彼女の弟に寝取られていた話【エロ話告白】

彼女は2つ年下で、友人が誘ってくれたバーベキューで出会いました。

簡単なスペックは、156cmで華奢な体に不釣り合いなEカップ。

男の経験人数は俺以外で3人。

ちょいロリ系の幼い顔立ちなので、よく学生に勘違いされるらしい。

ちなみに24才です。

一応名前はミホとしておきます。

お互いにフリーで俺の強引な誘いのおかげで、出会って2カ月後には付き合い始めました。

結果的には1年半ちょっとの付き合いでした。

付き合いはいたって順調で、ぼんやりと結婚もチラついていたぐらいです。

ミホもそれらしき発言もしてたし、家に行って両親にも何度か会っていました。

ちなみにミホは付き合って半年ぐらいでやっと積極的なエッチをしてくれるようになりました。

ロリ系の見た目のくせに実は性欲が強いらしく、しかもイキ出すと連続でイク体質。

元彼と経験してたローターなどのオモチャ類も好きで、俺がヘトヘトになるぐらい求めてくる絶倫系でした。

少しSっ気があるようで、騎乗位で俺の反応を見ながら腰を振ったり乳首舐めしてくるし。

俺が喜ぶからと口内射精&飲精もしてくれてました。

だから俺は素直に自分の性欲を曝け出してたし、ミホもそうだと思い込んでいました。

事が急変したのは3ヵ月ほど前です。

彼女の両親が旅行に行くと言うので、土曜からミホの自宅へ泊まりで遊びに行ったんです。

誰もいないと思っていると夕方過ぎに弟が帰宅し、3人で夕飯を食べる事になりました。

弟は4つ離れていて大学生。

今時の端整な顔立ちで、ちょっとクールな印象。

多分普通以上にモテるんだと思う。

俺は弟と仲良くした事すらないから、食事中も馴れ馴れしくは会話しなかった。

ミホが間を取り繕ってるだけで、正直ちょっと居心地が悪かったかな。

夕飯が終わって弟が2階へ行ったので、俺はミホと2人で酒を飲みながらTVを見たりしてた。

ソファーで並んで座ってたから、いつものようにミホの体を触り始め、ちょっかいを出したんです。

実家だからなのか弟がいるからなのか、ダメだよぉ・・と軽く拒否。

それでも巨乳を後ろから激しく揉みまくるといつものようにスイッチが入り、舌を激しく絡ませ合うディープキスでエッチ開始です。

弟を気にして声は出さないものの、いつも以上に濡れてる感じだった。

「聞こえちゃうからダメ」

と言われ、ミホは口でイカせようとしてきました。

ミホのフェラチオは俺のツボを良く知っているので、油断してると強引に射精させられます。

フェラだけで終わりたくないから強引に押し倒し、ソファーで挿入しました。

ビチャビチャに濡れまくりだったからスムーズに入り、入ってしまえがミホは諦めてのってきました。

座位で腰を振りまくるミホは、何度か喘ぎ声を発してしまい、その都度口に手を当てて堪えるんです。

その仕草が可愛くて乳首や首筋、耳などを愛撫したり、強引に腰を掴んで振りまくったりしてました。

いつものように1度イッてしまうと歯止めの利かないミホは、弟に聞こえるんじゃないか脅えつつ連続で昇天してました。

そして最後はいつものように口に出し、そのまま飲んでくれて終了です。

何事も無かったかのように、それぞれがバラバラでシャワーを浴びました。

それで今度はミホの部屋で酒を飲み始めたんです。

数日間仕事が忙しく睡眠不足だった俺は、知らないうちに寝てしまったようです。

記憶にあるのは0時半頃だったので、軽く4時間近くは寝てたようです。

なぜかミホの姿が無く、トイレとか下にでも行ってるのかな・・・ぐらいに思ってました。

少し開けておいたベランダの窓に近寄り、煙草に火を付けて茫然と一服。

その時女の喘ぎ声が聞こえてきて固まってしまいました。

喘ぎ声か?と思って耳を澄ませましたが、喘ぎ声は聞こえません。

猫の鳴き声かなって思って煙草を吸い出すと、また小さく

「んあぁぁっ!」

