妹の彼氏君を誘惑【エロ話】

私は20歳の大学生です。

私には17歳と14歳の二人の妹がいます。
大学が家から遠いため一人暮しをしている私ですが、長い休みの期間はなるべく実家に帰ることにしています。
これは今年の夏休みの話です。
7月のテストが終わり、実家に帰省した私は暇を持て余していました。
二人の妹には彼氏がいるようで、夏休み期間中ということもあり、妹たちはよく彼氏を自分の部屋に呼んでいるようでした。

[adrotate group=”1″]

そんなある日、上の妹は彼氏と旅行に行き、下の妹は遊園地でデートだと言って家には私ひとりになりました。

私が居間でボーっとテレビを見ているとまだお昼前だというのに下の妹が彼氏を連れて帰ってきました。
その日の朝、妹たちは遊園地に行くと言って出ていったのでしばらくは帰ってこないだろうと思っていた私は、短パンにノーブラでキャミソールというラフな格好でした。

妹と目が合って彼氏を紹介されたので軽くお辞儀をしたら、妹が「やだ~、お姉ちゃんノーブラじゃん。オッパイ見えてるよ~」と言いました。

しまった、忘れてたと思ったときにはもう遅かったです。
妹の彼氏、シンイチ君にもバッチリと見られてしまいました。

自分で言うのもなんですが、私は痩せているのに結構胸が大きい方なので、中学生の男の子にはちょっと刺激が強すぎたかなぁと思い、シンイチ君の方を見るとシンイチ君は慌てて目を逸しました。

その日はそれで終わったのですが、それから数日後のことです。
シンイチ君が妹を訪ねて家にやってきました。
どうやらデートの約束をしていたようなのですが、妹はすっかり忘れて渋谷に買い物に行ってしまったのです。

慌てて妹に電話をすると、「あと1時間くらい見てから帰るからシンイチに待っててもらって」と言いました。

でも、渋谷から家まではどんなに急いでも2時間弱はかかります。
シンイチ君をそのままにしておくのもなんなので、とりあえず居間に案内しました。
シンイチ君に妹はあと3時間くらいしないと帰って来ないと言うと、少し怒ったようですが待ってると言いました。

シンイチ君にジュースを出し、居間で二人でテレビを見ていました。
微妙に会話もなく、気まずい雰囲気が漂っていたので、私はシンイチ君に妹とはどんな感じなのかを聞いてみることにしました。
照れてなかなか話そうとしないシンイチ君をからかうように私は「妹とはどこまでいったの?」と聞いてみると、恥ずかしそうに「キスまで」と答えました。

