目が覚めたら、帰ったはずの女友達が俺の肉棒を咥えてて…【エッチな話】

サークルの新年会四次会の家呑み後、

男性陣が壊滅しあんまり酔ってない女性陣が送っていった

俺もかなりべろんべろんで寝っ転がって半分寝てたら

女性陣の一人Kが帰ってきた(ただいまと声がした)

目も開けずにうめいて

そのまま半分寝てたらいたずらをはじめた

Kは体系はぽっちゃりして小柄、顔は人並み、化粧っ気がうすく地味な服装

面倒見がよくノリもいい、というかノリが男性的で俺はKと親友だと思ってた

講義や飯を食いに行くのも一緒、悪ふざけもバカやるのも一緒だった

そのKが寝ている俺の鼻をつまんだり唇をムニムニしだした

目を開けるのもおっくうで呻いてだけいたらそのうちお腹を撫ではじめた

くすぐったいが起きる気力もない

そのうちぼんやりしだして完全に寝てしまった

どれだけ寝たんだろうか

ふと目が覚めてみると気持ちいいそして寒い

顔だけ少し起こすとKが俺のをくわえていた

びっくりした俺は思わず起きようと右膝をあg

膝、というか腿でKの頭を蹴り飛ばすかたちに

そしてチクッといたむ俺のモノ「えっ、あっ、ごめん」

みたいな事をお互いに言った

言ったと思う

俺はフルチンで、Kは

Kも下半身のものを全部を脱いでいて

Kは恥ずかしくなったのか素早くクッションで隠し、

俺も両手でモノを隠し…隠し…流血してる…

慌てて確認すると根元の薄皮がほんのちょっと切れていた

指に少しつく血、Kが覗きこんできて慌ててティッシュで抑えた

気づいたらかなりの至近距離で見つめあうかたち

「なんで?(こんな事をしたの?)」

と聞く俺

Kは凄く申し訳なさそうに

「酔った勢いで…」

と呟いた

何でも一度しかそういうのをした事がなく、

周りの彼氏彼女がいる仲間たちを見ていたら凄く不安になったと

そんな中の飲み会で気づいたら二人きり

俺は寝てる

もしも起きても俺なら怒らないだろう、そんな性格だと思いしてしまったと

そんなシュンとした様子で語るKを見ていたらちょっと、いやかなり興奮してしまった

それは患部を抑えてたKにも伝わったらしく

また見つめ合うかたちになってしまった

その距離のままKは

「ゴム、買いに行こっか」

と提案してきた

そして俺とKは無言で服を着替え、コンビニへ向かった

微妙な距離をあけて雪道を歩く俺とK

先を行くKが思いっきりすっころんだ

無言で手を差し出して起こし、手を繋いだままコンビニに入った

帰宅後お互い一人ずつ風呂に入った

股間を見ると既に血は止まっていた

先に俺が入っているあいだに

Kは散乱していた缶やツマミをあらかた片付けてしまっていた

俺が出てきたのを見ると

Kは「私も入る」と短くいい風呂に行った

何分くらいだろうか、結構長い間待った

そしてKがバスタオルを巻いたまま来た

「太ってるから…」

となかなかバスタオルを外さない

俺は笑いながらバスタオルをひっぺがした

Kは確かに少し肉付きが良かった

だがそれが俺には凄く魅力的な体に見えた

思わず俺はKを布団に半ば強引に倒し全身に口づけをした

「灯り消して!」

という抗議も無視しながら行為を続けた

と、口づけの嵐が下半身に到達した時異変に気づいた

Kのアンダー部分が何ヶ所かカミソリ負けして血がうっすら滲んでいる

どうやら今慌てて毛を処理したらしい

残念ながら綺麗な処理ではなかったが

逆にそれが愛おしくベロベロとなめ倒した

Kは口を手で覆い喘ぎ声を抑えていたが

そのうち手も外れ可愛い喘ぎ声をあげはじめた

続けて舐めていたら突然Kが

「あたたたたた!」と痛がりはじめた

どうやら足をピンとのばしすぎてつってしまったらしい

苦笑しながら足のつりを二人で治した

気をとりなおして続き

Kはお返しにと俺のを舐め始めた

ただそれは気持ちいい事は気持ちいいのだが

遠慮のない舌使いのため少しこそばゆかった

「もう匂いしない…」呟くK

それに反応し完全に戦闘態勢なかたちになったモノに慌ててゴムをつけ、

Kを押し倒し正常位のかたちでゆっくり貫いた

「自分の指ではしてるから激しくても大丈夫」

というKに応え、遠慮なくKを蹂躙した

Kはなんどか悲鳴のような喘ぎ声をあげて

俺はゴム越しに全部ぶちまけた


PAGE TOP