みたいな声が聞こえたんです。

確実に聞こえたので耳を外に向けて、どこから聞こえてくるのか探ってました。

でもそれ以降全く聞こえなくなったので、思わず俺は静かに網戸を開けてベランダに出たんです。

窓を開ける時に少しカラッカラッ・・と音は鳴ってしまいましたが、網戸はかなりスムーズに開きました。

だからそのままベランダに出て、また耳を澄ませたんです。

寒い思いをしながら耳を澄ませていると、また聞こえました。

明らかにその声は2つ隣の部屋から聞こえてきてたんです。

ミホの部屋・両親の寝室・弟の部屋という構造になっていて、ミホの部屋と両親の寝室はベランダで繋がっています。

俺は電気の消えた弟の窓の方へ近寄っていきました。

手すりから身を乗り出し、落ちないよう堪えながら中を覗いたんです。

なんでここまでしたのかは今でも不思議に思いますが、急き立てられるように覗きに行ってしまったんです。

カーテンの端っこに少しの隙間があり、身を乗り出して覗いてみると中が見えました。

小さいオレンジ色の電気だけつけているようで、薄暗い中でもハッキリと見えてしまったんです。

ベッドの上でミホが上に乗り、下には弟が横たわっている光景でした。

ハッ!と思って覗くのをやめてしまった俺は、完全にパニくってしまいました。

そりゃそうですよね。

ミホと弟がそんな事をするわけないですから。

暗かったから見間違いだろって思いながら、ドキドキしつつまた覗いてみました。

今度はチラ見ではなく凝視です。

明らかにミホが全裸でオッパイを揺らしながら上に乗っていました。

その片方の胸を下から揉む弟もまた全裸でした。

俺は硬直したまま信じられない光景を、夢の中のような感覚で見ていました。

部屋の中から時々聞こえるミホの、思わず出ちゃったような喘ぎ声。

俺としている時のように、激しく腰をグラインドしまくるミホの姿。

それを当たり前のように下から受け入れている弟の姿。

俺は食い入るように見ていました。

しかもその光景を見ながら勃起までしてしまったのは、自分でも不思議で仕方ありません。

自分の彼女が他の男の上で腰を振りまくって感じまくってる、しかもその相手が彼女の弟・・・

ミホが腰を振るのをヤメ、今度は四つん這いになりました。

全く2人の間には遠慮もないし、ごく普通のカップルのような動きなんです。

四つん這いでケツを突き出し、当たり前のように後ろから挿れてもらうのを待ってるミホ。

目を見張ったのは弟のデカチンでした。

バックで入れようとして亀頭を擦りつけてた時、その大きさにビックリしました。

俺のなんて比べるに値しないサイズで、恐らく20cm級のデカチンです。

しかも太さもあって、それはまるでデカいサイズのバイブみたいでした。

そのデカチンを後ろから容赦なく打ちつけられて、枕に顔を埋めて喘ぐミホ。

四つん這いが次第に崩れてうつ伏せになり、足を伸ばした体勢で突かれまくってました。

根元まで打ち付けられた時のミホの反応、ケツを少し突き出してたんですが、そのケツが激しく痙攣してたんです。

窓に貼り付く様にして覗いてた俺は、ミホがイキまくってるのが分かりました。

俺とのセックスでイキまくり、途中で果てた俺の代わりにバイブとローターで攻めた時、同じように激しく痙攣してたのを思い出したんです。

弟はオモチャなんて使わず、デカチンをただ突き刺しては抜いての繰り返し。

なのにミホは痙攣してるっぽい。

自我が崩壊していきそうな気分でした。

ヒザが震えて立つ事が辛くなり、俺はそのままベランダにヘタリ込んでしまいました。

そして這う様に部屋へ戻り、ゆっくり網戸と窓を閉め、体を丸めて布団を被りました。

こんな精神状態は初めてでした。

何をどうして良いのか考えられないというか、まるで夢の中の様な気分だったんです。

悔しいとか腹立たしいとかいう感情も無く、ひたすら無という感覚でした。

