俺は彼女と何も作りあげる事ができなかった【エッチな体験談】

あれは去年の10月。
俺は1人暮らしをしていた。

ごく普通のサラリーマン。
結婚を前提に(俺が勝手に思ってた)彼女もいた。

2つ年下の彼女。割と可愛い方だと思う。
脱いだら凄い系で、俺の大好きなムッチリ巨乳な彼女だった。

[adrotate group=”1″]

付き合い始めの頃は、会うたびにヤリまくった。
俺が2人目だと言っていた彼女だったが、ヤリまくったせいで徐々に開花してきていた。
ギャグでピンクローターをバイブを買ってきたら、何気に気に入っちゃって。
バイブでオナニーしながら、俺とキスをするのが大好きな彼女だった。

付き合い始めて2年ちょっと。
彼女の高校からの友人とその彼氏を含めた6人で別荘に行った。
別荘とは名ばかりで、10畳ぐらいの部屋とお風呂しかないロッジ。

俺は全員初対面で、とくに楽しい感じでもなかった。
彼女は全員と会った事があるらしく、かなりはしゃいでいた。
俺以外は全員はしゃいでいた。

酒が進み、俺は酔っ払った。
ここで雑魚寝をすると言っていたので、俺はそのまま横になって寝てしまった。
寝てても騒いでいる声が聞こえている。
うるせぇ~なぁ~と思いながら寝ていた。

何時だか分からないが、真っ暗の中目が覚めた。
俺はトイレに行って、寝いていた場所に戻ってきた。
俺は一番奥に寝ていて、隣には彼女が寝ていた。
暗くて彼女以外は誰が寝ているか分からない状態。

一度目が覚めてしまったのでウトウトしていた。
寝たり起きたりの半覚醒状態。
どのくらい時間が経過したのか分からない。
不意に女の声で目が覚めた。

「んっ・・・ダメだってば・・・彼氏が・・・いるから・・・ねっ・・・あっ・・・」

おいおい・・・誰かがヤリ始めたのか?
そう思い、耳をそばだてた。

「はぁはぁ・・・くちょっ・・・くちょっ・・・イっ・・・ダメっ・・・」

完全にやり始めてる。
と思いながら聞いていて、心臓が止まりそうになった。
この声ってもしかして・・・そうだ。
彼女の声にしか聞こえない。
俺は薄眼を開けた。
すると真横で寝ていた彼女がいない。
目を凝らすと、ちょっと離れた端っこの方が動いている。

そこはちょうどみんなが寝ていない場所。
いろいろな物が入った箱や荷物があった場所。

クチョクチョという音。
チュポチュポという舌を絡ませる音。

彼女じゃないよな・・・そんなわけないじゃん・・・。

俺はドキドキしながら耳をそばだてていた。
しばらくするとゴソゴソと音がした。
俺は見えるはずもないのに、目を閉じて寝たふりを続けた。

すると隣に誰かがやってきた。
目を開けると彼女だった。

やっぱり彼女だったんだ。

何事も無かったかのように寝る彼女。
男は誰だったんだろう。
よく見ていると、右の方に動く影があった。
誰だ・・・あそこで寝ている男は・・・っていうか、今回はみんなカップルしか来てないよな。
しかも女たちは全員高校生からの同級生で友達だろ。
友達の彼氏と浮気か?
そんな事はないよな・・・友達の彼氏を寝取るなんて、しかもこの状況で。
入れてはいなかっただろうけど、入れる寸前まではやってた。
嫌がってもいなかった。

俺はドキドキしながら冷静に考えた。
彼女に限ってそんなわけない。
でも戻ってきたのは確実に彼女だったし。
冷静になっているつもりでも、頭が混乱してきて眠れなかった。

次第に明るくなってきた。
俺は男を確かめるべく、トイレに立った。
向かいながらあの影があった付近を見る。

いた!あいつしかいない。

そこには1組のカップルが寝ていた。
いつも彼女がどこかに出掛ける時に出てくる友達の名前。
その女の子と彼氏。

トイレに行きながら思い出した。
あのカップルとはスノボーにも行っている。
温泉にだって行っている。
先月はその女友達の家で呑んで、酔ったから泊まると電話で言っていた。

