レオタード姿の先輩に誘われアナル中出しまでした童貞喪失体験【エロ体験】

サザンが、勝手にシンドバッドで衝撃デビューした頃、

僕は高校の弱小バスケ部に居た。

1年からレギュラーだったが、

試合で大差負けが続きヤル気が全くなかった。

しかしなぜ辞めなかったのか…

それは、僕のスケベ心を満たしてくれるものがあるからだ。

バスケ部の隣で、女子の新体操部がいつも練習してたから。

その中でも、キャプテンのルミ先輩(仮名)は、

顔、スタイル共に抜群で県大会3位という実力の持ち主。

オマケに僕らバスケ部の野郎共に

「頑張って練習すれば、きっと勝てるから」と

アイスの差し入れとかしてくれる、優しい先輩でした。

僕はルミ先輩のことが、大好きになり、

授業中も頭から離れてませんでした。

ルミ先輩は、普段の練習の時は、

レオタードの上から、Tシャツとか、ジャージを着ていますが

(これでもかなりセクシーなのです)

ある時期になると、僕のスケベ変態スィッチがONになります。

インターハイなどの大会の前は、

衣装に音楽も本番を意識して、練習します。

この時は体育館のフロアーを全部使うので、

バスケ部の野郎共は皆んな見学します。

「バスケ部の皆んな、練習中断させてゴメンなさい。

あとから感想聞かせね。」と、いつもの優しいルミ先輩が、

真剣な表情に変わりボールを手に、演技をはじめました。

この日の衣装は、白を基調にしたレオタードで生地が思いのほか、

薄く感じられルミ先輩のアソコの部分に、

縦スジが浮かび上がっています。

演技中のルミ先輩はうっすら汗と激しい動きで、

レオタードの薄布が身体に張り付き、

小さい乳房のせいで、かえって乳首のカタチが

クッキリ見えて薄布をいまにも、突き破りそうです。

この時点で、僕らのチンチンは、フル勃起の先走り汁で、

パンツヌルヌル状態です。

お尻は、レオタードが食い込んで、

軟式テニスのボールのようなお肉がはみ出しています。

演技が終わるたびに、ルミ先輩が食い込みを左手の指で直す姿が、

一番興奮し、その日のオナニーのおかずになります。

そして、アソコの縦スジは、激しい動きに大陰唇も耐えきれずに、

クッキリおまんこの、お披露目です。

あんなに食い込んでいるのに、陰毛がはみ出さないのは、

全部剃ってるからだと、学校中の噂でした。

4種演技を終えたルミ先輩は、タオルで汗を拭きながら僕らに

「演技どうだった?」と聞いてきました。

(おまんこの縦スジと、

お尻の食い込みを直す仕草がとても良かったです)

とは、言える訳もなく、

「素晴らしい演技でした。強いて言えば、少し表情が硬かったのと、

最後ら辺で、曲と動きが少しズレてたみたいで…

生意気いってすいません」

「〇〇君は、的確にいつもズバリ言ってくれて、参考のなるわ。

今度の大会是非応援にきてね。約束よ!」

憧れのルミ先輩から、そんなこと言われて

(今まで生きてきた中で、一番幸せな気分)

岩崎○子ちゃん状態になりました。

大会が終わり、ルミ先輩は惜しくも優勝を逃して

表彰台で、涙を流していました。

僕はほぼ毎日ルミ先輩のレオタード姿を思い浮かべて、

オナニーしてました。

いつも射精するときは、ぼくの両手でレオタードを引っ張り上げ

お尻の穴が、はみ出るまでくいこませ、

クッキリ縦スジの部分にチンチンを擦り付けて、いきます。

しかしこの日から、しばらくルミ先輩をおかずに

オナニーすることが出来ませんでした。

純粋な気持ちで、新体操に打ち込んでいた、

ルミ先輩の涙を見たら自分が最低のゴミみたいな、

人間におもえたからです。

ルミ先輩は、卒業し東京の大学へ行きました。

新体操は辞めて、外交官になる夢のため猛勉強してるそうです。

僕は二年生になり、ルミ先輩の言われたように、

バスケに真剣に取り組み県大会でベスト8までいくようになりました。

その年の夏休み、ルミ先輩は学校を訪れました。

相変わらずの、美しい容姿に大人ぽさも加わり

遠くからほんやり眺めてました。

その後思わぬ展開が待ち受けていました。

ルミ先輩から、デートに誘われたのです。

当時は、映画に行くが定番で、今では何を観たか覚えてないけど、

その後の事は、昨日の事のように覚えています。

映画の後、喫茶店で思い出話しで盛り上がりあっと言う間に、

時間が過ぎて行きました。

「〇〇君に色々話したいことがいっぱいあるけど、

此処だと話しにくいから、私の家にこない?親も旅行でいないから」

(もしかして、とてもヤバイ…いや何かいいことがありそな)

ハイ、いきます!

