自称処女のチャット友達が遊びに来てそのままSEX【エッチな話】

年が7つ違うチャット友達がいる。

恋愛相談とか乗ってあげたり、冗談っぽくシモネタ話になったりする4年ぐらいの仲。

友達は、親戚が東京にいるので年2回ぐらい上京して遊びにくる。

まぁ兄妹のような関係。

チャットで会った頃は、向こうは学生で彼氏いたんだがまだバージンらしい。

それで別れた後、

「4年間も彼氏いねーー彼氏欲しーーーあーおばさんになってくーっ」

なんて言ってた。

で、今年7月夏休みを利用して遊びにきた時会う事に。

まぁ定番のディズニーシーなんか連れてった。

もちろん、俺も男だから下心がないわけではないけど、紳士的に振舞った。

夕飯食った後、俺の部屋を見たいと言い出した。

チャットでよく、”俺の部屋狭いだの、壁薄い”だの言ってたせい。

「うーんどうすっかなぁ……」

意外に困った。

(だって何か照れるし……)

「見せてよぉ~」

と言うので

「男の部屋に女がきたら、やる事1つになるでぇ」

と言い返したら、

「私が処女って知しってるやん。襲わないくせに(笑)何ならいつでも押し倒してくれ!」

って言い返された。

まぁそこまで言うなら、と部屋に招待した。

部屋は、まぁまぁ綺麗にしてた。

「うわっ!男の人の部屋に入ったの初めてー!うわー部屋汚ねーーーっ!笑」

(男の部屋綺麗と女の部屋綺麗の感覚違うな)

「じゃーさっそく電気消してやろっか」

と冗談っぽく言うと、

「何を~?」

と笑いながら、普通のおしゃべりに発展。

TV見たりしながら仕事の話をしたり、またHな話したり。

「うわーっ俺頭が勃起してきたよー変な事言うから」

「はぁ?変態オヤジめー」

「普通だって!まだまだ若いのだ!えっへん」

「下も勃起してんじゃないの?」

「うーんどうだろな、それは内緒」

「見せろーー!見た事ないんだから!」

「やめろっちゅーーの」

「どうしても見たいか?」

「見たい!」

「……か弱いお嬢様が見たいって言うなーー!」

「げっ確かに……しかしどうなってんか見たいー!」

「うーん…」

恥ずかしいのはあるが、気持ち的に下心の方が大きくなって見せたくなってきた。

「タッチ!あっなんか大きい感じ(笑)」

「しょうがない…出血大サービス!」

って言いながらズボンから出した。

「うわっ!立ってるー面白ーい!」

「素晴らしいだろーはっはっはー」

「ちょっと握ってみようー」

「おいおい、やめろよー」

と言いながらもニヤニヤしている。

「へぇー、こんなに硬いんだー」

「おいおい、あまりいじるなよ、したくなっちゃうじゃねーか」

「私とする?」

「なーに言ってんだよ、しねーよ」

と心にもない事を言ってしまいました。

「本当はしたいんじゃないの?」

俺は迷いました。

これは押し倒しても良いって事なのか?

俺は、本能のまま行動する事にした。

「なぁ、ちょっと口でしてみないか?」

「なーに言ってんのよ」

と彼女は拒否したが、俺は彼女の顔の前へチンポを持っていった。

すると、彼女は嫌がりながらも、俺のチンポを咥え始めた。

「あぁっ」

思わず声を出してしまう俺。

堪らなくなった俺は、彼女の胸を服の上から触った。

服の上からだけでは我慢出来ずに、俺は服の中に手を入れて生のおっぱいに触った。

すると、彼女の乳首が立ってる事に気付いた。

俺はそのまま彼女の服を脱がし、乳首にしゃぶりついた。

「あぁ、んん…」

と彼女。

初めて見る彼女の乳首、処女だけあって綺麗なピンク色をしてた。

俺は彼女の乳首から顔を離し下半身へ移動。

パンティはもうグショグショ。

俺はパンティを脱がせ、彼女のマンコと対面。

処女だけあって、こちらも鮮やかなピンク色をしてた。

俺はそのマンコに舌を這わせながら、マンコの入り口に舌を入れると、

「あぁぁん」

と彼女が腰を動かした。

彼女にとっては初めてのクンニ、よほど気持ちよかったんだろう。

俺は、彼女の喘ぎ声に喜びを感じ、得意げにマンコを攻め続けた。

マンコを攻め続けると、次から次へと愛液が溢れ出てきた。

俺は愛液にまみれながらマンコを舐め続けると、彼女は、

「何かおしっこしたくなってきたー」

と言い出した。

「もうやめてー、おしっこ漏れそう…」

そんな彼女の言葉を聞いてやめるわけがない、俺は構わず舐め続けた。

「あぁ…!、出る…!」

そう言って彼女のマンコから、液体が噴き出した。

「あぁー、おしっこー」

そう言った彼女は、恥ずかしさのあまり顔を真っ赤にしていた。

彼女にとっては何もかも初めての経験。

しかも俺の前でおしっこまで漏らしてしまったと思った彼女は、半ば呆然としていた。

俺はマンコの中に指を2本入れ、更に攻め続けた。

「あぁぁあん、はぁぁ…!」

と喘ぐ彼女。

「あぁ…ぁ、またおしっこしたくなってきた…!」

俺も堪らなくなってきたので、チンポで彼女のマンコの入り口付近を擦り始めた。

すると、処女のはずの彼女が

「焦らさないで早く入れて…!」

と言い出した。

こいつ、やっぱり処女じゃないなと思いながらも、俺はマンコにチンポを挿入した。

ヌルヌルヌルー、グチュー。

チンポはスムーズにマンコに入っていった。

最後は、激しくピストンしてフィニッシュ。


PAGE TOP