夫の願望でスワッピングした私のエッチ体験【エロ体験】

なんか夫がずーっとスワップしたい気があって、

今度友人にビデオ撮影してもらおうなんて言いだしたんですが…。

我が家で飲み会の時にわざと見えないように触ってきて、

友人は知ってるのか知らないのか微妙な感じ…。

結局、長ソファーでエアコンが寒い私にタオルケット掛けて、

友人がフキン取りに行ってる間に挿入、

友人がトイレやら席をたつたびに腰を振ってきてイキはしなかったけどダメでした。

早い段階で友人が

「やってんの?だったらオレにもマワセ」的なことを言うので必死で平静を装って、

あんまりしゃべってくるから我慢できなくなってもう途中で寝たふり。

そしたらしばらくは挿入してたけど

「寝た?寝たかなー」なんて言いながら、

友人前でおっぱい揉んだりちょっかい出してきて、

タオルケットははがなかったけど、入れたのガンガン突いてきた。

目つむりながらこれは見られてる…

っていう意識があって余計濡れたのか下がぐちゅぐちゅ言ってる。

恥ずかしくて、でもいまさら取り返しつかなくて起きれなかった。

ビデオは撮られてなかったと思うけどケータイのピピっておとがしたんだよね‥。

友人がたまんないやらせろっていうから、夫がおっぱいだけって約束で、

タオルケットと服とブラをたくしあげて、

「すげえすげえ」言いながら自分でしてた様子。

一回薄目あけたらアレが目の前だった。

私はこの友人があまり好きではなくて、

こーなってしまったのをすごく後悔してるんですが、

結局タオルケットで隠してても、

生でやって外出ししたから私のお尻丸出しでほとんど見られた気がする。

その日友人は泊まっていったんですが、

次の日ニヤニヤで私を見てくるんでぞわっとしました。

この日いらい夫はこの友人はよくウチにつれてくるようになってしまって、

夫は友人に隠れて私にちょっかいを出し

視姦されてるという図が出来上がってしまいました。

それでまた飲もうという話になったんです。

前は寝たふりしてたけど起きてたらフェラくらいさせられたかもしれないと

半ビビり気味で、私が堅いのかも知れないけど、

そんなことになるくらいならビデオくらい撮らせてやってもいいかもと思っちゃって。

でも友人に撮られるのはやっぱイヤ。

今度は前も来てた友人(A)と友人BとそのBの元カノCさん(年上)。

この人たちは結婚式に来なかったから初顔合わせで、

Cさんはおしゃれで大らかな感じの、

話すとこっちまで盛り上がってくるタイプの人でした。

会話は夫の高校生のときのやんちゃ話から

初恋話まで知らない所が聞けてお酒もすすみ楽しかった。

人数多いからまぁ大丈だろうと思っていた当初の予感は外れ、

なにやらトイレに立ったBの元カノとBが帰って来ない。

夫が昔急性アルコール中毒で倒れたことあるから見に行ったら?

