顔見知りになった痴漢に通勤電車で潮を吹かされた【エロ体験】

今を遡る事、6年前。
まだ、初々しい社会人だった頃の事です。

小学生の頃から、痴漢にはしょっちゅうお会いしてたあたしなんですが、今からお話する痴漢には、ホント毎日のように襲われてました。
電車の車両を変えても、乗る時間を変えても何故か、数日のうちに発見されちゃうんです。

会った当初は、スカートやズボンの上からお尻を撫でてきたりブラウスの上から、胸を掴んでくるぐらいでした。
それが、日々エスカレートし、スカートをまくったりブラの中に手を入れられたり、ってな事になり始めました。

ロングスカートで出勤した日の事です。
例の痴漢に、スカートをまくられ、ストッキングを下げられました。

こう毎日会うと、心境も“嫌”→“待ち遠しい”に変化してきてました。

いつものように、ブラウスはたくし上げられ、胸を揉まれ始めました。
もう一方の手は、ショーツの中に入れられ、クリちゃんを弄り始めました。
クリちゃんがどんどん熱くなってくるのが分かったんです。

(・・・何だか気持ちいいかも・・・)

実感した瞬間、痴漢はアソコの中に指を入れてきました。
たぶんGスポの辺りだと思いますが、そこを強く刺激してくるんです。
こっちはもう声を押し殺すのに必死です。

気が付くと、腰を振りまくってました。
もう気がおかしくなる寸前だったあたしは、藁にもすがるような気持ちで必死に痴漢のチンチンをしごきました。

そして、それは、降りる駅につく手前でやって来ました。
・・・イッちゃったんです、あたし。
しかも、大量に潮吹いて・・・!

当時、付き合っていた彼がいましたがイッた事はありませんでした。
オナニーでイッたことはあっても、他人にイカされたのは生まれて初めてでした。

その後、痴漢は、いつものように、ストッキングやブラウスを元に戻して電車から降ろしてくれました。

降りた時に、「夜、ホテルで」って話を持ちかけられましたがそれは無視しました。
電車の中で会ってるからいいって事かも知れないから・・・。

それからも、携帯をブルブル状態で、クリちゃんに当てられ続けてやっぱりイッちゃったりとか。

その痴漢とは、いつの間にか“自然消滅”しちゃいましたが、今でも通勤電車の中で、(痴漢に会わないかな・・・)と淡い期待を抱いています。



PAGE TOP