転校してきた子に一目惚れした童貞のH体験【エッチな話】

始めまして、俺、陽です。

是非最後まで宜しくっ!

あれは、中3の春だった…。

俺はバレンタインデーに彼女に振られて、寂しい日々を送っていた。

だが、そんな気持ちを一掃した出来事が起こった。

「Nですっ、よろしくお願いしますっ!」

転校生(♀)が来たのだ。

その子は可愛いくて、どストライクだった。

俺は速攻でNんとこに行った。

だがNが可愛い過ぎて、俺はものすごくテンパって、好きな食べ物とか、好きなテレビとか、どうでもいい質問ばかりしていた。

だけどNは可愛い声と笑顔で、聞いてくれた。

俺はNに夢中だった。

Nに見とれ過ぎて先生に、

「授業中なんだけど、話聞けや!」

とかなんだかで怒られる程だった。笑

もう出会ってからずっと乙女みたいに俺は黄昏れてた。

そして、次の学校の日に俺は決心した。

思い切って、

「一緒に帰りませんか?」

と誘ったら、まさかのOK。

もう嬉し過ぎて叫びまくった。

多分端から見ると、アイドルの手を握れて発狂した人に見えてたと思う(笑)

そして帰りの集会が終わり、いつも抱きついてくるホモ野郎を振り切って、昇降口に直行した。

そしたら、俺の下駄箱前もたれかかって待っててくれていた。

俺「ゴメンっ。遅れて…。」

N「ううん、別に大丈夫だよ」

またあの笑顔を見てしまった。

可愛い過ぎてくたばりそうだった。

俺「Nって家どこ?」

N「私はね、Mくん(俺の親友)の2軒隣だよ」

俺は初めて親友のMを恨んだ。

俺「まっ、まじか。んじゃそこまで送ってやるよ」

N「ありがとう」

すると後ろから声がした。

Mだ。

M「も~、行動早いなぁ」

俺「うるせ~わ馬鹿。」

M「Nちゃん陽を宜しく!」

俺「お前は俺の親かっ」

そうこうしている内に家に着いてしまった。

N「Mくんと相性良いね、面白かった。陽くんばいば~い」

俺「お、おぅ。んじゃぁな」

またまた叫んでしまった。

クラスメイトに見られてしまった。

噂を立てられる事を覚悟で帰った。

Nの事が頭ん中に常にあった。

告りたかったが、振られるかもしれない不安が邪魔して何故か行動に移せずにいて、一緒に帰るのは普通になってきた夏休み前日、Nからメールが来た。

N「明日カラオケに行かない?」

いきなりの幸運の訪れに戸惑った。

俺「んじゃ、M呼ぶか??」

N「2人っきりは駄目かな?」

この時正直自分の息子がフルおっきになった(笑)

俺「分かった♪」

N「9:30に◯◯公園ね♪」

俺「了解♪んじゃばいびー♪」

そして次の日、遠足の日の小2並みに早く起きた。

すぐ行く準備をして家を飛び出したが、到着した時はまだ9時だった。

あまりにも暇だったので全力でブランコで遊んでたら、元カノが公園に来た。

どうやら彼氏と待ち合わせしているらしかった。

元「あっ、来た」

その声の先にいたのは…、

俺「もしやの彼氏?」

元カノの彼氏とは、Mだった(笑)

爆笑しまくった。

それと同時にNが来て、予定通りカラオケに向かった。

カラオケに着くと、Nちゃんが予約を入れてくれてたからすぐに案内された。

部屋に入ると、Nは歌の予約を入れた。

歌い声は、それはそれは綺麗だった。

宇多田ヒカルとかも難なく歌ってた。

それに負けじと歌ってみたけど全然勝てなかった。

お互い5曲ほど歌った頃、隣の部屋から喘ぎ声が聞こえた。

俺は触れちゃアカンと思って、次の曲を入れようとして本を取ったら、Nは俺の手を胸に擦りつけながら、

「羨ましいなぁ…気持ち良いんやろなぁ…」

Nの呟きに、俺の息子はみるみるフルおっきしていた。

触って気付いたが、NはノーブラのTシャツで、Nの乳首がどこにあるか分かる位だった。

俺は直ぐに唇に近づきキスをした。

N「んっ…」

直ぐにNは舌を絡めてきた。

俺も負けじと、右手はまんこに入れて左手は、乳首を摘んだりした。

N「んっ…あぁ…ん…」

更に感度が上がっていった。

俺は舌を離し耳を舐め、左手はクリをいじり、右手でGスポットをガンガン突いた。

N「んはぁ…で…ちゃう…」

更にマンコ中心に責めたら、Nは潮吹いて軽く痙攣が起きていた。

けどNは

「陽のが欲しいの…」

その言葉にもう耐えれなかった。

ギンギンになった息子を入れると、Nのマンコから少し血が出てきてたので、ゆっくり奥まで挿入した。

4、5回腰振っただけなのにすぐ出そうになっちゃって、出すギリギリで口に持っていき、最後の1滴まで搾り取られて、最高に気持ち良かった。

今では楽しくセフレ関係です。


PAGE TOP