「エッチはしてないんだ?」と聞くと、「エッチはまださせてもらえないんだ」と言いました。

我が妹よ、なかなか固いねぇ。

私は純情そうなシンイチ君にいじわるな質問をしてみました。

「この間、私の胸見たでしょ?」

するとシンイチ君は「ごめんなさい・・・」と言い、顔を真っ赤にして下を向いてしまいました。

「謝らなくてもいいよ、別に。で?どうだった?」
「い、いや・・どうって聞かれても・・・」

「なに?」
「・・・大きいなぁと」

シンイチ君は恥ずかしそうに答えました。

「ほんと?」
「・・・あ、はい」

「大きい胸好きなの?」と聞くとシンイチ君はコクンと頷きました。

「リカ(妹)は小さいもんね~」と言うと、シンイチ君は首を振って「胸は関係ないです。僕、リカのこと好きですから」と意地らしいことを言います。

もう、シンイチ君ってすっごい可愛い。
すっかり気に入った私はシンイチ君をもっとからかってやろうと思いました。

「また見たい?私の胸」

さらに真っ赤っ赤になって下を向くシンイチ君。

「見せたげよっか?」
「・・・は、はぁ」

私はシャツの前ボタンを外して脱ぎました。
今日はちゃんとブラを付けています。

「どう?」
「え、え、ちょっと・・・マジですか?」

焦るシンイチ君。
でも目線はしっかり私の胸に来てました。

「結構おっきくない?Eだよ、E」
「す、すごいっす・・・でも・・」

「でも、何?」
「どうしてこんなこと?」

「だって、シンイチ君が見たそうにしてたから」
「い、いや、そんな・・・」

「別に触ってもいいよ」
「え・・・?」

私はシンイチ君の手を掴み自分の胸にあてがいました。

「う、うわぁ・・・でけえ・・・柔らかい・・・」

最初は遠慮していたシンイチ君でしたが、ニッコリ微笑んであげるとゆっくりと強く揉み始めました。

「あは、どう?大きいのはいい?」と聞くと、シンイチ君は何回も頷きました。

「ホック外してくれる?ちょっと痛いから」と私が言うと、シンイチ君は手間取りながらなんとか背中にあるホックは外しました。

シンイチ君の目の前に私の胸がポロンと零れ落ちると、シンイチ君の視線は私の乳首に釘付けになりました。

「すごい・・・本物は初めて見た・・・」と言い、すかさず乳首をクリクリと触ってきました。

「あん・・・ダメェ」と言い、体を捩ると「ご、ごめんなさい・・・」と慌てて手を離すシンイチ君。

可愛い♪

「う~そ、いいよ触っても」

シンイチ君は飽きることなく、ず~っと胸を揉み続けていました。

「舐めてもいいですか・・・?」と、初めてシンイチ君から言ってきました。

「え~、どうしよっかな~」と私が焦らすと、我慢し切れなくなったのかシンイチ君は私の乳首に吸い付いてきました。

「あん、まだいいって言ってないのに。もう」

必死で私の乳首を舐め回すシンイチ君。
時計を見ると、まだ妹が帰ってくるまで2時間以上あります。

「ね?エッチしよっか?」

私はシンイチ君の顔を胸から引き剥がし、思いっきりキスをしました。
舌を入れると、シンイチ君もぎこちないながらも舌を絡め合わせてきました。
たっぷりとキスをしたところでシンイチ君の股間に手を伸ばすと、ズボンがパンパンに膨れ上がっていました。

「あららら、すごいことになってるよ?」と言うと、「・・・すいません」と言い、また下を向いてしまいました。

「舐めたげよっか?」
「え・・・?そんな・・」

照れるシンイチ君のズボンのベルトを外し、ズボンを下げると立派なオチンチンが真上を向いて現れました。

これがかなり大きい。
太さはあまりないけどすっごく長い。
完全に大人のオチンチンでした。

「すごい、おっきいね」

私はシンイチ君のオチンチンを口に入れ、ゆっくりと舐め始めました。

シンイチ君の口から荒い息遣いが聞こえてきます。
舌を使って先っぽの方を丁寧に舐めてあげると「あ、やばいっす・・・もう・・」と言って、すぐにシンイチ君はイってしまいました。

口の中にドバっと広がる生暖かい液体。
すごい量で、ビックリしたけど全部飲んであげました。

「ご、ごめんなさい・・・」

謝るシンイチ君。

「なんで?いいよ、別に。気持ち良かった?」

シンイチ君は恥ずかしそうに頷いていました。

「ずるいなぁ、シンイチ君だけ気持ち良くなって」
「あ、あの・・どうすればいいですか?」

シンイチ君は困った顔をして聞いてきました。
私は履いていたスカートを脱いでパンティーのみの格好になり、シンイチ君の方にお尻を突き出すように四つん這いになりました。

「今度は私の番だよ」と言い、お尻を振るとシンイチ君はおそるおそる手を伸ばし、パンティー越しに私のアソコを触ってきました。

「うわ、なんかすごい濡れてる」と、シンイチ君はビックリしていました。

「そうだよ、女の子は気持ちいいと濡れるんだよ」

「脱がしてもいいですか?」
「うん」

シンイチ君の手が私のパンティを一気に下ろしました。

「わ、初めて見ました・・・」

興味深そうに顔を近づけて食い入るように凝視する視線。
アソコもお尻の穴もまる見えの体勢の私。
シンイチ君は最初は指でアソコを弄くったりしてましたが、しばらくすると顔を近づけて私のアソコを舐め始めました。

