痴漢に言われるがままホテルに付いて行って・・【エッチな体験談】

痴漢にあった経験はありましたが、ここまで凄いのは初めてです。

というか、そう何度もあってもいけないとは思いますが(笑)

あまりに気持ちよくて、こんな痴漢ならされてもいいかなって思ってしまった体験です。

私は友人宅からの帰りに、とある急行に乗っていました。

確か夜19時くらいだったと思います。

なんとなくボーッと立っていると、目の前の男性がゴソゴソと動いている事に気が付きました。

特に意識してなかったのですが、ふとその男性の周りを見てみると、その時は3人だったと思います。

どうやら女の子を囲んでいるようでした。

そして10分くらい経ってから、私の腰の辺りを弄る他人の感覚にハッとしました。

1度止まった駅での乗降の間に、いつしか私が先程の女の子のいた場所に立っていたのです。

それまでより混んできていて、かなり密着状態になっており、

「しまった」

と感じました。

その時私は久しぶりに友人と会う事もあり、秋口だったので、少しヒラヒラとした感じのミニのワンピース、軽くカーディガンを羽織っている服装でした。

腰を弄っていた手はミニ丈である事に気づいてそのまま指を忍ばせてきました。

ビックリしていたのと恐怖心で、男性の顔を見上げたりする勇気はありませんでした。

そして……さっき見てしまった事が頭をよぎり、少し期待もしていました……。

太ももやお尻を触る手は優しく、ゆっくりゆっくりと動いていて、触れるか触れないかくらいで、アソコをすっと掠めていきます。

私はFカップなのですが、やっぱり胸元が開いていたせいか、もう1人は右側に立っていて、脇の下辺りから大胆にもブラの中へ直接手を入れてきて、思い切りおっぱいを鷲掴みにしてきました。

私が嫌がる素振りをしなかったためか、3人いたと思われるうちの1人はあまり痴漢する気にならなかったみたいです。

2人に攻め立てられる事数分、私も自分が濡れている事に気づきました。

太もものあたりまでジットリ湿ってきていて、少し恥ずかしいと思いました。

ですが、しばらくすると胸を触っていた男性が乳首を執拗に転がし始めて、その途端に私はあまりの気持ち良さに小さく息が漏れてしまいました。

人差し指でクリクリと乳首を弄りながら、思い切りおっぱいを握ったりしてきます。

普段なら痛みを感じるはずなのですが、この時は痛みなんて全く感じませんでした。

そしてパンツの上から撫でる程度だった後ろの男性の指がアソコに進入してきたのです。

もう、拒む事が建前でしかないのが分かりきっているくらい濡れていました。

簡単に指が入ってしまい、同時に気持ち良すぎて腰がビクッとなってしまいました。

最初は感触を確かめるかのようにゆっくり中の方で出し入れされていました。

硬く勃起した乳首はキュッとキツく摘まれながらピンと弾かれてしまい、それを何度も何度も繰り返され、その度にアソコはグチョグチョになっていき、指を入れていた男性の指の動きはすぐに激しいものに変わりました。

そして、おっぱいは跡がつくくらい握り潰され、乳首を捻り弾かれ、濡れ濡れになったアソコは、ついに2本目の指の侵入を許してしまいました。

それからが大変でした。

あまり興味を示していなかった3人目の男性が参戦してきたのです。

左側からおっぱいを弄られ、なんとアソコにはその男性も入ってきました。

もう声を抑えるのも我慢できず、

「う、ん、ふ、ふ、」

と自分で抑えた口元から、どんどん息が漏れてしまいました。

アソコに入ってきた指はグチュグチュと音が聞こえそうなくらいに中で動き、ふと指が抜けると、もう1人の男性の指がまた2本ズンと勢い良くアソコをこじ開けて掻き回しにきます。

私はずっと腰を反らしたまま、時折跳ねてしまう体を何とか抑えようと必死になってました。

そして誰が誰の手なのか分からなくなっていき、今度は後ろの男性が乳首を嬲り始めました。

両方のおっぱいを形が歪むくらい揉まれて、そして乳首を上に上に引っ張られ、今度はそれまでおっぱいを触っていた男性が前からアソコを撫で始め、クリをグリグリと触ってきます。

