彼女の痴態を見せてしまいました【エッチな話】

私が32歳の妻と出会ったのは19歳のとき。

そのころの私はいろんな女の子とSEXをし、部屋には隠し撮りの為ビデオをセットしていました。
妻とは何度かSEXをしていましたが、おまんこはピンクで締まりはGOODでした。
よく友達が「隠し撮りしたビデオみせて」と遊びに来ていました。

その当時、妻はのりぴーに似て可愛く、私なりにまじめなお付き合いをしてましたので、妻のビデオテープだけは別の場所に保管していました。

[adrotate group=”1″]

ある日の夕方、友達が3人遊びに来たときのことです。
夜に妻が遊びに来る為、風呂に入りました。
その間、友達はいつものようにビデオを見ていました。
風呂から上がると、友達の声が聞こえ、いつもと雰囲気が違うようでした。

「◯◯ちゃんええ胸している」
「顔に似合わずいやらしいの」
「今日もHなパンツ履いてくるんかの」

◯◯ちゃんの名前が聞こえた為、慌ててテレビを見ると、今まさに妻がスケスケひもパン1枚の姿で、私にパンティの上からおまんこをまさぐられ喘ぎ声を出しているところが映し出されていました。
慌ててビデオを止めました。
昨夜、妻のビデオを見てしまい忘れていたのです。

平然さを保ちながら、かなりショックを受けました。

友達からは「どうせセフレの1人やろ?」「あそこまで見せたんなら◯◯ちゃんのおまんこが見たい!!」など散々言われた為、強がって「◯◯の名器を見せてやろ」と言い、ビデオの続きを見せてしまいました。

後悔をしながら一緒に見ていましたが、

「おまんこも可愛い」
「あんまり使い込んでないの」
「こんなきれいなおまんこはじめて見た」
「俺もやりたい」

・・・などと友達が言うし、彼女のおまんこが他人に見られていると思うと、興奮してきました。
それからもその3人には、彼女の痴態を見せてしまいました。

3年後、私たちは結婚するのですが、友達におまんこを見せた後悔は今もあります。

1度友達が酔った勢いで妻に、

「◯◯ちゃんのおまんこ可愛いね」
「バックが好きやろ?」
「濡れやすいまんこやね」

・・・などと言ってしまったのです。
妻に正直に告白すると物凄く怒りました!(当然です)

その後のSEXの時、当時のことを詳細に言うと「もうやめて」と言いながらも、友達におまんこを見られたと思うとすごく興奮するそうです。



PAGE TOP