「あん・・・気持ちいい・・・」

私が体をくねらせると、お尻を鷲掴みにされて固定されました。
その上で、シンイチ君はアソコとお尻の穴を一所懸命に舐めてくれました。
多分時間にしたら10分くらいは舐め続けられていたかもしれません。
ぎこちない舐め方で決して上手いとは言えないけど、めちゃめちゃになるほど舐められて、それだけで2回もイってしまいました。

「ねぇ・・・、入れてよぉ」
「は、はい」

慌てたように顔を上げるシンイチ君。

「入れる場所わかる?」と聞くと、「たぶん・・・」と言って、バックの体勢でオチンチンを私のアソコに押し付けてきます。

なかなか上手くいかないようなので私が補助してあげると、シンイチ君の長くて硬いオチンチンがにゅるるっと私の中に入ってきました。
やっぱり大きい。

「あん・・・すごい」
「んんんん・・」

シンイチ君は気持ちよさそうに吐息を漏らしながら、ゆっくりと腰を突き出してきます。
根元まで完全にすっぽりと収まると、体の奥の奥まで貫かれたような感覚でした。
これは過去最高かも・・・。

「なんかすごい・・・あったかくて気持ちいいっす・・・」と言って、シンイチ君はゆっくりと腰を動かし始めました。

これが超やばいくらい気持ちよくて、とても童貞とは思えないくらいでした。

「ああ・・んん・・・あん・・・すごい・・」

腰を動かすことに慣れてきたのか、段々とシンイチ君の腰の動きが激しくなり、シンイチ君が一回腰を突き出すたびに私はすごい声で喘いでしまいました。
童貞の子が相手なのに不覚(?)にもすぐにイカされてしまいました。

シンイチ君も「あ、ダメっす・・・」とイク寸前。

オチンチンを抜こうとした瞬間、私のアソコの中に熱いものが放出されました。

「あああっ、やばい」

シンイチ君は慌てて離れましたが時すでに遅し。
思いっきり中出しされてしまいました。

「あ~、中で出したなぁ~」と言うと「ご、ごめんんさいっ。ど、どうしよう・・・」とオロオロしていました。

私は生理直前だったし、大丈夫でしょと言いましたが、シンイチ君は蒼ざめた顔で謝り続けていました。

「もういいよ。大丈夫だから気にしないで。それよりお風呂入ろう」

二人でお風呂に入ることにしました。

お風呂で二人で洗いっこをしました。
お互い手にたっぷりとボディソープを付けて、手で相手の体を洗いました。
シンイチ君は私のオッパイが好きなようで、ずーっとぬるぬるした手で揉み続けていました。

私がシンイチ君のアソコを洗ってあげると、さっきたくさん出したばかりなのにもうビンビンになりました。

全身ボディソープまみれのまま、お風呂の床でぬるぬるエッチをしちゃいました。
正常位の体勢から始めて、私が上になったり下になったりしながら狭いお風呂場で激しく求め合いました。
もう全然中出しも気にならなくなり、多分シンイチ君は3回くらい私の中に射精したと思います。
シンイチ君のタフさにびっくり。
やっぱり若い子は違うなぁと思いました。

私も覚えてる限りで4~5回はイってしまいました。
妹が帰ってくるとまずいので、慌てて二人でお風呂から上がりました。

お風呂から上がって髪などを乾かして元通りになった後、30分くらいして妹が帰ってくるまでずーっと二人でキスをしていました。

その頃にはシンイチ君も結構キスが上手くなってきて、キスしている間中、舌を絡ませてきました。
まるで恋人同士のような感覚でした。

「このことは絶対妹には秘密だよ」と念を押したところで妹が帰ってきました。

何食わぬ顔で妹を迎え入れると、妹は早速シンイチ君を連れて出掛けて行きました。

シンイチ君もタフだなぁと思い、苦笑いしてしまいました。



PAGE TOP