もう頭の中が爆発しそうだった。

朝になりみんなが起き始めた。
全員で買っておいたパンを食べて、コーヒーを飲んだ。

「どうしたの?具合悪いの?」

彼女が俺に言った。

いつも通りの彼女。
別にやましい感じもしない。
俺の勘違いだったのか。

俺は具合が悪いと言って、部屋に残った。
彼女も残ると言ったが、気にしないでイイからと言って出掛けさせた。

夕方に別荘を出て、彼女と俺は池袋の駅で車を降りた。
疲れているからと言って、俺は1人で家に帰った。
いつもと変わりない彼女。

どういう事だ。
疑心暗鬼になる。

それから2週間後、彼女が俺の部屋に来た。
この2週間、居ても立ってもいられなかった。
そしてある情報をネットで見つけた。

彼女のメールがチェックできる方法。

彼女がお風呂に入っている時に、俺はそれを実践する事にした。
彼女の暗証番号は予想が付く。
俺は何個かの暗証番号を試した。
その中のひとつがヒットして、彼女のメール設定の画面に辿り着いた。
詳しくは書けないが、そこで俺はある設定をした。
ネットでメールが見れる設定を。

携帯を戻し、俺はPCを立ち上げた。
そして携帯サイトに入り、先ほどの暗証番号を入れる。
簡単に彼女のページが開いた。
ここから彼女のメール見れる。

なんだかスッキリしない気持ちのまま週末が終わり、平日が始まった。
会社から俺はメールをチェックした。
まだ昼過ぎ。案の定なにも無い。
夜になって急いでメールをチェックする。
何も無い。

俺の取り越し苦労か・・・。

そう思っていたが、火曜日にあるメールが飛び込んできた。

「今週の金曜日どうする?」という内容。

相手はなんとこの前の男だった。
金曜の夜に、仕事帰りに会うらしい。
彼女にメールしてみた。

「金曜日って暇?飯でも行かない?」

すると彼女からこんな返事が届いた。

「金曜はチリちゃんとご飯行く約束だからゴメン!」

チリちゃんだと?
じゃ、チリちゃんと彼氏と3人で飲むのか?

「チリちゃんと二人で?また飲みに行くのか?」

「うん。チリちゃんの家で飲む予定。そのまま寝れるしね」

完全にアウトだ。完全に浮気だった。

目の前が真っ暗になってきた。
やっぱりあの時の声は、俺の彼女の喘ぎ声だったんだ。

もう仕事も何も手が付かなかった。
彼女は心配したが、その心配も嘘だと分かっていた。
どうせ浮気している裏切り女だ。
でも好きな気持ちが残っている。

毎晩飲んだ。
泥酔するぐらい呑んで、次の日は二日酔いで出勤した。

金曜日の夜。
彼女にメールをした。

「まだ飲んでるのか?今日は帰らないの?」

時間は深夜1時。
しばらく経ってからメールがきた。

「今日は酔っ払っちゃったから、このまま泊まるねぇ~」

俺は風呂に入り酔いを覚ました。
そして2時になり、彼女に電話をした。

「どうしたの?」

彼女が出た。焦っている。
しかも息が切れている。

「イヤ・・・眠れなくてね、ごめん。おやすみ」

電話を切った。
涙が溢れてきた。

次の日の午後、俺は彼女のメールをチェックした。

「昨日は気持ち良かったよ。昨日はいつも以上に激しかったね!彼氏からの電話で燃えたのか?何度もオネダリしちゃってさ。しかも移動の車の中で、我慢しきれなくてフェラするなんて。あんなにフェラが好きだとは・・・可愛すぎるぞ!初めてのアナルご馳走様でした。アナルまであんなに感じちゃって、変態にもほどがあるぞ。くれぐれも彼氏にはバレないようにね。また来週、思いっきり抱いてあげるから。彼氏とのセックスは苦痛だろうけど我慢我慢!オナニーする時は電話してこいよ!電話でいじめてやるから。」

最悪だった。
俺の知らない彼女がそこにはいた。
アナルだと?オナニーだと?フェラ好きだと?

今朝だって帰り道だって言って電話してきた彼女。
もう何も考えられない。

俺は昼間っから飲んだ。
吐いて飲んで吐いて飲んだ。
夜になり、彼女にメールを出した。

さっき読んだ男からのメールをソックリのメールを。

そして俺はメアドを変えた。
彼女の番号も着信拒否に登録した。

次の日に新しい携帯電話を買った。
昼休みに不動産屋に電話をして、今週引っ越したい旨を伝えた。
仕事の都合で申し訳ないが・・・と。

木曜日に休みをもらい、俺は1人で引っ越しをした。
レンタカーで借りた2tトラック。
朝早くから夕方過ぎまで掛かった。

新しい部屋へと向かう車中。
俺は泣いた。
2年間で何も作りあげる事ができなかった。
信頼関係すら。
もしかしたら、彼女が家に来るかと考えたが・・・結局来なかった。

俺はひたすら泣いた。
もうこんな体験はまっぴらだ。



PAGE TOP