童貞の僕が女上司との混浴露天風呂でまさかの筆下ろし【エッチな話】

まだ23才の時だった。

会社の女性の上司(当時28才だったと思う)とある秘湯温泉に

仕事に関するスケジュールの調整と打ち合わせのためにでかけた。

片道2時間はかかる遠い場所だったので

その日は会社に戻る必要はない出張扱いだった。

彼女の運転で朝早く出かけ、9時半ごろには着いた。

山の中のまさに秘湯だが人気があるらしく

週末は宿泊客で満員になるが平日はがらんとしていることが多いそうだ。

宿の女将さんとの打ち合わせは午前中に終わった。

その後、女将が「せっかくだからお風呂に入っていってください」。

その宿は多くの風呂があり、人気は川べりの混浴露天風呂。

他に男女別の内湯が2つずつと、混浴内湯が 2つ、

やはり川べりの貸しきり露天風呂が2つある。

平時の昼で客はほとんどいなく、人気の混浴露天か貸切風呂もOKとのことだった。

また女性のために混浴専用のバスタオルが用意されており、

女性も安心して入浴できるとのこと。

彼女が「じゃあ、その川べりの混浴露天にお願いします。あなたも一緒に入りましょう」。

庭を通り、川べりに簡単な作りの風呂があった。

小さく狭い所に脱衣棚と籠が男女反対側にあり、誰もいなかった。

私はいわゆる普通のタオルで前を隠して湯船に行くと

彼女がバスタオルを巻いてきた。

女性と風呂に入るなんて初めてのことで、

バスタオル1枚だけでその下は全裸かと思うとちょっとどきどきしたが上司でもあり、

まあ何も起こることはないだろうと思っていた。

ぬる目の湯で、お湯はどんどん流れ込んでおり、景色はすばらしい。

雑談しながらお湯に浸かっていたら、若いカップルが来て、

「ご一緒させていただいてもよろしいですか」と声をかけてきた。

彼女が「どうぞ、かまいません」と返事する。

バスタオルを巻いた若い女性と

タオルで前だけをちょこんと隠した若い男性が入ってきた。

気さくで話し好きなカップルらしく、4人で雑談が始まった。

そのカップル、若いけれど夫婦で、高校の同級生同士、

卒業後3年後の昨年結婚したそうだ。

週末は仕事日、休日は水,木とのこと。

比較的近くの町に住んでいてこの温泉には何度もきているとのことだ。

平日だとこの混浴露天風呂にも誰おらず、

バスタオルも使わず貸切霧風呂と同じように全裸で入浴することが多いとのこと。

上司の彼女が「じゃあ、今日もバスタオルを取って全裸になりませんか」、

「いいんですか。じゃあ、そうしましょう」。

女性同士の会話でそう決まり、4人とも全裸になった。

そのカップルの夫のおちんちんは、奥さん相手に使いこなしているためか

堂々としているように見えた。

私はまだ童貞。

カップルの奥さん、清楚な顔をしているが、陰毛は黒々と広く茂り、

なかなかの迫力。

私の上司の陰毛はなぜか縦に細長い。

割れ目に沿ってきちんと手入れしているのかな。

初めて見るしかも2人の女性の全裸ヘアヌードに私は目が釘付けになり、

ぼけっとしてしまった。

1時間ぐらいは入浴していたかな。

帰りの車の中で、女性の全裸ヘアヌードを堪能し、

興奮していたので、運転している上司の女性に、

「あのお、さっき一緒にお風呂に入れさせていただき、ありがとうございました。それで私のおちんちん、破裂しそうになっています。鎮めたいです」。

「そりゃそうでしょうね。無理もないわ。じゃあ、この近くに私の知っているラブホテルがあるからそこによっていきましょう。ところであなたは今までに何人の女性とセックスしたことあるの?」。

「まだ一人もいません」。

「まじっ。じゃあ童貞。本当なの。それなら筆おろしをしてあげる。

ラブホテルの部屋に入ると、彼女はさっさと裸になり、

「風呂には入ったところだからすぐにやりましょう。あなた初めてなのね」。

私をベッドの上で仰向けに寝かせ上からまたがり、

私の勃起しているペニスをつかむと彼女の割れ目にあてがい

ぐいっと腰を落としてきた。

私のペニスが彼女の割れ目の中に入っていった。

でもすぐに射精した。

彼女は私の上に覆いかぶさり、しばらくしてから、

「これであなたは童貞ではないのよ。筆下ろしはどうだった。気持ちよかった?」。

風呂にはいると彼女はペニスを洗ってくれた。

「あなたはまだ非常に若いから何度もできるわね。男の人はおちんちんを女性に入れ、射精するととたんに何事にも自信がつくようね。さっきの露天風呂の若い夫婦、きっとセックスも盛んにしてるは。あのだんなさん、若いけどどことなく自信があるような感じしなかった。おちんちんを毎日満足させているからかな」。

またペニスが勃起した。

「じゃあまた始めましょう。今度は正常位でしましょう」。

彼女はベッドの上に仰向きになり、

「お風呂ではヘアしか見てないでしょう。女がどうなっているかよく見せてあげる」。

両足を上げて大きく開いた。

初めて見る割れ目の中。勃起しているペニスがスムーズに入っていく。

感激だ。

何度も何度も挿入射精を繰り返した。

帰りは私が運転した。

「先輩はラブホテルをよくご存知のようですけどよく行かれるんですか」。

「そうね、まちまちだけど週に2回ぐらいかな。相手はいろいろだけどセックスは男と女の大事なコミュニケーションでしょ。相手の気持ち、性格もなんとなくわかるわ。でも女性には妊娠と生理があるからそれには気を使う細やかさがない男の人はいやね。男の人は精液が溜まるはね。あなたもきっと彼女ができるでしょ。彼女ができるまで、我慢できなかったら私がお相手してあげてもいいわよ」。

ヘアの形を聞くと

「露天風呂の女の人のように私もヘアは濃かった。すごい豪毛だね言う男性もいたわ。エステに通って形を整えたの。中にはヘアをまったくなくしてしまう人もいるわ。ハイジニーナというの。でもヘアがないと子供みたいでしょ。それにヘアが好きの男性も多いから、形だけ整えたの」。

私もそれから何人か彼女ができ、いろいろ楽しんだ。

いろいろな秘湯、混浴も楽しんだ。

混浴を頭から気G来する女性と、興味がある、面白いと言う女性もいる。

男も女もまちまちだ。今は結婚して子供もいる。

筆おろしをしてくれたあの女性上司、

今はやはり結婚して、仕事もバリバリ続けている。

あの話に触れたことはない。


PAGE TOP