大学の合格祝いに水商売のお姉さん達に逆レイプされ強制筆おろしww【エッチな体験談】

僕は大学受験の結果発表を見にいきました。
結果は合格!某国立大学に受かったのです。

当時、僕の家は母と僕の二人暮らしでした、所謂「母子家庭」でした。
父が事故で早くに亡くなったからです。

母に苦労を掛けたくないとの思いから、
塾にも行かず一人で必死に勉強し
大学に合格する事が出来ました。

看護師だった母に連絡して合格を伝えると
「本当に頑張ったね(泣)」と喜んでくれました。

そして、母と次の日にレストランでお祝いをしようと話をしました。
その日は母が夜勤で朝まで仕事だったからです。

その頃、僕達家族は、4世帯が入居するアパートに住んでいました。

中年夫婦、お婆さん1人、
友達同士で同居する20代後半位のお姉さん達、そして僕達家族です。

中年夫婦は水商売の仕事をしていたから
近所付き合いはありませんでした。

でも、お婆さんとお姉さん達には親しくして貰っており、
3人は、僕の合格を知ると、我が事の様に喜んでくれました、

特にお姉さん達は、色々と大学の事などを聞いてくれました。
良かった~と抱きしめてくれました、高校生の僕には刺激的でしたが。

夕方位になって、友達から電話があり
合格祝いをカラオケ店でする事になり、皆で騒ぎました。

皆、受験が終わり進路が決まり、ほっとして騒ぎたかったんだと思います。

その時、初めて酒を飲みました、耐性が無かったのか直ぐに酔っ払い
友達に担がれて帰るはめになりましたが。

「大丈夫か!ちゃんと鍵開けて寝ろよ!鍵も閉め忘れるなよ!」
と友達の声が聞こえていました。

「はーい」と返事はしたものの、
自分のアパートの部屋のドアにもたれ寝てしまいました。

意識が朦朧としながら大きなベットの上に寝かされていました、
自分の部屋ではありません。

すると女の人達の声聞こえてきました、
同じアパートのお姉さん達だと判りました。

お姉さん1:  ねえ、本当にするの?

お姉さん2:  決めたでしょ!この子にしようって!

お姉さん1:  でも、なんか可哀想ね

お姉さん2:  酔っ払って意識ないから、大丈夫よ!

お姉さん1:  そうね!顔は普通だけど背もそこそこ高いしね!

お姉さん2:  それに〇〇大学に入学するぐらいだから頭も悪くないしね!

お姉さん1:  じゃあ、やっちゃおうか(笑)

お姉さん2:  うん、やっちゃいますか(笑)

そう話すとお姉さん達は僕の服を脱がし全裸にしていきました。

お姉さん:1   久しぶりに見る男の身体ね!

お姉さん2:   うん、でも浮気しちゃあダメよ!

お姉さん1:   判ってるわよ!

お姉さん達は、僕にキスしてきました、一人ずつ交代で。

そして、僕の身体を二人で舐めまわしてきました、
思わず「あ、ああ」と云う声を漏らしてしまいました。

お姉さん達は、僕のチンチンに手を掛けました。

お姉さん2:   意外に、この子大きいわね!

お姉さん1:   うん、凄いわね(笑)

お姉さん達は僕のチンチンを舐めまわしてきました、
二人で竿の部分を舐めたと思うと、次は一人が亀頭、
もう一人が玉を含んでいきました。

お姉さん2:   もうガマン汁がこんなに垂れてる(笑)

お姉さん1:   やり過ぎると、出しちゃうわ、この子!

お姉さん2:   そうね!そろそろ入れちゃいましょうか!

お姉さん1:   ねえ!私からやっていいかな?

お姉さん2:   もう仕方ないなあ!良いよ(笑)

お姉さん1:   じゃあ、お先に(笑)

お姉さん1は僕のチンチンをオマンコにあてがうと
一気に挿入していきました、ニュプと云う感触と一緒に。

お姉さん1:   ああ、久しぶりの男!いいわー、ああ~ん!

お姉さん1は僕のチンチンを中心に腰を動かしていきます、
その時、僕のチンチンに軽い痛みが走りました。

女性経験の無い僕のチンチンには、
お姉さんの腰の動きが耐えられなかったんだと思います。

思わず、痛い・・・やめてよー・・・痛い・・・・・と唸ってしまいました。

お姉さん2:   この子、痛いって言ってるわ!初めてだったのかな?

お姉さん1:   じゃあ、童貞貰っちゃったね、私!ねえ、起きちゃいそうだら、
この子にお酒飲ませておいて!

お姉さん2:   うん、判った!

