ツーリングで行った混浴温泉でめちゃくちゃ美人と二人っきりになり・・【エロ話】

奥飛騨温泉郷の中でも、最も奥まった高台にある古い宿。

民宿に毛が生えた程度の、こじんまりとした、しかし、落ち着いた風情のある宿だ。

年に1度、仕事にも、家族にも縛られない、バイクのひとり旅に、持って来いの宿だ。

早朝からのツーリングの心地よい疲れで、温泉にも入らず、食事のあとすぐに寝入ってしまっていた。

気がついたのは既に0時すぎだが、露天風呂は24時間いつでも入れるとのこと、せっかくの温泉を楽しもうと、風呂場に向かった。

ここの露天は確か混浴のはずだが…スケベ心が全然なかったと言えば、嘘になる。

しかし、まさかこんな時間、誰もいないだろうとも思っていた。

内風呂でかかり湯をしてから露天風呂へ。

片足をザブンと湯船に入れたところで、すぐ近くに先客がいるのに気がついた。

跳ねた湯を浴びせてしまったか。

「あ、失礼!気がつかなくって…」で、絶句。

なんと、若い…とは言っても、30才は越えているだろうか…あか抜けた、美しい顔立ちの女性だ。

「いいえ、大丈夫ですよ。

お気になさらないで。

まったく、落ち着いたものだ。

こちらは、湯船に入るのに、前にあてていたタオルを外したところだったこともあり、大いに慌てた。

だって、高さはちょうど相手の頭あたり、目の前1mたらずのところだ。

何がって…タオルを外して剥き出しのナニが、だよ。

慌ててバランスを崩し、湯船の中にタオルを落として…騒々しいこと夥しい。

女性は、軽く握った手の甲を口にあて、肩を震わせて笑いをこらえて…いや、こらえきれずに笑っている。

またまた慌てて手で前を隠して、タオルを拾い上げ、「ごめんなさい。

失礼。

」と、風呂から出ようとした。

この状況で、見知らぬ女性と混浴できるほどの度胸は持ち合わせてない。

「あら、待ってください。

いいんですよ。

「あ、いや、でも…」

「お客様に出ていかれたら、困ります。

だいいち、ここ、混浴のお風呂ですし。

「あ?あなた、こちらの?」

「はい。

客室係なんですよ。

お客様を追い出したりしたら、叱られます。

「はあ、でも、なんか…本当にいいのかな?」

スケベ心が顔に出ないように…

「ご迷惑でなければ、ご一緒させてくださいね。

「め、迷惑だなんて、と、と、とんでもない。

もちろんですっ!」

何が「もちろん」なんだか。

結局、その女性から少し離れたところに行き、湯に浸かった。

とはいえ、それほど大きな風呂場でもないし、やはり気になる。

チラチラとそちらを見てしまう。

彼女にしても、いくらかは気にはなるようで、時々、視線があう。

何度目か、目があった時、彼女は少し微笑んだ。

「もう、しょうがないなあ」という感じだろうか。

そして、驚いたことに、湯船なかでスッと立ち上がると、こちらに歩いてきた。

結構深い…とはいうものの、湯は彼女の腰まではない。

歩みにあわせて、叢の黒い影が、ちょうど水面のあたりでゆらゆら揺れる。

真っ直ぐにこちらを向いた乳房。

大きくはないが、張りや形は申し分ない。

褐色に色づいた乳首も、掌を添えてはいるものの、完全に隠れてはいない。

スッキリとした、小柄だが姿の良い女性だ。

しばらく見とれていたが、彼女の視線にたじろいで、慌てて目を逸らせた。

隣まで来ると、腕が触れあいそうなほど近くに、体を沈めた。

小さめの乳首はちょうど水面の高さで、乳暈の半分はお湯の上に見えている。

当然ながら、この時点で勃起してしまっているが、幸い、こちらはお湯のなかで、バレることはないだろう。

自分の心臓の音が聞こえそうなほど、ドキドキしている。

あらぬ方に目を向け、知らん顔をするのが精一杯だった。

そんなことは知らぬげに、話しかけてくる。

「お客さん、お着きになったとき、見てました。

ツーリングって言うんですか?大きなバイクで来られてるんですね。

「ええ。

いい年をして、道楽ですよ。

お恥ずかしい。

「ううん。

バイク、ステキです。

ナンバー見ましたけど、ずいぶんと遠くからなんですね。

しばらく話した後、しばし沈黙。

相変わらず、彼女からは目をそらせて。

「うふ。

…紳士なんですね。

「そんな…からかわないでください。

「ごめんなさい。

からかってる訳じゃないんですよ。

「ははは。

普通の、人並みにスケベなオヤジですからね。

今だって、ちゃんと横目で見るべきところは見てるんですよ。

とてもキレイで、魅力的で。

