中2の時、県営プールで巨乳&貧乳お姉さんコンビに捕まり・・【エロ話告白】

中2の時、県営のスポーツ施設の中にあるプールでの出来事。

この施設には、プールが2つあり、
1つは、25mの学校に有るような子供用プール。
もう1つは、50mの本格的な競泳用プールで大人用(高校生以上)プール。

夏のシーズンになると格安料金で一般に開放していたので
夏休みによく利用した。

利用した目的の1つは、
学校のプールだと女子は、学校指定のスクール水着というか競泳水着だが、
ココだと可愛いワンピースの水着や中にはビキニを身に着けてる子を拝めるからだ。

そして、隣の大人用プールへ潜り込めば・・
高校生だと言えば意外と簡単に潜り込めた・・
大人の女性の水着姿が拝めたからだ。

近くに女子大があり、女子大生もよく来てた。

この日は、友達が夏期講習で来れなかったので
一人で来て、大人用プールへ。

お盆も過ぎており、ちょっと涼しい日だったのでガラガラだった。

そんな中で、女子大生らしき2人組を発見。

一人は、ホッソリした体型で胸も小さく・・Bカップ位・・
浅黒く日焼けした狐顔の鈴木紗理奈似のお姉さん・・リナ(仮名)。

もう一人は、太ってるわけではないが、
ムチッとしたカラダに巨乳・・Hカップ位!
・・の狸顔の石原さとみ似のお姉さん・・サトミ(仮名)。

ちょっと垂れ目で厚ぼったい唇がエロかった。
ウエストも細く、お尻もちょっと大きめでグラドル以上のスタイルだった!

みんなが、二人を・・特にサトミさんを・・チラ見している。

俺も一目で虜になり、近くをウロウロしたり後を付け回したりしてた。
俺本人は気づかれてないと思っていたが、しっかりと気づかれていた。

やはり、いつも何処でもジロジロ見られるので敏感になってるのだろう。

プールから上がって
シャワー室の方へ向かっていく二人の後をついて行くと・・
角を曲がった処で突然、
「ちょっと君!何、ついて来てるのよ?」とリナさんに呼び止められた。

「えっ・・い、いぇ・・俺は・・」とパニクってキョドる俺。

「ず~っと付け回してジロジロ見てたでしょ!」
「い、いえ・・」

「この娘のオッパイばかり見てたんでしょ!正直に言いなさい!監視員に言うわよ!」
「す、すいません・・」

今まで黙っていたサトミさんが、
「高校生?」
「い、いえ・・中2です・・」
「ふぅ~ん・・年頃だもんね・・」
「ちょっと、サトミ何言ってるの?」
「だって・・この子、可愛いじゃん、ちょっと一緒に来なさい」
と手を引っ張られて個室のシャワー室の中へ連れ込まれた。

3人入ると結構狭い。
何されるのかと不安で二人に挟まれて心臓がバクバクしてた。

清純で大人しそうな顔したサトミさんが、
「お姉さんのオッパイ・・そんなに見たかったの?」
と小悪魔っぽく腕にHカップを押し付けてくる。

「私のは小さくてゴメンね?」
とリナさんも反対の腕に貧乳を押し付けてくる。

俺はバクバクしながら俯くだけ・・。
「赤くなっちゃって可愛い!」とリナさん。

「おちんちん、勃っちゃった?」とサトミさん。
頭を左右に激しく振る俺。

「ホントかな?お姉さん達のオッパイ見てたんだから・・君のも見せないと不公平だよね?」とサトミさん。

「エイッ!」と隣のリナさんに海パンを下げられた。

「あっ!やめて!」と情けない声を上げて股間を隠すが、
両方から腕を掴まれてどけられ股間を晒す俺。

死にたいほど恥ずかしかった。

「なかなか立派だね!」とリナさん。

「今日は・・お姉さんのコト・・想い出してスルつもりだったんでしょ?」
とサトミさんは俺のチンコを触りだした。

「あっ・・や、やめて」と言いながらも
思春期の別人格のチンコは俺の意志とは反してすぐに反応してムクムクと!

「わぁ、君、おっきぃね!」とリナさん。
「キモチイイ?」とサトミさんが手コキ。
「あわわ・・はぃ・・」

「こんなコト初めて?」とリナさんも加わって二人で手コキと玉揉み。

サトミさんは俺の背中にHカップを押し付けながら
後ろから回した手で手コキ。

息も荒くなり、俯く俺の耳元に、
「我慢せずに出しちゃっていいのよ?」
「さぁ、出しなさい」と小悪魔全開で囁いてくる。

リナさんは、玉揉みしながら上目遣いで顔を覗きこんだ来る。

俺は、耐えられず、
「あああ!」と情けない声を出して、
初めて経験するあまりのキモチ良さに射精する俺!
かなり長く沢山出た!

自分の手と違って小さな女性の手で包まれる感触が堪らなかった!

自分の意志で手の力は調整できないので、
年上の女性二人にされるがままの変な倒錯感もあり、興奮した。

「きゃぁ、すごぃ!」とリナさん。

「全部出していいよ!」とサトミさんが
より激しく手コキするのでピュッピュッとまた出た。

「じゃぁね、ボク・・」と二人は俺を残して出て行った。

俺は、腰が抜けて座り込んだ。

悲しいとか悔しいとかの感情ではなく・・
初めて経験したあまりのキモチ良さに支配されていた。

両腕と背中に残る二人のオッパイの感触と
チンコと金玉に残る二人の手の温もりが忘れられず・・萎えなかった。

無意識に自分で手コキして2回目の射精。
この日を境に、サトミさんを想い出してのオナニーの回数が増えてしまった。

・・でも、数日後・・リナさんとバッタリ逢い・・童貞を奪われた。
気持ち良かったけど・・サトミさんが良かった・・

しかし、思春期の別人格のチンコは、
誘われると断れずリナさんにオモチャにされ続けた。


PAGE TOP