恐いこというのでリビングの戸を開けると、トイレのドアが少し開いていて、

なんとCさんとBが狭いトイレ内でヤっていました。

全体像は見えなかったけど、

Cさんが壁に手をついて便器をまたぐくらい大きく足を開いて

体が激しく揺れていたので、Bとしてたと思う。

すぐ扉が背面式に開いてBが顔を出すと、「あっごめん今イクから」と言った。

急にからだがあつくなり出して席に戻ると

自分のグラスを飲み干したAがまたニヤニヤ顔で私のグラスに酒を継ぐ。

私は夫によりそった。どうした?と聞かれたので小声でさっきの事を話した。

この日は2時まで飲んで男女別に寝ようと言うことで、

私とCさんは先に風呂に入り

普段私と夫が寝てるダブルベッドで一緒に寝ることになり、

夫たち三人はリビングに布団を二枚敷いてひとりはソファーで寝ることにした。

キッチンで夫とお休みのチューだけした。

どのくらい寝たかわからない。

なんだか胸が揺れている。

ベッドがゆさゆさと揺れている感覚があった。

寝ぼけ眼でなんだろなーと思いながら

目をあけると隣でCさんとBがセックスをしていた。

Bと目があって慌ててそらしたら今度はCさんと目があった。

気がつかなかったけどCさんの吐息と遠慮のないあえぎ声がすごいことになっていた。

正上位だった二人の動きが急に止まって、

私は「えっイッたのかな…?」と思ってしまった。

私が身動きとれないでいると、

Cさんが私にまたがり顔を近づけてきて私の口にあついディープキスをした。

抵抗できないでいると、口の中に「ぅんっっ」というCさんの吐息がもれた。

Cさんは私の耳元に垂れ下がり体を揺らしてあんあん言い出した。

BがCさんの後ろから挿入したらしい。

私はそのままCさんに耳や首を舐められながら、

二人のセックスをまるで3Pみたいに下から眺めることとなった。

Bは感じてる私をみてニヤリとし、

さっきよりもどうだと言わんばかりに付いてきて、

それにあわせてCさんはあっあっと喘いでいる。

興奮した私はCさんの愛撫に気がつく。

キャミソールとブラを片方刷り下げられ、乳首を吸われた。

Bはずっと私の顔ばかり見ている。

私は壁際まで逃げると友人Aが入って来て「混ぜろよ」と言って

ベッド脇からいきなりCさんの口に突っ込んでいた。

私はどうなってんの?と混乱しているとCさんも

チュポチュポとAのアソコを大胆に上下させてむしゃぶり出してる。

しかもAはこないだ買ったばかりの家のビデオカメラを手に持って、

Cさんのフェラをじっと撮影していた。

Bはそんな二人をお構いなしにピストンし続けている。

動きが弱くなってCさんからBのオチン○ンを引き抜くと

コンドームに精液がたまっていた。

CさんはいつのまにかAにコンドームを被せている。

AがCさんに挿入しようとしている所で私はやっと部屋を出た。

リビングに行くと夫が待っていて、

私をすぐに抱き寄せて「入れられた?」と信じられないことを言う。

首をブンブン振ると、「よかった」とはいったが、

言葉と行動が一致しなくて不審に思った。

隣からはCさんの喘ぎ声がまた聞こえてきた。

夫は私をソファーにころがすと、はいていた短パンと下着を一気に剥ぎ取った。

股間に顔を近づけると、「濡れてんじゃん」て人差し指をヌプっと入れてきた。

ソファーにひざまづかせて後ろから入れるつもりだ。

いつもならゆっくり入れてくれるのに遠慮なく

一気に差し込んできたので思わず声がもれた。

夫は隣に聞かせたいのか声を出させようとわざと突いてくる。

私は夫の行為に我慢して、それでも声が少しでももれるところを一気についてきた。

対照的に隣ではCさんが大声を上げている。ご近所さんが、心配。

私は夫が普段より乱暴な扱いに戸惑って「いっいたいよ…」

と告げると夫は急に優しくなって「ごめん痛かった?」

というけど腰は相変わらず振りっぱなし。

「縛っていい?」と聞かれ、ビックリしてダメというと

「じゃスワップしたい」と2択で迫られたので、

夫は革製の黒い手錠がしまってあるベッドルームへ入っていった。

Cさんが喘いでいる。少し長かったので、

もしかしたらCさんとヤッてないかヤキモチを焼いたけど

部屋に入っていく勇気はなかった。

Bがリビングに入ってきて私に無言でキスしようとしたとき、

夫が入ってきて追い出した。

夫は私の太ももの下で両手にすばやく手錠をかけると

ソファーにおまんこ丸出しで座らせて、

向こうから持ってきたビデオカメラで胸から下へ撮影を始めた。

リビングは電気がつけっぱなしだったので、今人が入ってきたらどうしようもない。

ビデオはとりやすいようテーブルの上に置かれた。

その後のエッチは長かったけどなんだか普通に思えて、

逆に隣の部屋で起こったことを想像しながらイキました。

その時のビデオはまだ見ていない。

きっとソレみたら乱交とか平気になっちゃう気がして怖い。


PAGE TOP