パンストとパンティを一緒に下げて、生でクリを愛撫【エロ話告白】

私には、さとるっていう彼氏がいて、最初はさとるが一生懸命になってくれてたんだけど、最近は、すっかり私もハマッテしまって、二人でいるとキスしまくりです^^

抱き合ってキスしながらテレビ見てたら、段々エッチになってきて、シックスナインでお互いのをキスしてたり。
最近は離れるのが嫌で、さとると同棲まではじめちゃいました。
さとるの親にはちゃんと挨拶して、同棲許可もらったんだけど、うちの親には内緒。

今日は久しぶりにさとるが休日出勤だったので、私は家で書いてます^^

[adrotate group=”1″]

この前、私が倉庫にいたら、さとるが入ってきました。
偶然だったみたいですが。
ドアを閉めて「ゆりさん、これいいですか?」と言いながら胸を揉むさとる。
倉庫は、パーテーションで囲ってあるだけで、事務所に声は丸聞こえです。
ダメっていうのもおかしいし「どうぞ」と言うと、左手で胸を揉みながら、右手はスカートに手を入れてきました。

触るだけかと思ったら、パンストとパンティを一緒に下げて、生でクリを愛撫します。

「溢れてきたで」と囁くさとる・・・。

私はさとるを見て必死で「ダメ」と声を出さずに訴えるんだけど、指を入れてグリグリするの。
声を必死で我慢してたら、「さとるく~ん、いる?電話」と先輩の声が。

「はいっ、います!出ます!」と私から指を抜き、私の顔を見ながら、少し笑いながら指を舐めて出ていきました。

私は服を整えにトイレへ・・・。
自分で触ってみたら、ビショビショでした。
席に戻ると、さとるは外出したようでいませんでした。

すると“オナニーしたか?”と携帯にメールが・・・。

無視してたら“今日、何か用事つくって外出して。会社でたら電話して”と・・・。

無視しようと思ったけど、丁度用事あったし昼休みも兼ねて会社を出て電話しました。

「家、帰ってきて」

私達の家は、会社から近いので・・・。

戻ると、「ゆりが、ビショビショになるから、我慢できんかったやん」と、私を押し倒して「俺、13時に客来るから、飯の代わりにゆり食べるわ」と私を裸にしました。

いきなり、四つん這いにされて、後ろから激しく突くさとる。
私は中途半端で放置されたからか、すごく激しく感じてしまって、「もっと、めちゃめちゃにして」と自分からも腰を振ってしまいました。

座位になってキスしながら抱き合ってると、「ゆり、中に出したいっ!」というさとる。
いつもはそう言っても外に出すかゴムをつけるの。
だから私も「してっ」と抱きつきました。
嘘じゃなく本当に中に欲しいんだけどね。

そしたら、さとるが私を寝かせて足を持ち上げて激しく突き始めたの。
気持ちよくて抱きつきたくて私がさとるに手を伸ばしたら、近づいてきて抱きしめながら突いてくれるさとる。

「ゆり、いい?」
「イッて」

なんて言いながら腰を振ってたら、さとるは、本当に中にいっちゃったの。

「すっげ~きもちいい」といいながら私から離れないさとる。

びっくりはしたんだけど、びっくりよりすごく幸せな気分でした。
私からはなれて私のお腹をさすりながら、「子供できたらいいな」なんて言うさとる・・・。
そりゃ、私も欲しいけど・・・。
社内でできちゃった婚はちょっと恥ずかしいかも。

時計を見たら時間もやばかったので、さとるを追い出して、私はゆっくりシャワーを浴びて会社に戻りました。



PAGE TOP