彼氏の親友はウットリするほどの美男子【エロ体験】

当時、私は4年くらい付き合った彼氏がいました。

しかし、彼に対する気持ちはまだあったように思いますが、彼の親友のK君の事が気になって仕方なかったんです。

3人で遊ぶ事も多くなっていました。

K君はうっとりするほどの美男子なので、どうしても彼氏と比べてしまいます。

あれは仲間内でコテージを借りて忘年会をした夜の事でした。

仲間内で20人くらいが集まり、それぞれ彼女を連れてきたりしていました。

皆すっかり出来上がって、それぞれ雑魚寝状態でした。

最初から”Hは無しで”という忘年会でしたので、男女別々に部屋を分けていたのですが、先に潰れてしまったあたしが寝てた部屋に、彼氏含め、ゾロゾロと男子がやってきて、男部屋になってしまったようなんです。

それもそのはずで、女部屋はカップル専用になっていたみたいでした。

ふと目覚めた時、あたしの右横には彼氏がいて、すっかり酔っ払って寝ていました。

そして左隣にはK君が寝ていました。

「マズいな…」

そう思いつつ、あたしは彼氏の方に少し移動しました。

しかし、彼は壁側を向いて寝ています。

隣のK君を見ると、すっかり寝入っているようでした。

そして私もいつの間にかまた眠ってしまいました。

お酒と眠気とで朦朧とした意識の中で、誰かがあたしの手に触れているのが分かりました。

それがK君だと分かるまで、それほど時間は掛かりませんでした。

気になっていたK君の存在が、一気に鮮明になりました。

あたしは彼氏の横で気付かない振りをしながら、K君の手に身を委ねました。

K君は少しずつ私に触れ、体をあたしの方に移動させてきます。

横向きになって寝ていた私のウエストラインを撫で、カットソーの裾から手を滑り込ませてきました。

私の素肌をゆっくりと撫で回し、静かにブラの上から胸に触れてきます。

そして、ブラをずらしながら、あたしの乳首を探し当て、軽く摘みました。

寝ている振りをしていた私ですが、焦れったい彼の手がやっと乳首に到達した事もあり、少しピクッとなってしまいました。

あたしは元々陥没乳頭なんですが、もう自分でもビックリするくらい乳首が立ってしまっていました。

その乳首を、彼は指で転がし、Aカップの小さな胸を優しく撫で回されました。

衣擦れの音もしないほどで、あたしも必死で眠った振りをしていました。

でも、体はとても感じてしまっていたんです。

その後、K君はスカートのままで眠っていたあたしのお尻に触れてきました。

今度は焦らす事なく、スカートを捲り上げショーツの中へ手を入れてきました。

冷たいお尻に温かい感触が凄くリアルで、さわさわ触れる彼の手に、もうあたしのあそこは汁が垂れるほどでした。

後ろからショーツをずらされ、K君があたしのアソコに初めて触れてきました。

真横を向いたあたしの後ろにピッタリくっついてきたK君。

K君ももう、あたしが目が覚めていたに気付いているようでした。

それでもあたしは眠った振りは続けていました。

あそこに触れたK君は、ゆっくりとクリトリスを刺激し始めました。

そして、ゴツゴツした指をアソコへと侵入させてきました。

ゆっくりと動き、出し入れをし、中で、タッピングをします。

そして、あたしの中をグチョグチョと掻き混ぜます。

あたしの中も、ひくひくっ…と自分でも痙攣しているような感じがしました。

あたしのアソコが、K君の指を吸い上げているような感じなんです。

あたしは、洩れそうになる声を、抑えるのに精一杯でした。

恥ずかしい事に、皆のいる部屋にいやらしい音が

「ちゅぷっ・・・・。ちゅぷっ・・」

と聞こえていないか不安でした。

彼を含め、誰1人起きている人はいないようでしたので良かったのですが…。

そのうち、K君はあたしの耳元に顔をわざとらしく近づけ、首筋に舌を這わせてきました。

もう我慢できず、寝返りを打つふりをし、K君の胸に顔を埋めました。

あたしは彼の寝ている横で、寝ている仲間の前で、K君に抱き締められました。

優しく優しく、K君は抱き締めてくれました。

そう、宝物を抱くように。

K君が、

「お前がずっと好きだった…」

と小さく囁き、激しくディープキスされました。

その跡、布団の中で、カットソーをたくし上げ、舌で胸を愛撫しました。

舌先で乳首を転がし、彼の唇全てで私の小さな胸は覆われてしまいました。

彼の手は嬉しそうに、あたしの背中を撫でていました。

その時、横に寝ていた彼が寝返りを打ち、あたしの方を向いてしまったので、K君はあたしを彼の方に押し出しました。

それで、コトは終わってしまいました。

しかし、今でもあの夜のドキドキは忘れる事はできません。

親友の彼女に手を出してしまったK君。

彼の親友に、恋心を抱いてしまった私。

Hはしていないけれど…一線は越えてしまった。


PAGE TOP