仕事前に朝から彼女に手コキでヌいてもらった話【エロ話告白】

先週の朝の話

朝彼女と一緒に起きて着替えた後ご飯たべたら急にやりたくなった。

足で彼女のスカートをまくろうと足を延ばす。

「え?何?やめてよ」

といわれても止まらない。

「遅刻しちゃうよ」

と言いながらも抵抗しません。

その時には俺のは既に堅くなってたのでチャックから出すと

「なんで朝からやりたいの?」

といいつつも優しく玉を撫でてくれる。

たまらなくなり彼女の上に覆い被さり

息ができなくなるほどイヤラシイ唾液まみれのキス。

俺の手はタイトスカートの中に手を入れ

パンツの上から割れ目にそってやさしく撫でる。

パンツの上からでもわかる位濡れてきた。

「ねぇ、先っぽ触ってよ、うん、そこ、」

と俺もお願いする。

「先っぽ好きだよね、いつもここ触ると顔がいやらしくなってるよ、気持ち良い?」

といいながら親指と中指でしごきながら

人差し指で先っぽをたえずいじってきます。

「んん、、そう、もっと早く、、、」

俺は朝からたまらなくなり悶えた。

「私のは触ってくれないの?指休んでるよ」

といいながら今度はゆっくりになり俺をじらしてくる。

彼女のスカートを完全にまくりあげる。

青いパンツをさげ69の態勢になる。

俺は下から彼女のアレをひろげてチュウチュウすいまくる。

彼女は俺が口よりも手こきが好きなのをしっているので

猛烈にしごきまくってくる。

「ここは舐めるとどう?」

と言いながらいきなり玉をなめてきた。

それが気持ち良い

「あ、、、ん、、それ気持ちいいね」

と答えると。

玉舐めながらサオをさらにしごく。

俺は彼女への愛撫を忘れるくらい悶えた。

「どうしたの?、やっぱり気持ちいいんだぁ?またヌルヌルだよ、ほらヌチャヌチャ音するよ、やらしいぃ」

俺は限界がちかくなり

「このままいい?」

そうすると彼女は無言でしごきそして舐める、、、

白いのが出た。

「このまま休んでたいね」

といいつつ急いで会社へ、、、

おしまい


PAGE TOP