彼女の部屋に侵入したら彼女と浮気相手のエッチを目撃【エロ話告白】

春休みに2週間位実家に帰ったんだけど、

彼女の電話での様子がいつもと違うのに気づき、

内緒で実家から戻ることにした。
 
夜9時頃自分の家に到着し、すぐ彼女に電話してみると

「これからバイト先から家に帰る」とのこと。

俺の家から彼女の家は自転車で20分位の距離なので、

何も言わず、急いで彼女の家まで行き、合鍵使って

部屋の中で待つことにした。

万が一の事に備え、靴をベランダに隠し、

テレビだけつけて彼女の帰りを待った。

この時点で「もし何かあったら…」とすでに興奮しまくって

いたが、これまで浮気した形跡もつかんだ事も無いので、

どうせとりこし苦労に終わるだろうと思っていた。

しかし、バイト先からは10分程度の距離なのに

彼女は一向に帰って来ない。2時間後にしびれを切らし、

電話をいれてみると、「もう家に帰って寝てる」と言うではないか!

それを聞いただけで俺はすでにビンビンで、彼女の部屋で一発抜いた。

そうこうしてるうちに玄関から話声が聞こえてきて、どうやら

彼女が帰ってきた様だった。俺は速攻、どこかに隠れようとしたが、

焦ってしまい、思わずベットの下にもぐり込んでしまった。

「これは間違いなくバレる」という思いと、話声の相手が男である

という事実に頭の中がパニクり、極度の緊張に陥った。

「テレビ消し忘れて出ちゃった」とか言いながら2人は部屋に

入ってきた。俺は必死で、相手の男は誰なのかつきとめようと

した。話の内容から、どうやら彼女のサークルの先輩ではないか?

と推測しながら、必死で息を殺していた。

2人は俺のもぐり込んでいるベットの上に腰かけ、会話を

続けている。先輩の就職先の話や、俺が実家に帰っている事など

どうでもいい話が2、3分続き、やがて彼女が「トイレ行ってくる」

と言ってベットを立った。俺は彼女がどんな服を着ているのか非常に

気になり、ベットのすきまから彼女の姿を確認した。

よりによって彼女は黒のミニスカートに黒のノースリーブのブラウスという

俺が一番気に入っていた服を着ており、上からピンクの薄手のカーデガンを

羽織っていた。

彼女がトイレから帰ってくるとまた2人は話し出した。必死で息を殺しながら

聞いていると、やがて会話が途切れた。「ん?どうした?」と気になっていると、

やがて「ピチャピチャ」と舌を絡ませる音が聞こえてきた。「すげー!!!」と

俺は心の中で興奮しながら事の成り行きを見守った。キスは延々と10分位続き、

それが続けば続く程、俺の頭は嫉妬と興奮でグチャグチャになった。

この光景を見たらもちろん興奮するだろうが、舌が絡み合う音や唾液を

吸う音だけを聞き続けるのも異様に想像力を掻き立てられた。

やがて男が「おまえホントにいいのかよ」みたいな事を言い、

信じられないことに彼女は「先輩のこと前から好きだった」と答えた。

この一言を契機に男は彼女の体にキスし始め、彼女の微かなあえぎ声が漏れてきた。

具体的に何をどうやっているのか見当つかないが、だんだん彼女のあえぎ声も

大きくなってきている。しかし乳首を吸う音だけは、はっきりと「ジュルッ、ジュパッ」

と聞こえてきて、それを聞くだけで俺はイキそうになった。

そのうち男が「互いに舐めよう」と言いはじめ、

何やら体勢を変えている様子…。部屋中に

「ジュルッ、ピチャッ」とやらしい音だけがするようになった。

彼女の「あー、もうだめっ」

という声と同時に、男の「ほら、ちゃんと咥えて」という指示が…。

俺はこの時、「これは69中

であることに間違いないな」と確信した。

その後、男の「そろそろ入れよっか」という合図でまたもやゴソゴソと動きだし、

彼女の

「あん、んんー」という喘ぎでベッドが激しく揺れ始めた。俺の上でやっているという

非現実感に、どうにかなりそうになったが、

情けないことに俺も一緒にオナニーをはじめた。

これだけで十分なオカズだったが、

2人が体位を変えてバックでやり始めたときの、「パン、パン」

という尻のぶつかる音は何ともいえず、最高だった。

男は10分程度でイッたみたいだったが、

その時、すでに俺は床に精子をぶちまけていた。

イッた後、2人はしばらくまったりした様子で、

やがて一緒にシャワーを浴びに行った。

その間に俺はベランダから余裕で脱出したが、家に帰ってすぐにもう一発ヌイたのは

言うまでもない。言い忘れたが男がイッた後、「服にかかっちゃってごめん」などと

謝っており、今でも彼女がデートにその服を着て来ると激しく萌えてしまう…。


PAGE TOP