夫のいない夜、私は幸せでした【エッチな体験談】

私の一日は息子への奉仕で始まります。
出勤した夫を見送り、朝食の後片付けをしていると、彼がトランクス1枚の格好でキッチンに入ってくる。

まるで夫がいなくなるのを見計らっていたかのように、毎朝彼は同じ時間に起きてくるんです。
アソコを大きく膨らませて。
「おはよ、母さん」

そう言って彼は、洗い物をしている私のお尻にその大きくなったモノを押し付けてきます。

[adrotate group=”1″]

私は濡れた手を拭いて彼の前に跪き、トランクスを脱がせてあげます。
眼の前にはピクピクと震える彼のおちんちん。
それを見ただけて身体が熱くなって濡れてしまう私。

「早く・・・」

そう促されて私は唇を近づけます。
まずはさきっぽに軽くキス。
それから舌を使って全体をゆっくりと舐め回し、彼の息が荒くなってきた頃を見計らって咥えます。

「お、お母さん・・・!」

今までに何度も何度もしてあげていることなのに、その瞬間、いつも彼は歓びの声をあげてくれる。
それが嬉しくて私はありったけのテクニックを使って、彼の歓びを増す努力をしてしまいます。

「とりあえず1回出すよ」

そう言うなり、お口の中に熱いものが。
はじめの頃はティッシュに出していましたが、そのうちに彼が「飲んでよ」と言うので恐る恐る試してみました。

もちろん今までそんな経験はありませんでした。
息子のだから出来るんです。
味は別に美味しくもないけど、それで彼が満足するのなら、私にとってはどうでもいいことなんです。

それから彼の部屋へ。
途中の階段でキスをされたりおっぱいを弄られたりして、部屋に入る頃には私の服装は思いきり乱れています。

カーテンの閉め切った部屋は薄暗く、ちょっと蒸し暑いのですが、私たちは全然気になりません。
身体がお互いを求め合っているから、周りの様子がどこかへ吹き飛んじゃうんです。

「ねぇ・・・突いて・・・思いっきり・・・」

ベッドの上で四つん這いになった私の口から、そんなハシタナイ言葉が漏れます。
でも彼は私を焦らします。
再び大きくなったおちんちんを私の入り口にあてがったまま、なかなか入れてくれません。

彼は私が乱れるのを楽しんでいるのです。
先っぽでクリトリスを刺激されるたびに、熱いおちんちんで擦られるたびに、私はどんどん淫乱になっていく。

「お願い・・・お母さん、もう我慢できないの・・・だから、はやくぅ」

お尻を振ってせがんでしまいます。

それを待っていたかのように、やっと彼のおちんちんが入ってきます。
彼は私を征服した歓びを、私は彼に征服された歓びを味わう瞬間。

「ああん、すごい・・・」

ひと突きごとに私の口から漏れる言葉は、夫との夜の営みでは考えられないものばかり。
ビデオにでも録画して、それを客観的に見たら、きっと恥ずかしくて顔を赤らめてしまうのだろうなと思います。

最後はお顔に彼の熱いものを浴びます。
私は全身の力が抜けてぐったりしたままなんだけれど、彼は夏期講習に行かなければならないので、すぐにシャワーを浴びます。

「講習が終わったら、もっと凄いことをしてあげるからね」

彼の言葉に頷いてしまう私。

夫が出張から戻って以来、彼とすごす時間は短くなってしまった。
しかも夏期講習が始まってしまったので、私たちに許された時間は朝だけなんです。

もっともっと彼に愛されたいけれど、今は無理。
でも、彼のその言葉を信じて私は待っている。
どんなことをされてもいい。
どんなことをされても彼の歓ぶことなら耐えられる。
今はそれを待ち望んでいる私です。

昨夜は夫が一泊だけの出張で、家を空けました。
私はもう、昼間から胸がドキドキ。
夏期講習に出かけている息子の帰りを今か今かと待ち望んでいました。

彼が帰ってきたのは夕方で、それから少し早めの夕食。
しばらくしてから、一緒にお風呂に入ることになりました。

彼は私の少し後から入ってきたのだけれど、もうおちんちんはビンビン。
隠すこともせず、誇らしげに私に見せつけます。

「お母さん、洗ってあげるよ」

彼の言葉に促され、私は鏡の前に座りました。
ふと見ると、彼はボディシャンプーを手のひらに出しています。

「え?手で洗うの?」

私がそう尋ねると、にやりと笑いました。

最初は背中から、それから彼の手が私のおっぱいへ。
泡にまみれて胸を揉まれていると、次第に変な気分になってきます。

「母さん、感じてるの?声が出てるよ」

知らず知らずのうちに、私の口から喘ぎ声が出ていたのでした。

「イヤラシイなあ。ただ洗っているだけなのに感じちゃうなんて。母さん、スケベ過ぎるよ」
「だ、だって・・・ああん」

“おっぱいばっかり弄るから”

そう言おうとした瞬間、彼が乳首を摘み、私はいっそう大きな声を。

「ねぇ・・・ここじゃ駄目。ベッドへ行きましょうよ」

もはや全身にくまなく渡る快感に押し流され始めた私は、彼を誘います。
でも彼は笑ったまま。

「駄目だね。今夜は時間がたっぷりあるんだから、色々しなくちゃ」

そう言って彼は、片方の手を私のアソコに。

「あ、いゃあ・・・」

ただでさえ敏感になっている身体が、より一層感じてしまい・・・私はもう、自分の声を押さえることが出来ませんでした。

「あんまり大きい声を出すと、表に聞かれちゃうよ」

彼はそう言いつつも、指の動きをやめません。
私は全身を彼の方に預けながら、さらに喘いでしまいます。

目の前には鏡があって、そこに私の体をいじめる彼の手の動きが見えます。

「見てるんでしょ。鏡で。息子に触られている自分の姿を」

彼はすべてお見通しらしく、私の耳元で囁きます。

「イヤラシイよね、お母さん。僕たち親子なんだよ。それなのに風呂場でこんなことしてさ」
「だ、だって・・・」

“あなたがするから・・・”

私はその言葉を飲み込みました。

だって、そうされることを私は歓んでいるから。
そうだから?

「ねえ、母さん。お尻に指を入れてみてもいいかな」

彼が囁きます。
散々弄られて、私は半狂乱になっていたのかも。
もう、彼が何を言おうと頷くだけになっていました。

お尻に?
ううん、いいの。
彼がそうしたいのなら。

バスルームのタイルの床に四つん這いになった私のお尻に、彼の指が入ってきます。
ゆっくり、少しずつ。
ボディシャンプーのおかげでしょうか、思ったほど痛みはありませんでした。

「半分入ったよ」

彼の声が遠くで喋っている感じで聞こえます。

「すげぇや、ホントに全部入っちゃった」

そう言われて初めて、私は息子にアナルを弄られているという現実に気づきました。

「い、いゃあ・・・もう、いいでしょ?お願い、抜いて・・・」
「何言ってんだよ。入れたばっかしじゃん」

指を動かされた瞬間、痛みと共に全身が震えました。
でも、それもつかの間。
次第に気持ちよくなってきて・・・。

結局バスルームでイカされてしまった。
それもお尻で。

昨日は指だけだったけれど、いつかはアナルセックスを要求されると思います。

「もう、僕の言うことを拒否することなんて出来ないよ」

彼の言葉は正しいのかもしれない。
きっと私は、受け入れてしまうと思います。

昨夜はこの後も彼と愛し合いました。
私は彼の言うままのことをしてあげ、彼は私をさらに歓ばせてくれました。

夫のいない夜、私は幸せでした。



PAGE TOP