婿養子の俺が同居している義姉とのエッチ体験【エロ体験】

同居してる義姉がいててなかなか良い体をしてるんだ。

夜な夜な寝てる義姉にイタズラをしてた。

最初の頃は、寝顔を見ながらオナニーをしたり義姉の後に風呂に入って、

浴室にある脱ぎたての下着でオナニーをしてた。

俺はそれでも普段は仲の良い弟だった。

ある日、義姉が寝てるベッドにそっと入ったら少し寝ぼけながらも

ビックリした様子で「どうしたの?」

「寝れないからちょっとだけ横にいてもいい?」と俺。

「本当に寝ちゃ駄目だよ」

「うん。」

と、言いながら義姉のお腹に手を持っていった。

そのうち、寝息をたてはじめたので

思いきって胸の方に手をずらしていくとブラは付けていない。

考えてみると風呂上がりだから当然なんだが、俺の股間はギンギン。

こんな状況でもまだ理性は働いていた。

ここは義姉の部屋で、隣の部屋には嫁さんと子供が寝ているし、

下の部屋には義理の父親が寝ている。

さすがにこれ以上したら義姉が起きるだろうと思ったが、

ゆっくり自分のズボンをおろし寝ながらの状態でオナニーを始めた。

義姉の髪の香りと寝息を感じながら、

いきそうになると下半身を義姉に近ずけてそのまま発射。

そっとベッドを出て、自分の部屋に帰った。

その日はそれでお終い。

それからも、

度々ベッドに潜り込んでたら義姉も慣れたのか寝ながらも

俺のスペースを空けてくれる様になった。

俺のしている事を知ってるのかはわからなかったけど。

ある日、いつものようにお腹に手を当てて徐々に胸の方に持って行った。

いつもと違ったのは、服の上からではなく素肌を触った事だ。

胸は大きいのに指先に感じたのは小さな乳首。

俺の妄想が掻き立てられ、どんな乳首をしててどんな乳輪をしてるのだろう。

気持ちが高まり、手を下の方へ移動させていた。

その時はまだ理性は保っていたはずだが、いよいよズボンの中に手を入れた時。

あれっ?義姉は上だけでなく、下も下着を付けてなかったんだ!

下着を履いてないとわかった瞬間、理性がぶっ飛んだ。

とりあえず義姉のパジャマを脱がし

(寝てるので腰を上げてくれるはずもなく結構苦労した。この時には、どうなってもいいや。という気持ちになってたので出来たのかもしれない。)

それでも義姉は寝てたので、

ちんたらしてたら駄目だと思い布団に潜り込んで義姉のあそこにむしゃぶりついた。

さすがに義姉は起きたけど、

お構いなしに続けてると少し感じてくれてるのがわかった。

このまま流れで行こうと思い、

「次は義姉の番だよ」

と言いながらズボンを脱いだらすんなりと口に含んでくれた。

俺はそれなりに女性経験もあるし、風俗にも人並みに行った事があるけど、

いままで味わったどんなフェラよりも気持ちよかった。

「お尻こっち向けて」

と言うと、何も言わずに69の態勢になってくれたのはよかったんだが、

あまりの気持ち良さに逝ってしまいそうだったので、

「上になって」

と言い、騎乗位で挿入した。

本当はもっとフェラを感じていたかったが、

逝った時点で終わってしまうと思ったので…

義姉の部屋だしゴムなんて無いので生で挿入した。

ゴムの事を聞く余裕なんて無かったし、義姉も何も言わなかった。

しばらく義姉の巨乳が揺れるのを眺めてると

「逝っちゃいそう」と義姉。

俺は「いいよ」と言いながら必死に逝くのを我慢してた。

「いっくぅぅぅ」と言いながら腰を振り続ける義姉。

俺はその時、乳輪も乳首も小さくて綺麗な胸にむしゃぶりついた。

ビクんっとしながら息が荒い義姉と態勢を入れ替わり、今度は俺が腰を振った。

恥ずかしい話なんだが、

ゆっくり動いてたのに3分ももたずに逝きそうになって動きを止めたが、

義姉の中に入ってるだけでもやばかったのでたまらず抜いた。

抜いたと同時に少し出てしまったんだが咄嗟に義姉の上には出さず、

股の下の布団に出した。

「ちょっと逝っちゃった」と俺。

しばらくそのまま抱き合っていたけど中途半端なので義姉に

「きれいにして」と言うと、

さっきまで自分の中に入ってたのにもかかわらず

精液と愛液で濡れている俺のモノを舐めてくれた。

やっぱり凄く上手い。

根元からきれいにしてもらってから今度は後ろから挿入した。

少し出したせいか、さっきより余裕がある。

でも、まわりの事など気にせずガンガン突いた。

義姉の感じてる顔が見たくて正常位になり抱き合った。

また絶頂を迎えそうになり

「どこに出したらいい?」

「あんっ、ん、なかっ」

俺は少し驚いて

「中に出していいの?」と聞くと、

「お腹に出して」と義姉。

言われた通り抜いてお腹の上に出したんだが、勢いがあって胸まで飛んでしまった。

これが義姉との初体験だった。

聞き間違えて中に出さなくてよかった。


PAGE TOP