どのくらい時間が経過したのか、ドアの開く音がしてミホが戻ってきました。

俺は布団を被っていたのですが、多分ミホだったと思います。

でもすぐにまた出て行って、階段を降りて行く音が聞こえました。

シャワーを浴びたんでしょうね。

それからしばらくして戻ってきたミホは、何も言わずに布団の中に入ってきました。

そして俺に抱き付いてきて、そのまま静かに寝息を立て始めました。

俺には長いようで短い感覚でしたが、かなりの時間は経過してたんでしょうね。

そんなすぐに寝付くわけないし。

結局そのまま寝る事が出来ず、俺は具合が悪いと言って朝帰りました。

ミホは心配して駅まで送ってくれましたが、まともに顔を見れない自分がいました。

それから1カ月間、何度もミホと会い、その都度エッチもしました。

相変わらずミホは激しくて、性欲の塊のようなセックスをしていました。

俺の精子を喜んで飲むし、何度も何度も昇天していた。

でもあんな風に体を痙攣させてまでの昇天は1回も無かった。

何回かは萎えてしまった事もあったけど、その都度ミホは時間を掛けてフェラチオしてくれて、復活させてくれてた。

でもやっぱりあの出来事が脳裏に焼き付いてしまって。

考えれば考えるほど鬱になっていき、仕事も手につかない状況になってきました。

だから悩み抜いた末にミホへ打ち明けたんです。

車でミホを迎えに行き、初めて車デートしたお台場へ向かいました。

ミホは喜んでくれていつも以上にキャッキャとはしゃぎ、何度も抱き付かれてはキスをされました。

そのたびに心が痛み、意味も分からず涙まで出てしまいました。

俺の異変に気が付いたミホに車の中で打ち明けました。

あの日あの夜、ミホが弟の部屋でしていた事を覗いてしまった話。

たどたどしく喋る俺に、終始無言だったミホ。

「もう耐え切れないんだ」

って泣きながら声を荒げていました。

ずっと無言だったミホの口から

「ゴメン」

という言葉が出て、それ以降は何も言ってくれませんでした。

何も言ってくれない意味を悟った俺は、車を走らせてミホの家へ向かいました。

あと10分足らずで到着する、そんなぐらいにやっとミホが喋ってくれました。

そのまま運転して黙って聞いてくれって。

弟との関係はもう随分と前から続いていて、信じられなかったけど初めての男は弟だったと言い出した。

弟が小3の頃にイタズラし始め、小6の時にセックスをしたという。

昔から仲の良かったから、その延長みたいなノリで、そのまま暗黙の了解でセックスをしまくってたらしい。

両親が共働きだったので、暇さえあれば自宅でヤリまくり。

でもこれじゃダメだと2人で話し合って、彼氏彼女は作ろうって決めたんだって。

だけどやっぱり関係を終わらす事ができず、今に至るまで関係が続いているんだって泣いてた。

ミホの自宅前に到着してもミホの話は終わらず、そのまま30分以上は告白を聞いてた。

今まで他人に言えなかった悩みが、一気に溢れ出たって感じで。

とうとう無言が続く様になったので、俺は最後に聞いてみた。

「俺と弟どっちを選ぶ?」

ずっと下を向いたまま何も言わないミホだったけど、俺はジッと答えを待った。

でもやっぱり

「ゴメン」

と一言。

そうだろうなって薄々感じてたけど、涙が止まらなかった。

「じゃーね」

「うん、バイバイ」

ミホは家に入っていった。

自宅に到着する直前にミホから謝罪と今までのお礼のメールがきた。

俺も今までのお礼を書いたけど、最後に

「両親の為にもヤメた方がいい」

って内容を付け加えておいた。

でもそのメールに対しての返信は無かった。

こんな話、友達にも言えないし、だけど1人で溜め込んでるのも辛くて投下させてもらいました。

別に今何をすべきとか考えてはいないし、文章を書いてて少し落ち着いてきました。

オナニー投稿になってしまい申し訳ありませんでした。

これで終わります。


PAGE TOP