「…」

今更ながら、恥ずかしそうに乳を隠す。

「あの…いつもこんな時間に、こうやってココに来るんですか?」

「ええ、いつもってわけではないです。

泊まり番の時に、それも、ごくたまに。

「だったら僕はすごくラッキーだったんだ?」

「まあっ。

「ふう。

さて…と。

のぼせてきましたよ。

ちょっとあがって、風にあたろうかな。

ちょっと向こうを向いててもらえませんか?」

「ダメです。

私のこと、見たんでしょ?今度はあなたの番!」

「あ…いや、それはマズイ。

「?」

「だって、あんなの見せられて。

勃っちまってるんですから。

「まあ!!!」

「ほんと、かんべんしてください。

「はいはい。

これでいいですか?」

笑いながら両手で顔を覆って、体ごと少し向こう向きになった。

湯船の脇に、あづま屋風の屋寝付きの板敷きが設えられている。

そこに仰向けに寝転ぶ。

火照った体に夜風が心地よい。

さすがに腰にはタオルをかけたが、モノがいきり立った状態で、俗にいう「テント」なのは、如何ともしがたい。

宥めるため…というわけでもないのだが、タオルの中に手を突っ込み、怒張を握りしめると、全身に快感が広がった。

ゆっくりと、上下にしごく。

そうして、考えた…いや、妄想したというべきか。

(並んで湯に浸かって、裸を盗み見るのもいいが…ちょっと息をつかせてくれ。

(それほどアバズレにも見えないが、なんであんなに平気なんだ?)

(いつもやってて慣れてるのか。

(まあ、それはいいが、この後、どうなるんだ?)

(彼女、どういうつもりなんだ?)

(いや、俺はどうしたいんだ?)

ペタペタという濡れた足音に気づいて目を開けると、彼女がいた。

寝転んだ俺の足元辺り。

胸から腰にかけてタオルを垂らしているが、向こう向きに立っているので、お尻は丸見えだ。

「私もここ、いいですか?」

言いながら、返事を待つでもなく、その場にお尻をついて座った。

胸のタオルがハラリと落ちたが、ここからでは、乳首までは見えない。

見えないが、それがまた、いい。

「ああ、いいきもち!」

言いながら、腰のタオルに目を落とす。

逸物をしごく手にあわせて、タオルも動いている。

「そうしてると、気持ちいいです?」

「あ、ああ。

申し訳ない。

見苦しいな。

「いえ。

いいんです。

なんだか、ぜんぜん嫌らしくなくて。

変ですね。

「そう、いや、変なのは僕です。

彼女は、突然、タオルを払い除けると、俺の手を外させた。

そして次に。

自分の手とは違う、優しく、柔らかいものに包まれた。

彼女の手が怒張したそれを握り、静かに上下する。

ゆっくりと、強く、弱く。

全身に快感が広がる。

体の向きが変わったため、彼女の体を真横から眺めることになった。

愛嬌のある鼻に、少し緊張ぎみに力が入って、開き気味の口元。

尖った顎から、喉、鎖骨の辺りまでのスッキリしたライン。

そして。

小ぶりながら、ふっくらとした丸みのある乳房と、その先端の小さな乳首。

大人の色香を発散する、妖しい美しさだ。

手を伸ばすと、悪戯っぽく微笑みながら、こちらに体をずらせてきた。

こちらも体を起こし、右手で乳房を包む。

「あ…」

掌に、硬く尖った乳首の突起。

その突起を転がすように、乳房全体を揉む。

「…恥ずかしい。

ちくび、よわいんです。

怒張を握った手に力が入る。

指先で乳首を弾き、つまむ。

彼女の手の動きが速くなり、快感が増す。

「このままで、いいですか?」

「そのまま…続けて…」

「はい。

いいですよ。

逝って…」

さらに強く、速く…

どく、どく、どく…

右手で搾り出しながら、尖端を左の掌でなで回す。

彼女の手が、精液にまみれる。

「すごい。

たくさん。

「あぁ。

恥ずかしいな。

「ううん。

おじさま、かわいいです。

「また、からかう。

「うふ、ごめんなさい。

翌朝。

ツーリングの日はいつも朝が早い。

出発の準備を整えて、6時過ぎに食堂におりた。

給仕に来てくれたのは、昨夜の彼女だった。

早発ちのため朝食は不要と申し込んだのだが、早くても準備してくれるという宿の好意に甘えた格好で、それが、彼女の泊まり番に繋がったようだ。

6時半すぎ、出発。

見送りは彼女ひとりだ。

バイクに跨がる僕に、手を差しのべる。

もう一度グラブを外し、軽く手を握る。

優しい、柔らかな手。

「行ってらっしゃいませ。

また、来てくださいね。


PAGE TOP