妻は淫乱な白衣の天使【エロ話】

当時、結婚前21歳の彼女は、私との結婚間近にも関わらず、不倫・不貞行為と承知の上で、彼女の上司である男と寝てました。
間抜けな事に、その男を結婚式に妻の上司来賓として席に座らせて、お祝いのスピーチまでさせていたという始末。
もちろん結婚後も仕事を続けていましたので、関係が切れる訳も無く続いていました。
発覚後、妻に白状させた事です。

[adrotate group=”1″]

始まりは、病院職場の懇親会。
酒の飲めない彼女は同僚や上司を家へ送るタクシー代わりをいつもかって出ていて、その日、最後の家となった上司主任を送るなか・・・。

「互いに遊びを承知で付き合おうよ。他に男を知らないで結婚しちゃうんじゃ勿体ない。若いうちにもっと楽しまなきゃ」

・・・などと口説かれ、そのまま公園駐車場へ行き、成り行きの雰囲気でやってしまったというのです。
互いに看護師で夜勤勤務ももちろんあって、一緒の夜勤の時は同僚の目を盗んではキスやスキンシップを行っていたのだという。

具体的な行為を白状させると、妻がナースステーションの高い机の下へ潜り、肉棒を舐めたり咥えたり。
仮眠室で交代の際、わずかな時間で抱き合い、勤務が二人だけの時間帯は診療室で過ごしていたと言うのです。
夜勤明けはハイテンションのままホテルへ直行、欲望に任せ抱き合っていたのだという。

待ち合わせのパチンコ屋へいつもの指示通りスカートの下は何も履かず、ノーパンのまま男の車に乗り込み、ホテルまで助手席から肉棒をしゃぶり、咥え、妻は花蜜を弄られながらホテルへ到着。
シャワーを浴びることもせず、ベッドで行為を始めたというのです。

携帯も無い時代。
二人は交換日記をロッカーでやりとりしていた。
このノートの存在で浮気が発覚した訳なのです。
(今も私が隠して保管中です。)

中に書いてあった「お馬さんの椅子でのセックスは最高。またあの部屋へ行こうね。公園ブランコでした時よりいい気持ちだったよ。心の妻より」と、昼間から大の大人がイチャついてブランコにただ乗っていたのではなく、ノーパンの妻は挿入され繋がって乗っていたのです。

結婚後の妻のそんな不倫に気付かなかった理由は、妻を信用していたのはもちろんの事ですが、病院の勤務は意外と不規則で、前からそんな勤務を承知で結婚もしましたので、全く疑いもしなかったのです。

平日勤務で夜、男と会う時は「懇親会で今日も運転手なので・・・」と私に理由を作って、それでも時間があまり遅くにならない様にいつも河川敷の車の中でのヤッていたと言うのです。
病院では何食わぬ顔で上司と部下、同僚として対応していたようですが、一度二人きりになれる状況が発生すればスイッチが入っていた様です。
妻の身体は決してスタイルが良いとは言えませんが、男好きのするややぽっちゃり型の体型です。
「抱き心地が良い」と男は何度もノートに書いていました。

男なら誰でも夢に見る行為を実際に、しかも病院内という聖域で楽しんでいたとは・・・。
もはや呆れたと言う以上に、病気では無いのかと考えてしまいます。

ノートには・・・。

「もし赤ちゃんが出来たらそれはMさんの子供」
「貴方の好きなレミマルタン買ったから~。飲んで元気つけてもらって私を可愛がって。いっぱいして出してね」
「S子のハルン(おしっこ)はどんな酒より美味いぜ。もっと飲ませてくれ~」

・・・すでに変態行為にまで至っていました。

妻のあそこは男に言われるままにノーパンでいて、一体どの様な状態になっていたやら。
いつでも挿入OKの状態に濡れ濡れになっていたに違いないでしょう。
太ももをマン汁が伝わり流れ、悶える様をどう周りに誤魔化していたのでしょう。
これらが、大まかですが白状した妻の痴態です。

最初、たまたま持っていたホテルの割引券をもらったとか言い訳をしていたが、スタンプの日付が前日であったのと、あまりにもタイミングが良すぎて、問い詰めた結果、浮気をした事を認め、妻は詫び、「相手は昔の友達で、本当にもう絶対にしません。ごめんなさい」と本気で(嘘でしたが・・・)謝っておりました。

21歳、若い年で結婚、昔の仲間と火遊び程度の浮気だったと信じ、その時は何も聞かずに許しました。
しかし、ノートを半年後に見つけた時は、すべてが明らかになり、妻のすべてが嘘だった事、不倫の様子など・・・全てに怒りを爆発させ、相手にも容赦はしませんでした。
相手の家にも押しかけ、家庭を崩壊!職場は退職に。
もちろん妻も辞めさせました。

その後、結婚一年目で離婚し、今は再婚して子供もおります。
しかし当時の事を思い出し、他の男に自ら股を開き、受け入れ、喘ぎ、喜んでいた前妻の事を想像すると、嫉妬、怒りに矛盾するかの様ですが、思い出す度に自らの股間が痛く大きく腫れ興奮しているのです。

我が性癖が『寝取られ夫』に大きく変化している事に気づいてしまったのです。



PAGE TOP