喪女のロストヴァージン【エロ体験】

私は典型的な喪女で、友人さえほぼいない小中高時代だった。
運動も勉強もそこそこなので目立たない。
身長はあったけどモデル体型ということもなく。
かといってピザでもない。
中学までは天パ全開のニキビ顔だった。

高校は地元から離れたので少し生まれ変わろうとした。
髪はロングでストレートに伸ばして毛先はゆる巻き。
化粧で顔は軽く作ってみた。
おそらく見た目は人に不快感を与えない程度だっただろうけど、いかんせん中身が無い。

話し掛けてきた人とは会話が続かず友情が築けない。
笑顔が作れないので近寄りがたいと言われる。
友達もいない彼氏もいない。

最終的にはホモ漫画しか趣味がなくなった。

学校とアニメイトと家しか行動範囲のない高校生活が終わる。
大学に入ると同時に、これではだめだと決意してバイトを始める。
ここでも3年間は高校生活の繰り返し。
大学、アニメイト、バイト、家の行動範囲。

ある時、転機が訪れる。
美人のフリーターAさんが同じバイト先に入ってくる。
Aさんがなぜか私を気に入ってくれて、よく話すようになる。
就学してからほとんど初めてくらいに出来た友人。
Aさんは今まで行ったこともないような所に連れて行ってくれた。
お洒落なカフェでお茶をする、バイト帰りに居酒屋で飲む、ショッピングをする、上司の愚痴を言い合ったり家族の悩みを打ち明けたり、普通の人がすることを初めて一緒にしてくれた。

Aさんは美人なのでよくナンパされた。
ついでのように私もメアドを聞かれたけど交換しなかった。
そんな私をAさんはいつも「勿体無い」と言って笑っていた。

Aさんは優しかった。
私のことをいつも「可愛い」と言ってくれた。
会う度に「おしゃれだね」と褒めてくれた。
それがくすぐったいけど嬉しくて、Aさんが大好きだった。

Aさんとはあまり恋愛の話はしなかった。
過去の話を聞かれても答えられる材料はないし、でもなんとなく処女だとも言い辛くてはぐらかしていた。
そんな時もAさんは突っ込んでこないで笑っていた。

Aさんと出会って1年が経った頃、またナンパされた。
大手証券会社と大手銀行のサラリーマン。
見た目も今までになくイケメンで、Aさんも珍しくテンションが上がっていた。
いつもは適当にあしらうだけなのに、誘われるまま飲み屋に行った。

Aさんはおしゃべり上手でイケメン二人と話が盛り上がっていた。
おしゃべり上手ゆえに私にも話を振ってきて困ったけど、イケメンも乗ってきて結局会話に混ぜられた。
普段あまりしゃべらない方なので、緊張して喉が乾いてしまい少し飲むペースが速かった。
というよりなぜかグラスが空くと新しいグラスが置かれているので飲み続けていた。
気付いた頃にはかなり酔っぱらっていた。

Aさんは優しかった。

「○○ちゃん(私)酔っぱらっちゃったね、楽しかったもんね、今日はうちに泊まりなよ」

Aさんの家に初めて呼ばれて、酔っぱらった頭でめちゃくちゃ嬉しかったことは覚えてる。
飲み屋を出てタクシーに乗ったとこで意識が途切れてしまった。

次に気が付いた時、耳に入ってきたのは喘ぎ声だった。
まだ酒の抜けてない頭では状況が把握できなかった。
ぼんやりと明るい部屋でAさんが男の上に乗ってるのを見て、“あ、セックスしてるんだ”とわかった。
思わず自分の服を見て、まったく乱れがないことを確認して、そらそうだと納得もした。
その時Aさんが私に気づいて、男の上から離れてこっちに来た。

「起きたねー。大丈夫?気持ち悪くない?」

裸であること以外はいつもと変わらないAさんに私が頷くと、Aさんはまた笑った。

「やっぱり○○ちゃん可愛いね」

そう言うとAさんは私にキスしてきた。
初めてのキスは変な味がした。
意味もわからないうちに男がそばにいて、服を脱がされ始めていた。
あっさり脱がされて、上下揃ってない下着に男が若干笑ったのだけはしっかり覚えてる。

男「緊張しなくていいよ。酔ってるとあんまり痛くないと思うし、優しくしてあげる」

Aさん「○○ちゃん初めてなんだから丁寧に優しくしてね」

そこからはあれよあれよと愛撫され、男とAさんに次々キスされながら、気付けば貫通してた。
Aさんは変わらずに優しい声で話し掛けてきて、怖くはなかったけど変な気分だった。

次の日、目が覚めたら部屋にはAさんと男二人と私がいた。
特別変な空気があるわけでもなく、Aさんの作ってくれた朝ごはんをテレビを見ながら4人で食べて、Aさんの部屋を私と男二人で出た。
男Bが車を取りに行っている間に、男C(おそらく私に挿入した人)が話し掛けてきた。

「昨日のことだけど、Aちゃんが君のこと『可愛いのに自信がないのは男を知らないからだ、男を知ったら自信が出るはずだから協力してくれ』って言ってきたからなんだ。ナンパじゃなくて本当は前から知り合いなんだよね、騙してごめん。正直、本当に処女だと思ってなかったからあんなことになったけど、○○ちゃんさえよければちゃんと付き合いたいんだ。責任取るわけじゃないけど、可愛いと思わなきゃエッチできないし、○○ちゃんと付き合いたい」

明るい中で見る男Cはイケメンで、言ってることは最低で、二日酔いだし考えるのもしんどかったので頭は横に振った。

男Cは「そっか」とちょっと笑って、男Bの車で送ってもらった。

その日のうちにAさんから電話があった。

「Cくん、○○ちゃんのこと本当に気になるみたいだよ。可愛いって思われてるんだよ、付き合わないの?○○ちゃんは可愛いんだよ?」

Aさんの声はやっぱり優しくて、本当に思ってることしか言ってないんだと思った。
AさんはAさんなりの優しさとか友情とかで昨日みたいなことを仕組んだんだろうなと思ったら、怒る気持ちも湧かなかった。
ただ、根本的な部分でAさんとは理解し合えないんだろうなーと思うと、それが悲しくなった。
その電話を切った後、私はAさんのアドレスを消してバイトも辞めた。

それでもファーストキスがAさんで良かったとは思う。
処女は戻ってこないけどね。


PAGE TOP