ラブホに向かう間手マンしてたら彼女の我慢が限界にwww【エッチな体験談】

俺も彼女も実家暮らしなので、エッチはもっぱらカーセックス。

たまに金がある時にラブホ泊まりする感じ。

いつものように車でイチャつき始めると、彼女が

「今日は車の中嫌だ」

って言い出した。

「泊まる金がないから良いだろ?」

と言っても、

「休憩で良いからラブホ行きたい」

と言って譲らない。

しょうがないなぁと思いながらもそうする事にしたが、俺は今すぐにでもしたかったから、

「じゃあパンツ脱いでよ。車の運転しながらお前のアソコ触ってくから」

そう言ってパンツを脱がし、出発した。

始めのうちは、周囲が気になるのか気持ち良いのをずっと耐えている感じだった。

その表情が堪らなく可愛いのだか、時間が経つにつれ、徐々にもがき始めた。

股を大きく開き、大きく喘ぎ始めた。

「ずるいよ!」

と言って俺のイチモツを出し咥えてきた。

堪らなく気持ちがいい!!が、運転にも集中しなくてはいけない。

このスリルもかなり興奮した。

一番近いラブホに着き、やっと出来ると思ったのも束の間、『満室』の文字が!

待ち時間はどの位あるのか分からないため、違うところに行く事にした。

しかしどのラブホも『満室』の文字しか見えない。

俺も彼女も限界に近づいている。

イチかバチかで少し離れたラブホ街に向かう事にした。

ここから15分位離れた場所だ。

交通量もめっちゃ多いところを通った。

信号待ちしてる時、俺達の行動に気付いてニヤけて見てる奴らもいたが、これまた興奮と有意義感があった。

彼女はと言うと、気持ちよさに夢中で周りに全然気付いてない。

周囲の連中へのサービスも込め、ブラジャーを上げておっぱい丸見えにしてみたりしてた。

そうこうしてるうちに、ホテルの看板が見えてきた。

何とか持ち堪えたなと思っていると、彼女が

「あぁ~!イクよイクよ!あぁ!」

「入れて!ちんちん入れてぇ!」

と限界に達した。

俺も限界に近づいていたため、車を路肩に速攻で停め、彼女に跨った。

俺は腰を狂ったように振ったが、彼女も『気持ちいぃ』を連発し、狂ったように腰を振った。

車がガンガン通っている大通りの路肩で、人気の多い国道で…ある暑い夏の夜の思い出。


PAGE TOP