を吹いたりする姿を見せてしまったのですが・・・。

そういう状況で、歳は取っていたが僕が村に来たので、周りはいよいよ儀式が出来るのではと考えたのです。

儀式の流れはまずこんな感じです。
村の子供たちの成長具合は学校の身体検査(僕もされました)の中で学校の先生が確認する。
(こういう風習が重視されるので未成年や学生の性交もこの儀式では黙認とのこと。それ以外では問題視されるのだろう。)

学校の身体検査は男の子はパンツのみ。
女の子はブラとパンツのみで計るので体の成長は分かりやすいのです。

先生は男の子の股間の膨らみなどを見て、性器の発達を見て、女の子は胸のふくらみやパンツの中をのぞいて成長具合をみます。
(男の子はみんな白のブリーフなのでもっこりが分かりやすい。)

僕の場合は外人並のちんちんなので、はちきれんばかりにもっこりしていたので先生も目を白黒させていました。
股間の重みでパンツが下に垂れ下がったり、膨張していたからです。
すぐにでも儀式をやったほうがいい。勿体無いと言われました。

また異性と付き合った経験がないかなど、処女・童貞であるかはもちろん確認します。
(僕も調べられましたが、手を繋いだことがあるぐらいでした。)

学校以外でも村の共同浴場などで裸を見られた時に大人が判断して「◯◯は儀式が出来るのでは」と判断するそうです。



PAGE TOP