ルミ先輩の家で、話しの続きをしました。

「わたし本当は、新体操嫌だったの

何故かわかる?

あんないやらしい格好して皆んなに見られるのよ…

女友達からも、(あなた恥ずかしくないの?

おまんこのカタチ、モロじゃん。

クラスの男子皆んなオカズにしてる)って言われて

先生にも、相談したら

(採点競技だからすこしくらいHな方がいいの) て言われるし

イヤイヤ練習してたのね…

そしたら

いつ頃からか、見られてると意識したら、

アソコがジワッと濡れるようになって、

身体が熱くなって変な気持ちになったの…

そして、〇〇君たちが見学するようになってから、

もう頭がおかしくなってきて、

いやらしい格好を見せて私も興奮してたの…

特に君の視線を強く感じてたんだからね

だからあの後、トイレでオナニーしてたの…

レオタードを思い切り引っ張て、食い込ませて

おまんこのビラビラと、いやらしい毛と、

お尻の穴と、みんなはみ出して、指でクリ撫で回して、

おまんこグチュグチュ言わせて、最後は

君がおチンチンを、無理矢理おまんこに、挿れるとこ想像して

そしたら、おまんこの汁と、

オシッコがいっぱい出てきて、いっちゃうの…

結局私は、性欲を満たすためだけに、新体操していた、

変態女子高校生だったの」

ルミ先輩は、胸に詰まった何かを、

一気に吐き出すように、喋りました。

「僕がいやらしい気持ちで、見てたせいで、

先輩に辛い思いさせてたんですね…」

「そうよ!だから今日は責任とってもらいますからね…

何でも言うこときくのよ」

僕は、拒否できずに、ルミ先輩の言う通りにしました。

ルミ先輩は、隣の部屋で着替え戻って来た。

その姿は、白いレオタード姿でした。

少し、ふっくらしたルミ先輩には、

レオタードが、きつそうだった。

そのせいか、食い込みが強調され

以前よりさらにエロさが、増している。

そして良く見ると、レオタードの下には何もつけてないではないか!

乳首は、立って乳輪も透けて見える。

おまんこの毛が、いやらしく絡み合い何本かは、はみ出しいる。

「後ろからも、よく見て」

ルミ先輩が、四つん這いになり

お尻をつきだした。レオタードの股の部分が、細い紐状になって、

ビラビラと、肛門のシワシワとマンコから肛門にかけての縮れ毛が、

マン汁をいっぱい染み込ませて、光っていた。

「今からオナニーするから、君もシコシコして…

そして挿れたくなったら、おまんこでもお尻の穴でも好きな方に、

おチンチンぶち込んで」

僕は、童貞なのでルミ先輩に、

「初めてなのでやり方がわからない」と言いました。

「その時は、わたしの方から挿れるから大丈夫よ」

ルミ先輩は、四つん這いのまま、マンコとお尻の穴を、

いじくり回しマン汁をいっぱい床に、垂らして

「ちんぽ早くぶち込んでェ~」と絶叫しています。

僕もギンギンに、勃起してきたので

レオタードの又の部分を、ずらして

初めて見るおまんこに、チンチンを挿れようとしました。

ルミ先輩の、手招きとマン汁でヌルヌルだったので、

うまくぶち込むことができました。

後は、無我夢中で、腰を動かしました。

直ぐにイクかと思ったけど案外持続する事が出来ました。

「〇〇君、凄く気持ちイィ~お尻の穴にも、ぶち込んでェ~」

ルミ先輩は、完全に変態メス豚になってしまっている。

東京で何があったのだろうか?

ルミ先輩の言われたとおり、お尻の穴に、チンチンをぶち込んだ。

童貞喪失の日に、一気にアナルセックスまでいってしまい、

一瞬恐怖を感じたが、マンコより、強い締め付けで、

我慢できずにいきそうになった。

「ルミさん、いきそう…」

「お尻の中に、精子いっぱいだして」と、言われ

同時に射精してしまいました。

ルミ先輩の、お尻の穴から、僕の精子が逆流し、

おまんこからはマン汁と大量のオシッコが溢れだしました。

こんな変態メス豚に、憧れて、僕はこの変態女の、

励ましでバスケを頑張ったのかと思いながら

お尻の穴に、チンチンをぶち込みました。

僕は、暫く精神がおかしくなり、

4年かけて卒業し、なんとか大学を出て就職しました。

今でも、オナニーは、しますがSEXは怖くて出来ません。





PAGE TOP