お姉さん2は、僕にキスすると口移しで、お酒を飲ませてきました。

お姉さん2:   これで大丈夫よ!

お姉さん1:   ありがと(笑)

お姉さん1は、更に腰を動かしてきました、すると僕のチンチンにも変化が。

僕のチンチンに痛みが無くなり気持ち良くなってきました。

そうなると、童貞の僕では快感に耐えられる事が難しくなってきました。

僕:        ああ、あああ、・・・・ああ

お姉さん2:   この子、逝きそうになってるわ!

お姉さん1:   ああ~ん、私も逝きそう!この子大きいから良い位置に当たって!
意外に気持ち良い~!

僕:        ああああああ、あー・・・・あ・あ・あー

お姉さん1:   逝く、逝く、ああ~ん、逝く~

僕は、おねえさん1の中に出してしまいました、ドクドクとチンチンから
精子が出されました。

お姉さん1:    この子、いっぱい出したわ!

お姉さん2:    凄いわ!精子が粘ってるわ!貴女のオマンコからいっぱい出てるわ!

お姉さん1:    次は貴女よ(笑)

お姉さん2:    その前に、また勃てせないとね(笑)

お姉さん達は出したばかりの僕のチンチンをシゴキ始めました。

お姉さん2:    凄い、もう勃った(笑)

お姉さん1:    若いからね(笑)それに受験勉強してたから溜まってたんだよ!

お姉さん2は僕のチンチンに生フェラし、お姉さん1は僕の乳首を舐めてきました!

そして、お姉さん2も僕のチンチンにオマンコをあてがい一気に挿入しました。

お姉さん1:    どう?この子のチンコなかなかいいでしょ?

お姉さん2:    うん、良いとこ当たるね!それに若いから固いわー!

お姉さん2も僕のチンチンを中心に腰を動かしていきます、
ニュチャニュチャと音をたてながら、
お姉さん1も僕にキスして舌を入れてきました。

僕:         う、う、ああ、あああ、ああー

お姉さん1:    また、逝きそうになってるわ!この子!

お姉さん2:    ああ、ああ~ん、私も逝っちゃううう!

お姉さん1:    そうよ!逝っちゃいなさい!そして妊娠するのよ!

お姉さん2:    逝くーーー

僕は再び、精子を出しました、今度はお姉さん1の中に出しました。

それから、お姉さん達は僕の横で話を始めました。

お姉さん1:    これで妊娠するかな!私たち!

お姉さん2:    きっと妊娠するよ!この子若いから精子も元気だよ!

お姉さん1:    そうね、きっと妊娠するね!

お姉さん2:    ねえ、保険の意味で、もうちょっと、この子でやろうか!
若いから、まだまだ元気だよ!

お姉さん1:    そうね、だったら、もうちょっとお酒飲ませておきましょ!
目が覚めると厄介だから!

お姉さん2:    そうね(笑)

再び、お酒を口移しで飲まされ意識が朦朧となりました。

顔にオマンコを押し付けられたり、
二人がかりで生フェラされて射精するところを見られたり、
一人がチンチンをオマンコに入れている間
もう一人が僕の顔にオマンコを押し付け

お姉さん達二人でディープキスをするなど
断片的に覚えている程度です、ハッキリしませんが。

ただお姉さん達の声で

この子、さすがに8回も出したら勃たなくなったね(笑)

が記憶にあるような、ないような。

そして、朝目覚めると、僕は服を着てお姉さん達の部屋で寝ていました。

お姉さん達は、僕が酔っ払って部屋の前で寝てしまっていた事、
危ないから自分達の部屋まで運び寝かした事を話してくれました。

お姉さん達は僕の朝食まで用意してくれていたので頂き、お礼を言って
自分の部屋に戻りました、チンチンが痛かった事を覚えています。

それから、3ヵ月後、お姉さん達は引っ越して行きました
、郊外に一軒家を購入したそうです。

そして、僕は大学に入学し卒業し公務員として県庁で働きました。

県庁で働き始めて半年が経過した頃、お姉さん達に偶然出会いました。

男の子二人を連れて、パスポートの申請に来ていたのです。
家族でハワイ旅行に行くそうです。

パスポートの申請には戸籍謄本が必要ですが、
お姉さん二人には子供一人ずつしかおらず、未婚になっていました。

どちらも4歳で誕生日も2,3日しか変わりません。
しかも、どらちもよく似た顔をしていました。

お姉さん達は僕にニコっと笑顔を見せ帰って行きました。

自宅に帰り、僕の幼稚園時代の写真を見ると、
あの子供達に、よく似た僕が写っていました。


PAGE TOP