2人の男性もアソコを攻めるのはやめませんでした。

たくさん掻き回されて、奥まで激しく指を突き入れられて、限界でした。

アソコはずっとヒクヒクしていて、もうイキたい、と思っていました。

すると前からクリを触っていた男性もアソコの中へ入ってきました。

2本の指で奥へ一気に突いてきたのです。

私はカチコチに固くなった乳首を、男性2人に体を思い切り反らせて差し出し、さらに激しく乳首を責めてもらいました。

アソコはずっとグチャグチャのままで留まる気配もなく、前の男性は思い切り突っ込んだ2本指をこれまでより一層激しくピストンしました。

私はかなり小声で、ほとんど口の動きだけで、

「もっと……」

と呟いてしまいました。

するとぐっとアソコに手を固定するようにして、指をもの凄い速さで動かし始めました。

音が聞こえてしまう、と思い一瞬我に返りましたが、アソコはもっと欲しい、もっとちょうだいと言わんばかりにトロトロと濡れてきます。

もうダメ、と思った瞬間、生暖かい液体が自分の足元にビチャビチャとかかり、アソコからはグジュ、グジュ、と聞いた事もないような音がしました。

もう私は肩で息をしていて、最初はおしっこを漏らしたかと思っていましたが、ここで私は生まれて初めての潮吹きを経験してしまったのです。

そして、自分が降りたい駅に差し掛かってきて、慌てて身なりを整えようとしました。

すると

「どこで降りるの」

と後ろの男性から声をかけられました。

私はもう考えが正常じゃなかったのでしょう、素直に教えてしまいました。

駅に着くと、男性3人とも私に付いてきました。

車内では顔も見ないようにしていたし、見せないようにしていましたが、ここで初めて対面し、

「向こうにホテルがあるから」

とだけ言われ、まだ火照りが冷めていなかった私はそのまま一緒に付いて行き、ホテルでは3人にアソコやおっぱいをしゃぶりつくされ、また潮まで吹いてしまい、車内では出せなかった声を思い切り出してしまいました。

もちろんこの時挿入されました。

1人目の男性はとにかく大きくて、ずっと濡れっぱなしてグチャグチャだったので、乱暴に突かれてもますます溢れるばかりで、中が太いものでギュウギュウで凄く感じていました。

チンチンがアソコの奥を叩く度に、

「パン、パン」

という音と

「グプ、ジュプ、」

といやらしい音が響いていました。

「凄い音が鳴ってるよ」

「だらしないマンコだ」

と言葉責めを受けました。

私はどうやら言葉で犯されるのも好きだったみたいで……興奮しました。

激しいピストンの音で私は更に興奮してしまい、

「もっと欲しい」

と言ってしまいました。

2人目の男性は大きさは普通だったと思いますが、硬さが凄くて、

「硬い……」

と言うと、

「硬いので思いっきり突いてあげるよ」

と言われ、されるがままにやられ続けました。

「硬いよぉ、硬いのぉ、もっと犯して、、」

と何度も恥ずかしいセリフを言っていました。

そしてそのまま潮を吹いてしまいました。

ベチャベチャになった体のまま、バックで両腕を掴まれて、またこの体勢でも潮を吹いてしまいました。

3人目の男性の時は、私が2回も連続で激しくされたのを見て気遣ってくれたようで、

「大丈夫?」

と聞いてきました。

うつ伏せに寝かされ、腰だけを上げた状態になり、入れる時は他の2人よりゆっくりにしてくれましたが、私がまた別の新たなチンチンが、アソコを犯しにきたんだと思うと興奮してしまい、

「激しいのがいい、乱暴にされたい」

と頼んでしまいました。

太さも硬さも凄くあって、その人は奥まで突きながら何度も、

「3人から犯されてるのに気持ちいいの?」

「どうしようもないマンコだ」

等と言われ、頭が真っ白になり始め、男のモノがズンズンと奥にぶつかり、

「ちんぽ当たっちゃうよ~」

と叫んだ時、

「イけ」

と命令されて、偶然ですが本当にイッてしまいました。

結局3人ともにイカされて、その日はもうクタクタでした。

驚いた事は、3人とも私を攻めるだけで、私自身には何もさせなかった事です。

あんな痴漢もいるんだーと思いながら家に帰りましたが、以来遭遇する事はありません。

でも、ホテルに付いていくまではやりすぎだったかなと、思ったり思わなかったりしてます。


PAGE TOP