修学旅行の夜、私たちの部屋に男子が1人やってきて・・ 【エロ話】

私が高2の時の話です。

修学旅行で私(アリサ)はマヤという子と2人部屋でした。

最終日の夜23時頃、私たちの部屋にO君という男子が一人で来ました。

彼は部屋のメンバーがみんな寝て、退屈だったのでこっそり脱け出してきたようです。

私たちの部屋に来た理由は、ノリがいい、2人とも可愛いなどと言ってました。

マヤはクラス一に違いない可愛さです。

私は自信はなかったけど結構可愛いと言われる感じでした。

さて、O君はベッドに座るマヤの背後に行き、Tシャツの上からおっぱいに触りました。

「やめてよ・・・」

と言うのも気にせず、柔らかく触り続けます。

「ダメって、もう・・・」

と口で反抗しても、顔が徐々にほころんでいってました。

「マヤ、アリサ、夜だし・・・脱ご」

と言われたので、私はブラ、パンツの姿になりました。

しかし、マヤは全く脱ごうとしないので2人がかりでTシャツ、ズボンを脱がせました。

マヤはブラを着けておらず、早々におっぱいを晒してしまいました。

O君もそそり立つちんこを自慢するかのように全裸になりました。

マヤのおっぱい攻めは続き、次第にハードになっていきました。

マヤは背中にちんこを擦り付けられながらおっぱいを揉まれてました。

だんだんシチュエーションと手つきに興奮してきたマヤ。

乳首がピンと勃ち、ピンクのパンツにシミが出来ました。

私もその光景を見ながら興奮し、パンツに湖を作ってました。

マヤのおっぱい攻めが一通り終わり、次のターゲットが私に。

O君ご自慢のちんこを口に突きつけられました。

私も躊躇することなくソレにかぶり付きました。

苦くて入りきらない、硬い棒を必死に舐め回し、自分の手はおまんこを弄ってました。

「アリサ、いいよ、もっと激しく!」

と確実にO君の興奮が見れて嬉しくなりました。

口の中でさらに膨張するちんこ。

私も亀頭を舐め回すと、口に突然の射精。

「アリサ、ごめん、気持ちよすぎて出ちゃった」

と言われました。

私は精液をトイレに吐き出しました。

マヤも興奮していて、

「マヤのここくちゅくちゅしてっ」

とO君に手マンを求めました。

クラス一の美女に手マンをお願いされるO君は男子の恨みを買うかもしれません。

パンツは脱がずに指はマヤのおまんこに沈んでいきました。

マヤの美貌とエロの混じる姿はまさに興奮そのものでした。

マヤの手マン中、マヤの高くて可愛い喘ぎ声を聞きながら私は自分でオナニーしてました。

やがてマヤはパンツを脱がされ、マヤのおまんこは露になりました。

テカテカと光り、薄めの陰毛の中に膣のあるそのおまんこは私も舐め回したくなるおまんこでした。

O君はマヤのおまんこを集中攻撃し、クリトリスも皮を剥かれてました。

「んはぁんんっ、んんっ、ん」

マヤの喘ぎ声は部屋中に響き渡り、マヤは手マンでイキました。

私もマヤに負けじとO君にアピールすることに。

「O君~、アリサのぉまんこ・・・舐めて」

恥ずかしい気持ちを押しきって出した言葉でした。

私はブラとパンツをすぐ脱いで全てをO君に見せつけ、さらにO君に向けてM字開脚をしました。

私のおまんこは開いた瞬間愛液が溢れ出てきました。

O君は舌で溢れる愛液を舐め回すと、

「アリサのためだよ」

と言って舌をクリトリスにあてがいました。

「はぁぁん・・・」

自然と声が漏れ、クリトリスに神経が集中しました。

興奮が抑えられずクンニされながらおっぱいを触ったり自分で指を舐めたりしてました。

しばらくするとおっぱいに変化が・・・私のDカップの先端の乳首が勃起して、おっぱい全体が上を向いてました。

私のおっぱいのフル勃起的なやつです。マヤには見られたくない恥ずかしい姿です。

しかしマヤはすぐ気づき、

「すごーい、アリサのおっぱい感度いい~!」

と言われました。

クンニで絶頂も近い私はマヤのおまんこをまさぐりました。

マヤのクリトリスを探り、一気にラッシュ。そうしてマヤとほぼ同時にイキました。

クンニの快感。マヤをイカせた快感。

私のおまんこはちょっと潮を吹きました。

「マヤとアリサで69してよ!それで抜くわ」

というO君の要望で、私たちは69することに。

マヤの上に乗り、お互い開脚しました。

目の前には濡れるマヤのおまんこ。私のおまんこにはマヤの息を感じます。

濡れたおまんこにかかる息は冷たく感じ、さらなる興奮をしました。

2人とも互いに舐め始めました。

マヤのおまんこを舐め回しながら、私のおまんこは舐め回され、喘ぎたくても喘げない。

こんな興奮は始めてで、2人ともすぐ絶頂でした。

横目でO君を見ると、ちんこをしこしこ。

確実に興奮した目で私たちのレズプレイを見てました。

そしてO君の精子は寝転がるマヤのまん毛にぶちまけられました。

黒いまん毛は白い液で光ってます。

「これで妊娠したらどーすんのぉ~・・・」

と言うマヤですが、嬉しそうに見えました。

エッチなお遊びも終盤です。

O君は財布からコンドームを取り出してそれをちんこに装着し、私のおまんこにちんこを・・・。

私はゆっくり足を開き、ちんこを挿入される準備を整えました。

ゆっくり入っていくちんこ。O君の下で正常位。

「アリサ、無理するなよ」

と言われ、腰を振り始めました。

私のおまんこにちんこはガンガン突いてきます。

「アァン、ァア、ンア、ンンッ」

とこれまでにない喘ぎ声で何度もイッてました。

O君は射精前におまんこから引き抜き、マヤのおまんこへ。

マヤは騎乗位で上下にピストンしてました。

マヤの中でO君は射精し、長い夜の遊びは終わりました。

私とマヤはお風呂に入り、寝ました。

O君は部屋に帰って行きました。

次の日、私たちが帰りの飛行機で爆睡だったことは言うまでもありません。


PAGE TOP